辛いダイエットの停滞期をサッと脱出するための必要なこと


辛いダイエットの停滞期をサッと脱出するための必要なこと

 

体重計を図ると数字が変わらず痩せなくなってきた・・・

泣きそうなくらい悩んでしまうダイエットの停滞期。

どうすれば、この停滞期を脱出することができるのでしょうか。

 

前回は、痩せる生活習慣でダイエットを成功させる10のポイントにて、

ダイエットでは痩せることが目的ではなく痩せる生活習慣を身に付けることで、

10%以下のダイエット成功者になる秘訣を10のポイントでお伝えしました。

今回は、ダイエットの停滞期を脱出することについてです。

 

ダイエットをはじめて、

最初のうちは順調に体重を落とすことができたり、

鏡に映った引締まってきた自分の身体を鏡に満足感を感じたり、

 

結果が目に見えて分かるとどんどんやる気が満ち溢れてきますね。

 

ですが、

ある時期を境にして急に体に変化がなくなってしまいます。

そうそれがダイエットに必ず訪れる停滞期というものです。

体重が落ちないことに嫌気がさしてそこで止めてしまうとリバウンドします。

だけど頑張っても頑張っても落ちないから辛くて悲しくて苛立ちますね。

 

「これ以上、何をしろと言うんだ!」

 

と叫びたくなるくらい嫌になる瞬間だと思います。

ですが辛いかもしれませんがここが踏ん張りどころです。

ここで一緒に乗り切る知恵を身に付けてみませんか?

スポンサーリンク

 

身体が変化することへの恐れを感じている

 

ダイエットで成功するためには、

身体の機能を理解しておく必要があります。

なぜなら停滞期のメカニズムを知ることになるからです。

 

身体には「ホメオスタシス」という現状を維持する機能があります。

 

ダイエットしても急に変化しなくなってしまう理由は、

体重を落とし続けることで身体が危機だと勘違いするからです。

 

「これ以上体重を落としてしまうと危険だ!」

 

このように認識してしまうのです。

なぜなら今までの体重のままで安全に生存し続けることができたからです。

ホメオスタシスの役割は現状を維持することで生命を守ることです。

体重を落とし続けることは、その先に何が起こるか分かりません。

分からない状態になるよりは今までの安全のままの方が生存できるのです。

 

だけどそれ以上体重を落としても大丈夫なのは、

僕たちの意識の上では理解していることなのですが、

身体は変化することへの恐れを感じてしまっているのです。

なので体重が落ちないことに悩んでしまうと言う事態が起こるのです。

 

 

潜在意識からの最後の抵抗

 

停滞期が訪れるのは、身体のホメオスタシスという機能があるからです。

ですが、この機能によって僕たちは問題なく暮らしているのです。

 

暑くなれば汗をかいて熱を逃がして体温を一定に保ってくれて、

寒くなれば筋肉を収縮で発熱をして体温を一定に保ってくれます。

 

そして、

ホメオスタシスは自律神経によってコントロールされており、

この自律神経をコントロールするのが潜在意識と呼ばれる無意識の存在です。

 

さらに潜在意識をコントロールできるのは、

僕たちが今この場で見て、聞いて、感じている顕在意識なのです。

 

潜在意識の指令によって、

ホメオスタシスは体重をそれ以上落とさないようにしてしまいます。

意識ではいくら痩せたいと思って努力を重ねても、

潜在意識では痩せたくないのである領域から体重が落ちなくなります。

 

潜在意識は、ただ身の危険を感じて最後の抵抗をしているだけなのです。

 

なのでこれ以上痩せても安全だと言うことを伝えてあげる必要があります。

では、どのように潜在意識に伝えると良いのでしょうか。

 

 

停滞期を脱出するのに必要なことは淡々と行うこと

 

人は慣れやすい生き物であることをご存知でしょうか。

 

好きな人に告白してはじめて付き合えた日は、

まるで夢でも見ているかのように目の前の現実が奇跡のように感じますが、

しばらく会ってデートを重ねるうちに、段々と当たり前の感覚になってきます。

この慣れやすいという特性を工夫して潜在意識に働きかける必要があります。

 

先ほど潜在意識をコントロールできるのは、

僕たちが今この場で見て、聞いて、感じている顕在意識とお伝えしましたね。

 

ではどのような方法でやるのかというと、

今までどおりダイエットを、ただただ淡々とこなしていくだけなのです。

 

たったこれだけです。

これ以上、特別なことをする必要はありません。

ダイエットを続けて指令を送ることで潜在意識が現在の体重を標準化しはじめます。

 

今までが75キロだとして65キロまで痩せることができたら、

今度は65キロが標準の体重と潜在意識が認識するようになります。

そうなると65キロが標準なので、さらに-10キロまで落とせるようになります。

 

このようにただただ淡々と今まで通りのダイエットを続けることで、

いつの間にか停滞期を脱出して順調に体重が落ちる時期がやってきます。

理想の体重にするまで、この繰り返しなのです。

 

 

一皮剥ける前段階で「痛み」の試練がある

 

ダイエットに訪れる停滞期の理由がお分かり頂けたでしょうか。

理由が分かれば必要以上に辛い気持ちにならずに済むと思います。

 

僕は毎日、ブログの更新を行っています。

同じように停滞期のような苦しい時期が訪れてきます。

だけどこの時期を淡々とこなしていくことで、

 

一皮むけたように急に成長を感じられる経験を何度もしてきました。

 

その度にレベルが上がっていくのは間違いないことだと確信しています。

なので、あなたがダイエットで停滞期が訪れたとき、

 

それは順調にうまくいっているからこそ起こる現象だと認識してください。

 

順調にダイエットができていなければ停滞期など訪れません。

本気で取り組んでいるから最後の試練が訪れます。

しかし、この試練を乗り越えた先は輝かしい理想が待っています。

 

むしろ喜ぶべき現象であり、

ピンチだと感じる状況の後には、必ず大きなチャンスが巡ってきます。

 

停滞期は悲しむことではなく、むしろ喜ぶべき現象です。

後はただただ淡々と今まで通りのダイエットメニューをこなすだけです。

きっとよくなります。

 

素敵な女性になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ