なかなか好きな人ができない本当の理由とは?


なかなか好きな人ができない本当の理由とは?

 

なぜ、好きな人ができないのでしょうか?

目の前に「いいな」と思える素敵な人が現れても、

気づいたら恋のチャンスを逃していた経験はありませんか?

 

前回は、好きな人を落とすたった1つの方法にて、

まず男性は女性のどんなところを見て好きになるのか?

そこのところを理解した上で、好きな人を落とす方法を紹介しました。

今回は、なかなか好きな人ができない本当の理由についてです。

 

実は、これは僕自身の悩みでもありました。

タイプの人が現れてもなかなか好きになれない・・・

恋というのは、自分の条件に合った人が現れると、

自然と相手のことを知りたいし近づきたいと思うものです。

 

つまり、

 

なかなか好きな人ができない理由は、

なかなか好きな人を好きになろうとしないのかもしれません。

そこには、一体どんな理由があるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

好きな人を好きになる理由は「興味関心」を持つこと

 

人が人を好きになる理由はいたってシンプルです。

 

それは、

 

相手に興味があり、関心があることです。

 

だからこそ、相手のことをもっと知りたい近づきたいと思うのではないでしょうか。

ですがなかなか好きな人ができない場合、どこかでそれを止めてしまっているのかもしれません。

 

要するに、好きな人はできるんだけど好きになれない

 

この好きになれない理由を、実は忘れてしまっている人が多いのです。

なぜなら、心とは傷付いた出来事を忘れることで機能を維持するからです。

そして「快楽」を感じることよりも「痛み」を避けることを優先してしまうからです。

 

 

好きな人ができないのは怖れているから

 

誰だって傷つきたくはありませんね。

それはもちろん、あなたも十分にご理解されていると思います。

 

恋は、とてもデリケート感情的になりやすいです。

 

そのため、恋にしっかりと免疫ができている人は、

たとえ失恋したとしてもリカバリーして次の恋に臨んでいけます。

 

しかし一方で、

 

恋で傷ついてしまったらトラウマのように前に進めなくなる場合もあります。

 

その場合、過去の出来事を忘れてしまって、

自分は恋をしたいと思っているんだけど、なぜかその気になれなかったり、

過剰に緊張してしまい、好きに人と顔もまともに見れなくなって、

 

本当は軽く笑顔で挨拶するだけで、きっかけがつくれるのに、

好きな人が目の前を歩いてくると、うつむいて知らないふりをしてしまいます。

そうして恋ができない自分に悩んでしまうケースがあります。

 

 

好きな人ができないからと諦めなくていい

 

なかなか好きな人ができない人がすべきことは、

 

「なぜ、自分は好きな人ができないのだろう?」

 

と、自分に対して疑問を感じてみることです。

考えることではありません、感じてみるのです。

 

「なぜ、自分は好きな人ができないのだろう?」

 

と、自分に対して質問をしたあと、

今この瞬間で自分がどう感じているのか?

身体で感じる感覚を通して、心の声を聴いてあげることが大切です。

 

嫌なことをされて心の臨界点を越えたとき、逆に冷静になれた経験はありませんか?

 

「なぜ、この人はこんなことをするんだろう・・・」

 

やけに冷静になって相手を見れるようになった瞬間です。

実際にこのようになる必要はありませんが、

このようなイメージで自分に問い掛けることで、やがて答えを見つけることができます。

 

こうして、自分で自分のことを癒してあげることが大切なのです。

 

きっと、あなたも素敵な恋ができると思います。

未来は必ず開きます、希望を持って毎日を楽しく過ごしていきましょう!

良い恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ