痩せるためには和食!自然に痩せてきれいな女になる秘密


痩せるためには和食!自然に痩せてきれいな女になる秘密

 

効率よく痩せるためにはどうすればいいだろう・・・

1ヶ月で3キロ、3ヶ月で10キロ痩せるにはどうすれば・・・

痩せる方法も大切ですがもっと自然にきれいに痩せたくありませんか?

 

前回は、社会人がダイエットするときに必要な栄養素とストレスの関係にて、

社会人はストレス多い環境の中でダイエットを成功しなければいけませんが、

過度の食事制限や運動ではなく無理をしない方法をお伝えしました。

今回は、女性が痩せるために考えるべき和食についてです。

 

どうにかして痩せたいんだけど

ダイエットってなかなか続くことが難しいものです。

途中で面倒に感じることもありますし、

一度の油断からズルズルやらなくなることもあります。

 

気持ちとの向き合い方が非常に重要にもなってきます。

 

だけど運動や食事制限って続く人は限られるのが現実です。

誰もが継続さえできれば成功できるのですが、

その継続することができる人というのは限られます。

 

そこで流行の○○ダイエットや方法などを考えてしまいがちですが、

痩せるための効率的な方法なんて見つからないのが現実です。

ですが、僕達はもともと日本人として和食の生活をしてきました。

ここに無理のない自然に痩せる秘密があるのです。

女性が無理なく痩せるためには和食を勧める理由をお伝えします。

スポンサーリンク

 

市販のサラダでは栄養を摂ることができない

 

ダイエットといえば低カロリーの食べ物を想像する人が多いです。

そうなると基本的には野菜を食べることも考えると思います。

ですがそんな野菜でも実は必要な栄養を摂ることができないのです。

よくキュウリ、キャベツ、レタスがメインのサラダがありますが、

それだけでは十分にミネラル・ビタミンを摂取することができません。

 

そこで大切なのは緑黄色野菜を食べることです。

 

緑黄色野菜とは色の濃い野菜のことで、

ニンジン、カボチャ、トマト、ピーマン、ほうれん草などのことで、

それらをバランスよく食べることで本来は栄養を摂ることができます。

とても安価で提供する市販のサラダでは補えないのではないでしょうか。

 

またあれだけ安価でいつでも食べられる状態にするには、

必ず保存や鮮度を落とさないための何らかの処置が施されています。

確かに品質や味はそうした処理をすることで落ちないのかもれませんが、

食べ続けることで身体に悪影響を及ぼすことに違いはありません。

 

市販の野菜ジュースは本当にダイエットに効果があるのか?では、

野菜ジュースを飲んでも必要な栄養はとれないとお伝えしましたが、

コンビニなどのカップ野菜は必要な栄養を摂取できないだけでなく、

必要な栄養を消化吸収するのを邪魔する成分が含まれていたり、

そのために必要以上にエネルギーを消費しなければいけないなど、

見えないところで非常にダイエットに非効率な影響が出ます。

 

 

和食には昔からある「マゴワヤサシイ」が痩せる秘密

 

痩せるためには何が一番良いのかと言うと、

僕達は日本人なので昔から馴染んでいる食べ物を食べることです。

つまり、和食中心の食生活に変えるということです。

和食は世界文化遺産にもなった日本の食文化です。

具体的には「マゴワヤサシイ」を基準にすることです。

 

  • マ = 豆類(味噌、納豆、豆腐、大豆、小豆、湯葉)
  • ゴ = 種子類(ナッツ、くるみ、アーモンドなど)
  • ワ = 海藻類(ひじき、昆布、もずく、海苔、寒天)
  • ヤ = 野菜(緑黄色野菜中心)
  • サ = 魚類(小魚、背青魚)
  • シ = きのこ類(舞茸、エリンギ、椎茸、きくらげ、えのき)
  • イ = 芋類(里芋、サツマイモ、山芋)

 

このような日本に昔からある食材を意識して食べます。

これらを主菜、副菜として玄米と味噌汁という食べ方が、

内臓に負担が掛からずに効率よく消化吸収することができます。

さらにミネラル・ビタミンも豊富で必要な栄養が十分に摂れます。

こうした食材を食べていくもうひとつの考え方として、

 

横文字の食べ物を避けるということです。

 

オムライス、カレー、スパゲッティ、サンドイッチ、ラーメン、ピザ・・・

これらは高カロリーでビタミン・ミネラルが補えない食べ物ばかりです。

太りやすい体質だとか運動不足だから太ってしまうと思う前に、

このような和食中心の食生活に変えるだけで痩せることができます。

太る原因はそのほとんどが食生活であることが多いのです。

 

 

和食にもデメリットがある

 

ただし、そんな和食でもデメリットがあります。

 

それは和食には糖分と塩分が多いということです。

 

それは味付けの仕方にあるのですが、

その調理法によっては主食以外での糖質の摂取が多かったり、

塩分での味付けによって過剰摂取になってしまうことです。

 

なのでダイエットするなら和食は濃い味は避けることです。

 

日本人女性の平均寿命は87歳で世界第一位で、

男性は8位となっており男女平均では84歳で世界一の長寿国です。

確かに平均寿命は世界一ですが健康寿命に視点を変えると、

平均寿命よりも10年ほど短くなってしまい、

 

人生の最後を寝たきりで過ごす人が多いという問題があります。

 

これは塩分の摂り過ぎも関係しているのです。

さらに日本人はカルシウム不足という側面もあります。

カルシウムは小魚や大豆などで意識的に摂ることも大切です。

 

 

女性が痩せるためには食事の改善が重要

 

今回、日本人向けダイエットとして和食をお伝えしましたが、

何も痩せるためには絶対に和食のみにしなければいけない・・・

ということは一切ありません。

 

だけど特に女性は男性と違って運動量が少なくなるので、

運動を一生懸命に頑張っても結果が出難かったり、

食事の制限を意識しても気持ちが負けてしまう・・・

なんてことはよくありがちなことです。

 

ならば運動や食事制限を無理してやらず、

和食中心の食生活にすることで必要な栄養を摂取することができ、

そうすることで必要以上に身体から空腹のサインがあまりでずに、

小食でも適度な空腹で無理なく自然と痩せることが、

女性にとっては成功しやすい方法ではないでしょうか。

 

また和食以外の食べ物が食べたくなったとしても、

時々食べる程度ならすぐに太ってしまうことはありません。

必要な栄養を補うトータルバランスを保つことが大切です。

 

ナチュラルな美しさを手に入れらることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ