復縁までの冷却期間によって可能性が上がる男性の心理


復縁までの冷却期間によって可能性が上がる男性の心理

 

元カレと復縁したいと思っていて、

よく一般的に言われる「冷却期間」を設けることで、

ホントによりを戻せる可能性を上げることができるのでしょうか。

また期間を設けることで男性にどのような心理的変化があるのでしょうか。

 

前回は、元カレと復縁したい女性の潜在意識を使った7つのステップにて、

元カレと復縁するために潜在意識を活用するための具体的な方法と、

そして潜在意識に思い描くだけでなく更に必要なことについてお伝えしました。

今回は、復縁までの期間と可能性についてです。

 

復縁までの間は苦しく感じたり、

途中で挫折してしまいそうになるかもしれません。

そんな中、友達などの身近な人に恋人ができて、

楽しそうな雰囲気を醸し出しているの見ると、

素直に喜べない自分にまた嫌になってしまうかもしれません。

 

自分が辛いときに他人の幸せを素直に喜べないのは当然です。

 

ですが復縁が成功するまでは、それでも我慢しなければいけません。

なぜなら彼の気持ちが変わるには時間が掛かるからです。

冷却期間という会わない期間を置くことで、

彼にあなたのことを思う時間が必要となるのです。

そのために今回は、復縁への理解を深めて欲しいと思います。

スポンサーリンク

 

なぜ復縁するために冷却期間が必要なのか?

 

なぜ復縁するために冷却期間が必要なのかと言うと、

 

シンプルに2人の関係を以前の付き合っている状態に戻すためです。

 

そんなことは、あたなも当然ご存知のことだと思います。

だけど僕たちは慣れた関係になると他人の悪い部分が気になります。

友達同士でも嫌な部分を思い出してはイライラすることがありませんか?

家族関係の場合ではもっと相手の悪い部分が気になるかもしれませんね。

 

なぜ僕たちは他人の悪い部分が特に気になってしまうのでしょうか。

ここでイメージして頂きたいのですが2つの丸い円があるとして、

どちらか一方の円はほんのちょっとだけ欠けているとします。

そうすると、欠けている部分だけが妙に目に入るようになります。

もし両方の円がきれいに○の状態なら何も気にならないのです。

この現象と同じように、

 

僕たちは人の欠点には特に気付きやすい特徴があるのです。

 

問題なのは、欠点が気になりはじめると最初の気持ちを忘れがちです。

あなたも出会った最初の頃と、いつの間にか変わってませんでしたか?

別れる原因とは必ずあり、そしてその原因は心の中に存在します。

 

 

冷却期間中の男性の心理的変化

 

では冷却期間を設けることで男性にどのような変化があるのでしょうか。

ここでは特に会わないことが重要であるとも言われています。

 

なぜなら彼の今のあなたへの感情を一旦リセットする必要があるからです。

 

最初にお伝えしたように、人はいつの間にか初心を忘れるものです。

最初の出会った頃の気持ちをいつの間にか忘れてしまうものなのです。

そして相手の欠点ばかりが目に移ってしまい、

そしてそれが別れの火種となるケースが非常に多いのです。

 

その明後日の方向へと行ってしまった気持ちをリセットするのです。

 

このとき、彼はあなたのことなど忘れてしまうことでしょう。

だけどこれまで密に一緒にいた時間が潜在意識に刻まれているので、

仕事の作業中や車の運転中に、ふと思い出したりするようになります。

そのように自然と思い出してきたタイミングで、

 

「また会いたいなぁ・・・」

 

と何となしに思うようになってくるのです。

そのために冷却期間というものが必要なのです。

 

 

彼が別れた後も身体を求める心理

 

復縁するにはある程度の期間を置く必要がありますが、

 

「このくらいなら大丈夫かな・・・」

 

自分から何かしらのキッカケをつくって会うケースもあれば、

彼からの突然の連絡などで会いたくなるケースもあると思います。

だけどそのときに彼に身体の関係を求められることもあるでしょう。

久しぶりに会ったら、やっぱり気持ちも蘇ってきます。

それは当然、身体の関係においても同じことが言えます。

 

ここでは冷却期間中には身体の関係をもつことはいけないという意見もあれば、

あなたに興味があればこそ、そうやって身体を求めてくるという意見もあります。

では、こころのろころの判断はどうすればいいのでしょうか。

 

それは彼にとって都合の良い女にならないかどうかで判断します。

 

つまりは彼から「やり直したい」という意思表示が大切だと言うことです。

もし「やり直したい」という意思表示が彼の方からないとすれば、

そこで身体を許してしまうことは復縁の可能性は低いと言えます。

 

 

復縁までの期間だからと特別な意識は必要ない

 

友達同士でケンカしたとき、

しばらくしたら頭が冷えて誤って仲直りした経験はありませんか?

 

しばらく会っていない友人のことをふとしたキッカケで思い出して、

また会ってあの頃のように楽しく過ごしたいと思ったことはありませんか?

 

最初にもお伝えしたように人は最初の気持ちをいつの間に忘れてしまいます。

 

ですがそれはごく自然なことなのでそれ自体は当たり前のことなのです。

なぜなら人は「慣れやすい生き物」だからです。

慣れてしまえば意識する必要もありません。

意識しなくなった分、他のことを考える余裕が生まれます。

そしてそこで他人の掛けた部分が気になってしまうのです。

 

なぜなら2つの円のお話をしたように欠けた部分は妙に気になりやすいからです。

それは他人の性格の欠けた部分も気になりやすいということでもあるのです。

 

だけど友達とケンカしたときや、

疎遠になっていた友人とふと会いたいと思うときと同じで、

冷却期間を設けることでまた最初の大切な気持ちを取り戻すことができます。

このような積み重ねで愛情は育まれていくものなのではないでしょうか。

 

大切なことに気付けることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ