辛い!好きな人の態度が冷たいときって何考えてるの?


辛い!好きな人の態度が冷たいときって何考えてるの?

 

好きな人と距離を縮めたくても、

気になる男性の態度が冷たいときってありませんか?

そんなそっけない男性の本音とは何なのでしょうか。

 

前回は、好きな人に話しかけられない悩みを解消するためのある意外な視点にて、

好きな人に話しかけられないことの悩みをどうしたら乗り越えられるのか、

気になる異性の前でも自然体で会話できる視点について考えていきました。

今回は、好きな人の態度が冷たいときについてです。

 

なぜ、男性は冷たい態度をとるときがあるのでしょうか。

そこには好きだからこその理由もあったりします。

 

なぜなら、

 

何とも思っていない相手なら、別に冷たくする必要もないからです。

 

よっぽど嫌いな相手なら冷たくするより無視するのではないでしょうか。

そんな男性の冷たい態度の理由について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

【1】気持ちがバレることが怖い

 

自分が好きだという気持ちがバレルのを恐れてしまい、

わざと冷たい態度をとってしまうことがあります。

では、なぜわざわざ気持ちとは反対の態度をとるのでしょうか。

 

それは、

 

過去に素直になって接したことで傷付いた経験があるからです。

 

冷たい態度をとることで自分が傷付くのを守っているのです。

 

なので、

 

本当はそれではダメだと言うことは分かっているんだけど、

どうしても傷付くことの恐れから素直になることができません。

もちろん、男性によって怖れてしまうことの程度の重さは様々です。

 

素直になれない理由は、過去に傷ついているからなのです。

 

 

【2】チャラい男と思われたくない

 

硬派で真面目な男が女にモテると思っている男性は多いと思います。

 

なぜなら、

 

その方が、一人の女性を守る男のイメージがあるからです。

 

どんな女性でも簡単に心を許せる男はチャラいと思っています。

これは、その男性の思い込みであることが多いです。

 

本当は、好きな人には話し掛けてくれて会話をしたいものですね。

なのに冷たい態度をとって男らしさをアピールしても、

今、この瞬間に優しくしてくれないなら気持ちも下がってしまいます。

 

女性と気軽に話ができるからと言って、

イコール、チャラい男とは限りません。

それならば、自分にだけ優しく接して欲しいものですね。

 

 

【3】自分に自信がない

 

  • 経済的に彼女を支える力がない
  • 男として彼女を守る自信がない

 

このような理由から、好きなんだけど冷たい態度をとってしまいます。

どちらにしても、過去にそれによって痛い経験をしたことから、

また同じ痛みを味わってしまうのではないかと恐れています。

 

しかし、

 

自分に自信がない理由は、単なる思い込みであることがほとんどです。

 

他人から見れば、大したことでないことにこだわっているように見えるでしょう。

このように冷たい態度をとる理由は、自信のなさから来ている場合もあります。

本当は気にすることなんてないものなのです。

 

 

【4】気を引きたいから

 

どうにかしたいけど、

どうにもすることができないと冷たい態度をとって気を引こうとします。

 

これは、女性でも多いのではないでしょうか。

好きな男性がなかなか振り向いてくれないとイライラして、

わざと冷たい態度をとってみせたりしたことはありませんか?

 

好きだからこそどうにもならないときは、

わざと冷たい態度をとって反応を探ってみようとするものです。

 

こうして、

 

自分のことをどう思っているのかを確認する行動を取ります。

 

 

【5】別のところで好きな人ができた

 

理由は分からないけど急に冷たくなった。

全く他人と同じような接し方になった。

いつも感じる視線が急に何も感じなくなった。

 

この場合の特徴として、

ある日突然、態度が変わったといったところでしょうか。

 

好きだからこそ、気になってたからこそ感じていた何らかの雰囲気のようなものが、

全く興味のなくなったように彼から何も感じない。

 

このような場合においては、

彼が別のところで好きな人ができた理由が上げられます。

 

 

好きな人が冷たいときの対処

 

態度が急に冷たくなったからと、

あなたから追いかけることはかえってマイナスとなってしまいます。

 

ここで大切なのは、

 

無理に追いかけず、あえて距離を置くことです。

 

なぜなら人の気持ちというのは、

ゴムと同じように伸ばしたら元のカタチに戻ろうとする性質があるのです。

 

急に態度を変えたとしても、

今までのパターンをカチッと変えたとしても、

潜在意識には現状維持メカニズムがあるので、

その態度は意識的に行っているに過ぎません。

 

つまり、

 

気持ちとは反対の行動をとっているだけで、

本音とは違う表面的な行動でしかないのです。

 

だからこそ、下手に刺激せず元に戻るメカニズムに任せて待つことです。

 

ここは辛いかもしれませんが、じっくりと待ちましょう。

だけどそれでも永遠と片思いのままで進展がなく辛い、

または最初のときの気持ちが冷めてきてどうでもよくなってきた、

またあえて気持ちを切り替えてスッキリと清算したいなど、

好きな人の冷たい態度に疲れてしまうこともあります。

 

もしあなたが新しい恋も視野に入れているのでしたら、

本当の恋とは何?真剣に相手を見つける「恋活」をしませんか?にて、

恋をするときに同じ失敗を繰り返さないために気を付けるべきことや、

恋活を成功させるための具体的な3つポイントなど紹介しています。

ぜひ、一読してみることをお勧めします。

 

良い恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ