顔の肌を綺麗にする方法-綺麗になるスキンケアの基本


顔の肌を綺麗にする方法-綺麗になるスキンケアの基本

 

みずみずしくハリのある肌。

顔の肌をきれいにする方法を知りたくありませんか?

肌は保湿力を上げることが大切です。

 

前回は、どうして恋をすると綺麗になるの?女性が美しくなるメカニズムにて、

女性は恋をすると綺麗になると言うことは誰もが知っていることですが、

その具体的なメカニズムを4つのホルモンを中心にお伝えしました。

今回は、顔の肌を綺麗にする方法についてです。

 

肌が潤っていると、

外から受ける刺激から守ってくれます。

チリやホコリといった刺激からダメージを受けても回復が早いのです。

 

つまり、

 

顔の肌を綺麗にする方法は、ズバリ保湿が大事だと言うことなのです。

 

スキンケアもこの保湿を意識して行うことで、

あなたの肌を綺麗にすることができます。

スポンサーリンク

 

自分の肌の質を知ろう

 

肌の質には4つのタイプがあるのをご存知でしょうか。

 

  1. 普通肌
  2. 脂性肌
  3. 乾燥肌
  4. 混合肌

 

以上の4つのタイプです。

 

普通肌は、脂性肌と乾燥肌の中間で、理想的な状態と言われています。

脂性肌は、皮脂でベタつきやすく、にきびや肌荒れを起こします。

乾燥肌は、肌表面の水分が蒸発し、バリア機能が失われて敏感肌になります。

混合肌は、たとえばTゾーンは脂ぎって、フェイスラインはかさついているなどです。

 

あなたの肌が、この4つのタイプどれかを知っておくことが大事です。

自分の肌のタイプを把握して保湿のためのスキンケアを行うことです。

基本は、皮脂を取り除いて必要な保湿をすることです。

 

 

どのように肌の質を見分ける?

 

肌に合ったスキンケアを選ばなければ、

かえって肌のトラブルになりかねません。

 

新商品が出たからと、自分の肌質と合わないスキンケア用品を選んでしまうと、

吹き出物ができるようになってしまったということもあるのです。

 

普通肌の特徴:

  • 肌全体が潤いのある状態
  • 頬が少し乾燥ぎみになる
  • Tゾーン以外の部分がカサつきやすい

 

脂性肌の特徴:

  • 肌全体がテカテカしていて光っている
  • きめが粗くて毛穴がよく開いている
  • 肌が汚れやすくてにきびがよくできる
  • メイクをしても崩れやすい

 

乾燥肌の特徴:

  • 普段からカサついていてツヤがない
  • 潤いが足りなので肌荒れしやすい
  • 小じわなどができやすい
  • 下地を付けるとメイクののり具合が落ち着く

 

混合肌の特徴:

  • Tゾーンは油っぽくなる
  • Uゾーンは乾燥気味になる

 

いかがでしょうか、

特に、混合肌は見分けるのに難しく、

また手入れも部分で乾燥のケアと保湿のケアを分けなければいけないので、

少し手間の掛かる肌質とも言われています。

 

 

基本は保湿をすることがカギ

 

子どもの頃は、肌をベストな状態で保つことができたのですが、

年齢を重ねるにつれて、その状態を保つことが困難になります。

 

そこで、

 

洗顔などで洗った分だけしっかりと水分を補うことが大切です。

 

特に顔の肌は外気にさらされているので、

乾燥、紫外線、チリやホコリ、花粉などの影響を受けやすいです。

 

メイクという顔に何かを付けるということそのものも、

実は肌にとってはストレスを受けているとも言えるのです。

保湿力を上げるには、以下の3つを意識しましょう。

 

水分の補給:

化粧水や美容液でたっぷりと補いましょう。

 

水分の保持:

乳液やクリームを使って肌の油分を補給することで、

化粧水や美容液で補った水分を閉じ込めます。

乾燥肌や敏感肌の人は特に念入りに行うことが大切です。

 

保湿のための補水:

肌の水分を捕まえていられる状態のことです。

補水にはセラミドの補給をすると効果的です。

 

スキンケアを行う際は、この3つのポイントを抑えることで、

肌の保湿力を上げて、トラブルに負けない状態にすることができます。

 

 

顔の肌が綺麗になれば自信が付く

 

肌を綺麗にするには、

 

  1. まず自分の肌質を見極めること
  2. スキンケアは3つのポイントを抑えて行うこと

 

この2点が大切になります。

 

あなたの肌質に合わせつつ、3つのポイントを意識しつつ、

スキンケアを選ぶことでベストな状態になれるのです。

 

もし、気になる男性がいるならば、

やはり女性としての努力を淡々と行うことが大切です。

 

心も体も綺麗になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ