ダイエットのリバウンドを無理なく防止するシンプルな思考法


ダイエットのリバウンドを無理なく防止するシンプルな思考法

 

せっかく痩せてもリバウンドするのは怖いですね。

またリバウンドは停滞期でやめても訪れてきます。

ちょっとした油断で今までの習慣へと戻ってしまうからです。

しかしダイエットのリバウンドを無理なく防ぐことは可能なのです。

 

前回は、筋トレによるダイエット効果は期間も長く太る可能性も!?にて、

筋トレに有酸素運動はダイエットの王道ですが筋トレは注意が必要であり、

効率よく痩せるために何を視点にするべきかをお伝えしました。

今回は、ダイエットのリバウンドを防止する考え方についてです。

 

ダイエットのためにお菓子やジュース、アルコールをやめたり、

ウォーキングやランニング、筋トレやサプリメントを飲んだり、

あるいは雑誌やテレビでやってる「○○ダイエット」など、

痩せるために励んでいる人は多いと思います。

 

だけどそれを今後、生涯に渡って続けていけますか?

 

きっとほとんどの人が、

ダイエット前の習慣に少しずつ戻ってしまうのではないでしょうか。

多くの人がダイエットで「痩せる」ことに意識を向けがちです。

痩せたいからこそ痩せることを考えるのは当然のことだと思います。

しかし、リバウンドする人はある考え方が抜けているのです。

スポンサーリンク

 

リバウンドする悪循環とは?

 

ダイエットに限らずどんなことでも同じことが言えるのですが、

最初はモチベーションが高くて何でも頑張ろうとしていまいます。

中にはいきなりフル回転の全速力で行動する人もいます。

 

豊富な筋トレメニュー、膨大な時間のランニング、食事制限・・・

毎日いろんなことを黙々とこなして、とにかく行動をしていく。

だけど毎日のように頑張る人ほど挫折もしやすいのです。

 

そう、つまり頑張る人ほどリバウンドはしやすいということです。

 

なぜあなたの身体は今の姿になっているのでしょう。

それは日々の計画のない食生活によって築かれたものですね。

日々の計画のない生活習慣によってできあがった身体ですね。

 

ということは、計画性のない考え方そのものを変える必要があるのです。

 

計画なしにとにかく動けば痩せるはずだと思って行動すると、

停滞期や誘惑に負けて長続きせずに力尽きてしまうのです。

この行き当たりばったりの考え方こそがリバウンドの危険性です。

 

そして最初にひたすら運動していたことで、

身体はエネルギーの要求が強くなって空腹の信号を出します。

そこでまた誘惑に負けて食べるとやめられなくなるのです。

そうして今度は食事制限を意識するようになるのですが、

頭では分かっていても自分をうまくコントロールできない・・・

このようにリバウンドへの悪循環へとハマってしまうのです。

 

 

身体の変化はゆっくりと現れる

 

まず大切なことがひとつあります。

 

それは身体の変化は非常にゆっくりと現れるということです。

 

僕達は頭で覚えることは数分もあれば十分です。

つまり意識して理解することは一瞬でできてしまいます。

だけど身体が新しい体型に生まれ変わるまでには1年は必要です。

なぜなら身体の変化は細胞の生まれ変わりで1年のスパンだからです。

そして7年かけて全身の細胞を全部取り替えていくのです。

 

仮に過度な食事制限をして痩せたとしましょう。

だけど油断すると簡単に元の体重に戻ってしまいますね。

筋トレや有酸素運動をして半年かけてやせられたとしても、

半年頑張ってダイエットしたにも関わらずリバウンドするのは、

 

まだ新しい状態がしっかりと身体に定着しきってないからです。

 

僕達は手に入れたいものがあると、

今すぐにでもそれを手にしたいと思ってしまうものです。

だけど問題はそのすぐに得たいという考え方をまず捨てることにあるのです。

そうしなければ、またリバウンドの悪循環にハマってしまいます。

 

 

運動はせいぜい週2で十分

 

ダイエットでリバウンドする理由は、

計画性がないということをお伝えしてきました。

だけどこれも仕方のないことでもあるのです。

 

僕達は計画を持って行動することは大事だと言われて育ちましたが、

実際にどのように計画を立てて行動すればいいかは教わってません。

なので計画と聞いても「何となくこんなもの」という認識程度です。

ではリバウンドを防ぐにはどのような計画が必要なのでしょう。

 

それは無理なく行える程度に行動することです。

 

拍子抜けしましたか?

もっと複雑なことを期待していたでしょうか。

要するに今できることをできる範囲でこなしていくだけです。

考えすぎることも逆に計画性を無くす要因になるのです。

 

  • なので運動はせいぜい週2回程度で十分
  • できる範囲から少しだけ食事の量を減らしていく
  • 一品ずつ食事の内容を改善していく

 

こんな小さなことからやっていくのです。

なぜならダイエット成功は痩せることではなく、

痩せた状態の生活を習慣にすることに本質があるからです。

そして同時にリバウンドを防ぐ考え方でもあります。

 

 

マイペースで習慣化できることを目指そう

 

考えてもみれば、

今の身体はいつの間にか今の状態になってます。

この「いつの間にか」というのは、

 

これこそ小さな積み重ねによってできあがったものです。

 

ほんの小さな小さな変化だからこそ、

僕達の意識の気付かないところで静かに動いていき、

だからこそ「いつの間にか」なのです。

 

ところがです。

気付いた頃に焦ってダイエットをしようと思い、

急に生活を変化させてエンジンフル回転でやったとしても、

染みついた今までの生活習慣はそう簡単には変えられないのです。

そう考えるとリバウンドとは当たり前のことでもあるのです。

 

だからこそ今度は、逆に小さく行動してダイエットを行うのです。

 

ですが意識して行う分だけ、

何も考えずに今まで太ってきた期間よりも、

ずっと早い速度でダイエット成功へと近づいていけるでしょう。

それでも半年、1年かけて習慣にしていく必要があります。

もう一度あなたに伝えておきますが、

 

ダイエット成功は痩せることではなく、

痩せた状態の生活を習慣にすることに本質があります。

 

そして同時にリバウンドを防ぐ考え方でもあります。

なのでまず考え方を見つめ直すことが大切です。

すべては自分の考え方次第で成功するかどうかが決まります。

 

理想の生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ