どうして恋をすると綺麗になるの?女性が美しくなるメカニズム


どうして恋をすると綺麗になるの?女性が美しくなるメカニズム

 

恋をすると綺麗になると言われますね。

あなたの周りにも、そんな輝いている女性はいませんか?

中身から美しくなるメカニズムとは何なのでしょう。

 

前回は、綺麗な人になりたいならモテるオーラを出す3つのポイントにて、

綺麗な人になりたいなら外見だけではなく内面を磨くことも大切で、

不思議と男性にモテるオーラの出し方についてお伝えしました。

今回は、恋をすると綺麗になるメカニズムについてです。

 

不思議なことに、

 

恋をしても男性には、特に目立った変化はありません。

全くないとは言い切れないのですが、

 

それでも、

 

恋をすると綺麗になるのは、女性特有のものなのです。

これは一体どういうことなのでしょうか。

 

それは、

 

体内に分泌されるホルモンと深く関係してくるようです。

 

人に優しくなったり、肌が綺麗になったりと女性らしくなっていきます。

あなたも、もっと綺麗になりたいはずですよね。

スポンサーリンク

 

恋をすると綺麗になる4つのホルモン

 

この記事のタイトルにあるように、

女性が美しくなるメカニズムの正体とは「ホルモン」です。

 

  1. フェニルエチルアミン(PEA)
  2. エストロゲン
  3. ドーパミン
  4. オキシトシン

 

以上の4つのホルモンが恋をすると綺麗になる正体です。

この4つのホルモンのことを「恋愛ホルモン」と言います。

 

PEAは、チョコレートやチーズ、赤ワインに含まれており、

ウエストを引き締める効果があります。

やる気を引き出す作用もあり、前向きな気持ちになります。

 

エストロゲンは、女性らしい身体を作る味方です。

胸が大きくなり、ウエストのくびれ、肌がきめ細かく美肌にも効果があります。

 

ドーパミンは、「快楽ホルモン」と呼ばれ、

快楽や快感や心地良さなど感情に強く働きかけます。

交感神経を刺激して瞳孔が開くことで、パッチリと大きく見える目力効果があります。

 

オキシトシンは、「母性ホルモン」と言われています。

恋をすると優しい性格になるのは、このホルモンの影響です。

好きな人ともっと繋がりたいという思いや、仕草や振る舞い方も女性らしくなります。

 

以上の効果から、

自分から意識的に外見を磨こうと努力したり、

自然と内側からも外見や性格がより女性らしくなっていきます。

 

 

あなたの綺麗を育てることが大切

 

多くの女性は、

 

「綺麗になりたい」

 

このように思っていることだと思います。

綺麗とは「なる」ものではなく「育てる」ことです。

 

いきなり綺麗になれるなんてことはありませんよね?

 

つまり、

 

横切れば、男性がつい振り向いてしまう程の綺麗な女性は、

自分の綺麗を育てているからなのです。

 

そのためには、

 

あなたが綺麗だと思えることの全てに触れ合うことをしましょう。

 

「綺麗だなぁ」

 

ただ、そう思えることが素晴らしいのです。

 

なぜなら、

 

あなたが綺麗だと感じるのは、あなたの綺麗な部分から発しているからです。

 

綺麗だと自覚していなければ、対象を見て綺麗だと思わないはずです。

なので綺麗を育てることが大切だと言うことです。

あなたの中にある綺麗な心を育てましょう。

美しいものを見て、素直に感動できるものに触れ合いましょう。

 

これが、

 

あなたが恋をするための準備を整えることになります。

 

 

恋をするほど若くいられる

 

恋には、女性を若返らせる効果があります。

上記で説明した4つのホルモンの影響も強く作用しているからです。

 

恋愛に年齢制限など関係ありません。

10代の頃に感じた、あのときめいたときの感情は、

20代、30代、40代と年齢を重ねたたら感じられなくなると思いがちですが、

 

基本的に、人の感じる感情は常に変わりません。

 

変わるのは、周囲の環境だけであって、

人を好きになる瞬間の感情そのものは10代のそれと変わらないのです。

 

つまり、

 

いつだって恋をすればときめいた気持ちになれるということです。

 

それはつまり、

 

恋をすることで、あの頃と同じ自分でいられるということです。

 

あなたの感じている感情そのものに目を向けて下さい。

真実の答えは、自分の中にだけあります。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ