思わせぶりな男に腹が立って仕返しするより大切なこと


思わせぶり 男 仕返し

 

好きになってしまうと相手に期待してしまいませんか?

もしかしたらイケるかもって感じる瞬間ってありますよね。

だけど、実際のところは私のことを好きでも何でもなかった・・・

そんな思わせぶりな男には仕返しがしたくなりますね。

 

前回の素直になれない…無意識の行動を修正して恋愛を成就する方法では、

恋愛で同じ失敗を繰り返す人は自分の中の”あるルール”が関係しており、

それに気付いて何を変えれば恋愛を上手くできるかをお伝えしました。

今回は、思わせぶりな男に仕返しをしたい気持ちについてです。

 

思わせぶりな態度をとる男には、

恥をかかされて女としてのプライドをズタズタにされたり、

深く傷付いて恋愛に勇気が持てないほどトラウマになったり、

そのときの憎しみから仕返しをしたくなるのかもしれません。

 

だけど、そんなことしても幸せにはなれない・・・

 

あなたはそのことも十分に頭では分かってると思います。

だけど感情はコントロールできないので苦しいものですよね。

実は憎しみは感じてもいいしダメなものじゃないんです。

 

大切なのはそうした感情を否定させずに自分をプラスに導くこと。

もし、それを知ればあなたは仕返しを考えることばかりではなく、

そんな自分を否定せずに楽に自分の幸せに掴めるかもしれません。

スポンサーリンク

 

いろんな仕返しの方法があるけど・・・

 

よくネットなんかで検索してみると、

思わせぶりな男への仕返しの方法がたくさん出てきます。

それを読んで実際に実行してみた人もいるかもしれませんし、

時間の経過とともにどうでもよくなる人もいるかもしれません。

 

仕返しって実行するのに意外とエネルギーを消費します。

 

あなたも様々な方法を知っていくうちに、

他人に仕返しすることって面倒だと感じたことはありませんか?

 

だからといってそのまま放っておくというのも、

何だか釈然としないような感じがして嫌なものがありますね。

何よりも仕返しをして自分の気分は晴れるかもしれませんが、

 

そこから自分が幸せになることはできるのか?

 

と問われると決してそんなことはないですよね。

となると一体どうしたら本当の意味で心を満たすことができるのか。

それには以下でお伝えする”視点”を持つことが大切なのです。

 

 

憎んでもいいけど一方で違う視点も持つこと

 

思わせぶりな男に振り回されて、

仕返しがしたくなるのは極自然な感情だと思います。

なのでその感情を抑えること自体が無理な話です。

 

自分の中で増幅する負の感情はしっかりと感じていいのです。

むしろ自分から味わいに行くくらいが丁度良いかもしれません。

なぜなら、感情は味わい尽くせば落ち着いていくからです。

 

心のどこかでいけないと思って中途半端で味わい尽くせずに、

心の中でモヤモヤを溜めてしまうことの方がむしろ危険です。

これがよく言われる「消化不良」というヤツですね。

なので負の感情は自分の思いたいだけとことん味わうのですが、

 

一方では冷静な自分の視点も意識してみると良いかもしれません。

 

冷静な視点とは自分のどこに隙があったのかとか、

自分の何が原因でこうした男を引き寄せてしまったのかとか、

今回の経験を今後に活かせるとしたら何があるだとか、

自分自身のことに意識を向けてみることです。

 

こういうのって最初から冷静になろうとするよりは、

腹が立つなら立っても良いと認めてあげるとやりやすいです。

だって憎しみが増幅するのは仕方のないことじゃないですか。

人間の心や身体に不要なものなんて一切ないんです。

 

だけど憎しみなどの負の感情って、

どこかいけないことのように思えないでしょうか。

実はそんなことはなくて全然感じても良いものなのです。

 

大切なのは冷静な自分の視点も意識することです。

 

そうすることで心のバランスを保つことができます。

そう考えると思わせぶりな男すら成長の糧にできるのです。

世の中の出来事は全て考え方次第で変えることができます。

 

 

違う視点を持たなければ自分だけが損をする

 

相手に腹が立つだけだと、

ただ感情的に熱くなってしまうだけです。

その後は精神的に疲れてしまうだけではないでしょうか。

それでは自分だけがどんどん損してしまいます。

 

だけど自分にとってマイナスな出来事って、

一見すると辛いことですが成長のチャンスでもあるのです。

僕達人間は今おかれている現状に不満を抱かなければ、

自分を変えようとはなかなかしないものだからです。

 

  • よく追い込まれないとやらないタイプ
  • 毎年夏休みの宿題は8月31日に必死にやる
  • 締切が迫ってきてようやく重たい腰を上げる

 

こうした言葉はどこかで聞いたことがありますよね。

僕も自分を振り返ってよくあることだなぁと感じます。

 

けど思わせぶりな男だと予め分かれば未然に防げますが、

そんなことは経験して嗅覚を高めない限りは難しいものです。

けど、それは経験をすることで磨くことは十分に可能です。

 

そこで大切になるのが違う視点を持つということなのです。

 

ネガティブな感情は否定する必要なんてありませんが、

そのためには違う視点で考えてみる意識が大切です。

そうすることで自分を客観的に冷静に見ることができます。

 

 

少しだけ自分の幸せにも意識を向けていきませんか?

 

僕は去年の秋に新しく車を買い替えました。

住んでるところが田舎なので車がないと不便なのです。

 

ですが、ここの中古車屋の営業があまりにも対応が悪く、

車の不具合が出て連絡をしても後で掛け直すと言われ、

1ヶ月以上経っても連絡しないのが5回も繰り返されました。

 

他にはボディやフロントガラスの傷に購入後に気付き、

こうしたマイナス点についてちゃんと説明がされてなかったり、

キーレスが利かないとかミラーの格納時に異音がするとか、

最終的には動力部分の不具合で治すのに32万円掛かる・・・

これが購入後たった8ヶ月の間で発覚したのです。

 

僕はあの営業の顔を思い出すだけで怒りが込み上げて、

弁護士を雇って訴えて仕返しがしたい気持ちにもなりました。

こんないい加減な対応をされたのは初めてでした。

 

けど、そんなことしたところで本質的には何も解決しない・・・

 

このときの憎しみや復讐の気持ちは癒えることはありません。

だけど一方では自分が何を反省すべき点があったのか?

今後はどのようなことに注意すべきなのかを考えました。

 

そして相手を訴えたところで疲れてしまうだけなので、

僕は独立しているのでしっかり稼いでもう中古車は買わない!

それを心に決めて仕事に対してのエネルギーにしています。

 

痛みの経験も考え方次第ではエネルギーに変えることができます。

 

あなたが思わせぶりな男の態度に振り回され、

そんなくだらない男に仕返しがしたくなるも当然なことです。

そしてそこで受けた憎しみや復讐心は癒えないかもしれません。

 

けど、一方では冷静な自分の視点を持ってみても良いかもしれません。

 

これは何度も言ってしまいますが、

繰り返し言うほどとても重要なことだと思っています。

それは僕の経験を開示させて頂いた通りで大切だと感じたからです。

 

そして少しだけでも構わないので、

自分の幸せに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

 

経験を幸せの糧として活かせることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ