恋愛占いの占い師から学ぶ片思いの男性へのアプローチ


恋愛占いの占い師から学ぶ片思いの男性へのアプローチ

 

片思いは恋の行く末が分からなくて不安になりませんか?

気になる男性との関係を恋愛占いに頼りたくもなると思います。

では占い師の言葉はなぜ印象に残るのかからヒントを得られるとしたら?

 

前回は、恋愛占いって当たるの?片思い成就させる占いの活かし方にて、

恋愛占いを活かして恋愛を成就できる人とできない人がいるのですが、

その違いを知って片思いを成就させる占いの活かし方をお伝えしました。

今回は、占い師から学ぶ片思いの男性へのアプローチについてです。

 

たしか2006年12月31日の大晦日のことでした。

僕は友人たち3人で今年は初もうでに行こうという話になって、

島根県出雲市の出雲大社に午後5時くらいに待ち合わせて行きました。

 

ワゴンタイプの軽自動車に揺られながら約3時間弱、

夜中の11時くらいには出雲大社に着いていろいろと歩き回ってました。

12時になるにつれて人は段々と溢れかえるほど増えてきました。

初もうでのお参りを済ませて砂利道を客の列に混じって歩いてました。

 

すると前方から眼鏡を掛けた中年の女性が占いをやってました。

僕と友人の2人は興味を持って占い師に占ってもらうことにしました。

そのときの占い師に言われた言葉を今でもずっと覚えています。

 

「あなたは将来、人に何かを教える仕事をすると成功する」

 

今現在、僕はブログを通して情報発信をすることで独立しています。

よくよく考えてみれば人に価値を提供すれば当たり前のことなのですが、

当時はこの占い師の言葉が妙に頭に残り続けていました。

 

もし片思いしている男性にあなたの言葉が心に残り続けるとしたら?

 

恋愛占いをしてもらって恋の行く末をアドバイスしてもらうより、

ずっと効果のあるアプローチができるかもしれません。

スポンサーリンク

 

占い師に言われた言葉はなぜ覚えているのか

 

占いに行って一番印象に残るのは占ってもらった言葉です。

 

「○○に気を付ければ大丈夫よ」

「来年からは運気が向いてくるから○○するならチャンス」

 

など占い師から言われた言葉はずっと記憶に残ります。

だけどそれだけでなく占い師の雰囲気や顔の表情まで記憶に残ります。

もしあなたも占ってもらったのならそんな感じはしないでしょうか?

僕は今でも出雲大社で占ってもらった占い師の記憶があります。

 

でも不思議だと思いませんか?

なぜ占い師のことは記憶に強く残ってしまうのでしょう。

それは別のことを思い出してみることではっきりとします。

 

人は自分のことを応援してくれる存在を強く認識するのです。

 

「きっかけさえ掴めばうまくなれる」と母親に褒めてもらった記憶、

運動会で徒競走で走ってると友人たちが手を振って応援してくれた記憶、

自分に良い影響を与えてくれた経験は不思議と記憶に残るものです。

占い師に言われた言葉はなぜ覚えているのかの理由がこれです。

 

 

大切な判断を占いに頼りきらないこと

 

「占いに頼ることはいけないこと?」

 

占いで悩みを聞いてもらっている人は、

今度はこのような悩みを抱えることもあります。

 

しかし問題なのは、全ての判断を占いに頼り切っていることです。

 

大切なことほど占いに頼りたくなってしまうかもしれません。

簡単に判断できることなら占いを頼る必要はないからです。

自分では判断が難しいからこそ占いは頼りになるのだと思います。

僕も自分の将来の方向性を知りたくて占ってもらいました。

 

ただ誰かに判断してもらうことって非常に楽なのです。

ですが大切なことほど自分で決めることが大切ではないでしょうか。

占いはあくまでアドバイスとして参考程度に考えることです。

 

僕は占ってもらったのは当時の一回きりで、

そこからは自分の判断で行動して独立するまでに至りました。

結局この世の中を生きる限りは楽して何かを得ることはできません。

占いは頼りになりますが、それが全てではないのです。

 

 

片思いの男性との状況は自分が確かめて決めること

 

もうひとつ大切なことがあります。

 

それはその場その場の状況は自分が確かめて決めることです。

 

占い師に「何を占いましょうか?」と占ってもらうときは、

あなたというフィルターを通して占い師に伝えます。

ということはあなたの見た世界を通して伝えることになります。

 

もし片思いの男性のことを自分の思い込みで判断しているとしたら、

事実とは違うことを占い師に伝えてしまうことになりませんか?

占いには確かに注意を意識したり勇気を得られる効果があります。

ですが占いには所詮根拠がないことも知っておくことも大事です。

 

となると大切なのは自分の目で状況を冷静に確かめることなのです。

 

片思いの男性のことを占ってもらって判断するより、

占いはあくまでも方向性の参考程度に考えておいて、

実際の状況でリアルに感じたことを判断の軸にすべきです。

なぜなら恋愛は自分と相手との直接のやりとりだからです。

 

 

応援するという「与える姿勢」が心に響く

 

先ほどにもお伝えしたように、

 

自分に良い影響を与えてくれた経験は不思議と記憶に残るものです。

 

片思いの男性と距離を縮めて恋を発展したいと思うなら、

恋愛占いに頼ることを少しだけ控えめにするように意識して、

 

自分の素直に感じた男性の良いところをさりげなく褒めてみましょう

 

このように自分から「与える姿勢」が何よりも重要です。

そして与える姿勢で重要なのは勇気を持って伝えることではありません。

伝えたあとにやってくる恥ずかしさや萎縮してしまう気持ちです。

なぜなら慣れないことをすると心が縮こまってしまうからです。

 

こうした自分の気持ちと正面から向き合って再び行動するのです。

 

次第に与えることが当たり前になっていき、

人生そのものが素敵な日々へと変化することを楽しめます。

自分から与える姿勢とはそれだけパワーがあるのです。

ただパワーがあるから心にいろんな影響を受けるのです。

 

恋愛占いを活かせるあなたになれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ