恋愛占いに頼って片思い相手の気持ちを知りたくなる心理


恋愛占いに頼って片思い相手の気持ちを知りたくなる心理

 

なかなか振り向いてくれない片思いの恋は、

辛いときや不安なときは相手の気持ちが知りたくなりませんか?

そして恋愛占いなどの見えないものに頼りたくなりますね。

 

前回は、恋愛占いの占い師から学ぶ片思いの男性へのアプローチにて、

なぜ占い師の言うことは他の人と比べて記憶に残ってしまうのか、

占い師の印象の与え方から片思いのアプローチをお伝えしました。

今回は、恋愛占いという見えないものに頼りたくなる心理についてです。

 

片思いは相手の気持ちがまだ分からない状態です。

それだけに相手の気持ちを知りたくなるものだと思います。

自分のことをどう思っているのかを知りたくなるのは、

気になる男性ならば尚更知りたいものですね。

 

そんなときはタロットや姓名判断など、

占いという目に見えないものに頼りたくならないでしょうか。

実際に恋愛占いなどに頼ることそのものに良い悪いはありません。

だけど結果として当たる当たらなかったと感じることがあります。

 

辛いときや不安なときときほど何かに寄りすがりたくなりますね。

僕も寂しいと感じるときは、つい友達を読んでしまいたくなります。

ですが寂しさや不安などのときの何かに頼りたくなる感情というのは、

うまく付き合うことで力強いエネルギーに変えることができるのです。

スポンサーリンク

 

自分がどうなるか分からないときに頼りたくなる

 

恋愛占いに頼りたくなるときというのは、

自分がどうしたいと先の未来の方向を占ってもらうというよりは、

 

自分がどうなるか分からない不安なときに頼りたくなります。

 

この場合、自分の意志は少し弱い状態になっているのです。

そりゃあ気持ちが弱っているときは誰かに頼りたくもなりますね。

そうした気持ち自体は人間なら当たり前のことだと思います。

 

たとえばずっと片思いで振り向いてもらえないときに、

誰かに横取りされそうに感じたときに占いに頼りたくなります。

また付き合っていると彼とこのまま一緒にいて良いのかなどです。

 

うまくいっているのに占いに頼る人なんていないのではないでしょうか。

 

つまり自分の意志で強く生き抜ければいいのですが、

長い人生でどうしても気持ちが押し負けそうな瞬間もある・・・

そんなときに占いに頼りたくなってしまうのです。

 

 

恋愛占いに頼り過ぎると不幸になる

 

恋愛とは不安になりやすいものですね。

片思いに限らず、付き合っていても不安になることはありますし、

結婚して夫婦関係であったとしても不安は訪れるものだと思います。

 

ですが占いに頼り過ぎて何でも占いの通りに考えてしまうと、

目の前の大切なことすらも見落としてしまうかもしれません。

たとえば誰から見てもここで彼に寄り添えば恋の発展ができたとしても、

占いで「行動してはダメ」と言われてそのことを信じ込んでしまい、

せっかく片思いから両想いになるチャンスを逃してしまうケースです。

 

「やっぱり当たらないじゃん・・・」

 

こうして恋が実らなかったら占いのせいにしてしまうのです。

ですが本当は占いに頼るという選択をした自分の心なのです。

大切なのは、自分の感情を見つめてあげることなのです。

 

 

不安なときこそ自分の感情と向き合うこと

 

では不安なときに何かに頼りそうになったときは、

他人や何かに頼ろうする気持ちをグッと抑えて、

 

まずは今、自分が感じている感情を味わうことです。

 

好きな人に告白して振られたときや、

今までずっと付き合っていた彼と別れたときなど、

辛いけどそれでも現実を受け止めなければいけないときは、

そんなときは今この瞬間に感じている感情を味わいますよね?

 

辛い悲しい感情をしばらく味わっていると、

不思議と心の底から生きるエネルギーみたいなのが沸いてきませんか?

 

人間には生きる底力というか悲しさや辛さを味わい続けると、

不思議と反作用のようにプラスのエネルギーが沸きあがります。

 

これは心とは常にバランスを保つ機能が備わっているからなのです。

 

しかし、そんな心の痛みと向き合うことを逃げ続けていると、

中途半端になって心のバランスをうまく調整することができません。

なので世の中の大半の人はストレスで苦しんでいたりもするのです。

自分を信じてあえて痛みと向き合うことも大切なのです。

 

 

占いとは自分の力を発揮するために活用する

 

では占いとは何のためにあるのでしょうか。

 

それは自分の力を発揮するためです。

 

縁結びの神社に行ってお守りを買ったら、

何だか御利益がありそうな気がしませんか?

実際に足を運んでお金を投資して行動した分だけ、

より価値があるように感じてしまいます。

 

それはお守りそのものが効果を発揮したというよりは、

効果があると思い込んだことによって自分の力が発揮されたのです。

 

恋愛占いだって同じことではないでしょうか。

占いとは占ってもらう人の心次第とも言えると思います。

相手の気持ちよりもまずは自分の気持ちを大切にすることです。

 

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ