別れた彼氏と復縁するために知られざる潜在意識の9つの特徴


別れた彼氏と復縁するために知られざる潜在意識の9つの特徴

 

どうしても別れた彼氏と復縁したい・・・

元カレと別れてから数週間、数ヶ月と経過して、

どうしてもよりを戻したくて辛い日々を過ごしてませんか?

あの頃のような日々に戻れないのは辛いものですね。

 

前回は、潜在意識の力で復縁を成功して元カレと繋がる5つのルールにて、

元カレと別れて潜在意識の力で復縁を成功したくてもうまくいかないときの、

どうして潜在意識をうまく活用できないのかについてお伝えしました。

今回は、別れた彼氏と復縁するための潜在意識の特徴についてです。

 

彼氏にフラれて別れてしまったときって、

未練のような後悔のような苦しい感情がつきまといますね。

時間が解決してくれることもあるかもしれませんが、

どうしても思いが残って復縁したいこともあると思います。

 

  • 彼に他に好きな人ができてフラれてしまった
  • あなた自身に彼が飽きてフラれてしまった
  • ケンカやすれ違いが原因でフラれてしまった

 

あのときに気付いていればとか、

どうしてあのときにあんなことしてしまったんだろうとか、

別れには、いつの間にか原因があるものです。

 

それは逆に言えば復縁するにも原因をつくることで可能になるということです。

 

そのためには潜在意識の特徴をよく理解しておくことで、

復縁の成功をより確実にすることが可能になると思います。

では、潜在意識の9つの特徴についてみていきましょう。

スポンサーリンク

 

【1】繰り返しの行動を重要と認識する

 

あなたはいきなり宝くじが当たると言われても信じられますか?

ほとんどの人はそんなことを言われても信じられないと思います。

それは本音の部分では「本当かなぁ」と疑いの気持ちがあるからです。

 

これは「引き寄せの法則」のやり方を知って、

その方法を試してもうまく願望が実現しない理由でもあるのです。

自分が本気で信じられるようになることが重要となります。

 

その方法はシンプルで行動を繰り返すだけなのです。

 

もちろん本気で信じたから全てが実現することは難しいですが、

元カレと復縁したいなら、まずあなたが復縁できると信じる必要があります。

要するに自分のやることに可能性を信じられるかどうかです。

 

 

【2】現実とイメージを区別できない

 

僕たちは今見ている現実と頭でイメージしたことを理解できます。

だけど潜在意識ではその境界線が存在しません。

 

レモンを頭の中でイメージしてみて下さい。

何だか舌から唾液が出てくるのを感じないでしょうか?

実際にレモンを口にしていなくてもイメージだけで身体が反応するのです。

 

そして元カレとの楽しかった時間を思い出してみて下さい。

嬉しさや楽しさや幸せな気持ちが蘇ってこないでしょうか?

このようなブラスの感情を繰り返してあなた自身が信じることが大切なのです。

 

 

【3】全てを一人称で理解する

 

あなたは幸せそうなカップルをみて何を感じるでしょうか。

同じように幸せな気持ちを感じて嬉しくなってきますか?

それとも羨ましくて嫉妬の気持ちが沸いてくるでしょうか?

ここで頭の中ではカップルを他人だと理解していますが、

 

潜在意識の世界では、そのときに感じた感情は全てあなたと解釈します。

 

なぜなら幸せも嫉妬もあなた自身が感じいる感情だからです。

目の前に広がっている他人や出来事など潜在意識には関係ないのです。

なぜなら潜在意識の世界は感じる感覚の世界だからです。

 

だからと言ってネガティブな感情を否定する必要はありません。

頭の中でそのことが分かっていればいいのです。

 

 

【4】否定形を理解しない

 

突然ですが、

富士山に雲が掛かっている風景をイメージしないで下さい。

いかがでしょうか、もう既にイメージしたのではないでしょうか。

これは「富士山」というキーワードに脳が反応しているのです。

 

なので「今の大好きな彼と絶対に別れたくない!」と思ったとしても、

潜在意識の世界では「別れ」と言うキーワードで反応してしまい、

既に「別れ」をイメージしてしまっているということになるのです。

なのでここで気を付けておきたいことは、

 

あまり感情を込めて否定形を使い続けないことです。

 

もちろんこれも頭の中で「これは違う」と理解していれば、

そこで感情の流れを変えてネガティブなイメージは実現はしません。

そして何度もネガティブな感情とは出てくるものなので、

あまり否定形なイメージが出てくるからと悲観的になる必要もなく、

違うと理解していればそれだけで自分とうまく付き合っていけます。

 

 

【5】現状を維持する機能がある

 

分かりやすい例で言うと僕たちの体温は常に一定に保たれていますね。

また心臓の鼓動も常に一定のリズムでトクントクンと打っています。

 

このように現状を維持することで今の状態を保とうとするのです。

 

なぜなら変化をすることは危険でもあるからです。

このことから人は変化を嫌う生き物でもあると言えるのです。

ではなぜこれが復縁と影響するのかと言うと、

 

あなたは彼との復縁を望んでも潜在意識は望んでいないからです。

 

今まで苦しくても辛くても孤独でも生きています。

潜在意識の現状を維持する目的は生存確率を上げるためです。

変化をせずに現状のままの方が生存率を保てるから望まないのです。

なのでまず自分が何としても元カレと復縁したいという思いを、

自分を信じ続ける意志が大切になってきます。

 

 

【6】快楽より痛みを避ける

 

快楽とは、喜び嬉しい楽しい幸せなどです。

痛みとは、苦しい悲しい辛い怖いなどです。

ではなぜ痛みの方を優先して避けるのかと言うと、

 

痛みは生命維持と関わるので痛みを避けることを優先するのです。

 

潜在意識の大本の役目は生命を維持することです。

ということは痛みを避けることは自然なことと言えます。

そうなると人は傷つくことを何よりも嫌うことも納得できます。

別れた彼氏と復縁したくても本能として傷つくことを怖れているかどうか、

自分の本音と向き合わないと復縁が成功しないことにもなります。

 

 

【7】過去と未来と現在の区別がない

 

潜在意識の世界では過去と未来と現在は同時に存在します。

学生の頃に修学旅行に行ったときのことを思い出してみて下さい。

その中で特に思い出深い出来事とは何だったでしょうか。

 

いかがでしょうか、

そのときの感情が蘇ってきませんでしたか?

過去のことを思い出すと、今この瞬間に同じ気持ちになりますね。

だけど過去の出来事は今現在に起こっていることではありません。

 

つまりイメージしたことは今この瞬間に起こっていると解釈するのです。

 

別れた彼氏と復縁したいなら、

元カレとどんな幸せな日々を送りたいかをイメージすることです。

予めどんな風に過ごしたいかを明確にすることで、

脳に目的を設定することにもなります。

 

 

【8】空白を嫌う

 

潜在意識は空白の状態ができるとそれを埋めようとして働き続けます。

あなたは分からないことがあるとイライラしたりしませんか?

答えがなかなか出ない疑問って気分があまりいいものではないですね。

たとえば以下の2つの質問に答えてみて下さい。

 

  1. 昨日の夕食は何を食べましたか?
  2. あなたの人生の目的とは何ですか?

 

いかがでしょうか、

1番目の問いはすぐに答えられても2番目は難しかったのではないでしょうか。

そして何だか頭の中でモヤモヤした感じが残らなかったでしょうか。

このモヤモヤした感じが空白を嫌っている証拠なのです。

 

ですがこの空白を嫌う性質を利用して自分に問い掛けを行うのです。

更に自分への問い掛けには「完了形」で行うと効果的です。

 

「彼と幸せな時間を過ごしている」

「彼とドライブをして素敵な星空を眺めている」

 

こうすることで脳に錯覚を起こさせて、

あたかも今現実しているかのようにするのです。

 

 

【9】ひとつのことしか焦点をあわせられない

 

あなたはクラスで好きな人がいたとき、

大勢いる男子の中で好きな人だけをパッと見つけられなかったでしょうか。

 

これは潜在意識には興味のあることに集中する特性があるのです。

 

たとえばただ漠然と旅行に行きたいと思うだけでは、

ただ旅行に行きたいというだけで実現されずに終わってしまいますが、

今年の夏にインドの寺院に行って写真を撮ってくると決めることで、

本屋を歩いてると東アジアへの旅行情報がパッと目に飛び込んできたり、

カフェでお茶をしていると隣からインド旅行の話が聞こえてきたりと、

不思議なほどインドに関する情報があちこちから入ってくるようになります。

 

別れた彼氏と復縁したいと本気で望んでいるのなら、

彼とどのように過ごしたいかを心の中で詳細に描くことが重要です。

 

 

脳はイメージできることだけを実現する

 

人は全てにおいてまずイメージが先行します。

たとえ歩く動作でも無意識レベルでイメージが先行しているのです。

ではこのことを理解するためにある実験を行ってみましょう。

 

  1. 両手を前に出して手を組んで下さい。
  2. そして右か左かどちらかに腰を限界までまわします。
  3. 限界までまわした位置を覚えて下さい。

 

  1. 今度は目を閉じてイメージの中で両手を前に出して手を組んで下さい。
  2. そしてイメージの中で腰を回して、今度は一回転します。
  3. 次に目を空けて実際に手を組んでから腰をまわしてみて下さい。

 

いかがでしょうか、

イメージしたときの方がまわっているのが分かりますか?

これがイメージの力なのです。

 

つまりイメージできることは実現率が上がるのです。

 

潜在意識を活用した復縁の方法とは、

このようなイメージの力を活用することでもあります。

もう一人の自分とうまく付き合うことがコツです。

 

復縁が成功して幸せになれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ