初デートは場所の選び方で片思いの彼と楽しい1日にする3つの方法


初デートは場所の選び方で片思いの彼と楽しい1日にする3つの方法

 

彼との初デート。

彼から「どこに行きたい?」と聞かれたらどうしますか?

友達と遊び慣れた場所とは違い、デートスポットなんて分からないものですね。

 

前回は、初デートでの会話の内容に悩む…片思いの彼と心地良い時間を過ごすには?にて、

初デートではどんな会話をすると彼と盛り上がることができるか悩みますね。

そんなとき、どんなところに意識するべきかをお伝えしました。

今回は、初デートでの場所の選び方についてです。

 

片思いしている彼で、

しかも恋愛経験がまだ浅いとなると、

デートでは、どんな場所に行くと良いのか分からないものですね。

 

何よりも避けたい思うのは、

気まずい雰囲気になることではないでしょうか。

ここに意識がまわってしまうと、せっかくの初デートを楽しめません。

 

実際のところはそんなに悩む必要もなく、

お互いのフィーリングが合えばどんなところでも良いと思いますが、

行きたいところがパッと浮かんでこないと考え込んでしまうと思います。

 

彼が行きたいところを決めてくれると、それが良いのかもしれませんが、

 

「明日のデート、どこか行きたいところがある?」

 

なんて聞かれたら、どう答えて良いか少し困りませんか?

そこで、以下で紹介する基準で具体的な場所を決めると良いと思います。

スポンサーリンク

 

【1】喋らなくても楽しめる場所

 

初デートでは、場所の力に頼ることが大切です。

映画館、美術館、水族館など喋って盛り上げなくても、

 

そこに行くだけで自然とテンションが上がるような場所が良いでしょう。

 

他には、カラオケ、ゲームセンターなどもアリだと思います。

このように、そこに行けば何かをするような場所も盛り上がります。

 

更に、

 

2人で共同で何かをするような場所ならば、もっと楽しいと思いませんか?

 

2人で共同で何かをすると、気持ちも共有することができますので、

楽しいという気持ちで一体感を感じることを楽しめるでしょう。

この楽しいという気持ちになれそうな場所を考えましょう。

 

 

【2】落ち着いて話ができる場所

 

恋愛もコミュニケーションのひとつです。

コミュニケーションは、会話をすることで成り立ちますね。

 

特に、

 

初デートではお互いのことを理解し合うことも目的なので、

デートプランの中に、必ず落ち着いて話ができる場所を選ぶことも重要です。

 

お互いのことを言葉を通して伝え合うことで、

段々と、言葉を介さなくても意志が伝わり合うようになるものなのです。

その前段階である一番最初のデートでは、

 

言葉でコミュニケーションをとれる場所を選びましょう。

食事でもいいですし、公園でも海でも良いでしょう。

 

 

【3】ムードを感じる場所

 

ムードのある場所では、不思議と恋人関係でいるような錯覚になります。

周囲の人達からも、そのように見られていると感じるでしょう。

 

片思いの初デートなら、

このムードのある場所を利用していくことは効果的です。

そこで、ムードの作りやすい3つのポイントがあります。

 

  1. 暗い場所
  2. 高い場所
  3. 自然な場所

 

以上の3つがポイントとなります。

具体的なデートスポットを上げるとするなら、

 

展望台、展望レストラン、海の見えるコテージのカフェ、

海岸、イルミネーション、プラネタリウムなどです。

 

他にもいろいろとあると思いますが、

上記の3つのポイントを満たしていることが条件です。

 

 

初デートはいろんな気持ちを味わえる

 

初デートだからこそ、

 

不安なことはより強く感じたり、

楽しいことはより強く感じられます。

 

お互いが慣れていくことを目的とする人は多いと思いますが、

初デートだから味わえる新鮮な気持ちも大切にしてみてはいかがでしょうか。

 

それは、

 

慣れてしまえば、もう二度と味わえない新鮮さなのです。

 

ぎこちなくて言葉がうまく噛み合わないとか、

沈黙がしばらく続いて気まずい雰囲気にあるとか、

 

実際のところは気にする必要はありません。

 

そして、

 

そんなときのとっておきの魔法がひとつあります。

 

それは、

 

あなたが「楽しいなぁ」ていう雰囲気を彼に感じさせてあげることです。

嬉しいことがあったときに鼻歌を歌うように、楽しい雰囲気になってみましょう。

 

そうすれば、いつの間にかお互いがリラックスできるようになります。

素敵なデートができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ