両想いになるための基本的な3つの方法


両想いになるための基本的な3つの方法

 

今現在、両想いになりたい人がいませんか?

どうすれば気になる彼と両想いになることができるのでしょうか。

片思いから両想いになるための方法とは?

 

あなたはこんなことを考えたことありませんか?

 

どうして両想いになりたいのだろう・・・

 

人が人を好きになるのに理由なんて関係ないと思いますが、

どうして気になる人ができると、自分のことを好きになってもらいたいのか。

人によっては、自分が好きなままでいいなんて人もいると思います。

時には、彼にではなく恋に恋するパターンもあります。

 

実はこれら3つには、ある共通する部分があります。

 

それはとてもシンプルで、

 

自分の気持ちを満たしたいということです。

 

両想いにしても、好きなままでいいにしても、恋に恋しても、

そのときの自分の気持ちが満たされたいという思いがあるのではないでしょうか。

 

そして、その気持ちは、

 

  • 両想いにならなければ満たされない。
  • 恋する対象がいなければ満たされない。
  • 恋に恋するための条件が整わなければ満たされない。

 

いかがでしょうか、

恋愛は感情でするものだけに、

自分がどんな気持ちを満たしたいのかというものを、

僕たちは潜在的には知っているのかもしれません。

 

そこで、今回は両想いというところに焦点を絞って、

両想いになるための基本的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】ただすれ違うだけでも実際に会う機会を増やす

 

特に会話をしに行く必要はありません。

最初は、あなたの存在を彼に認識してもらうために、

ただただ、彼の視界にあなたの存在を認識させるだけで良いです。

 

そうすることで、

 

あなたに対して、少しずつ安心できるようになります。

 

これは、「単純接触効果」「ザイアンスの法則」と言って、

心理学の世界でも、その効果を実証されている確かな方法です。

このようにして、最初は自分の存在を認識させるだけで、

彼と話す機会を伺うこともできますし、あなた自身も安心して話せるようになります。

 

それは、

 

いきなり会話するよりも、

少しずつ存在感に慣れて会話する方が気持ちが楽だと思いませんか?

両想いになるためには、まずこの方法を取り入れると良いでしょう。

 

 

【2】共通点を見つけて合わせる

 

人は自分と同じところが多ければ多い程、安心できます。

安心することができれば、心を開くことができます。

 

そして、

 

この共通点はただ見つけるだけではなく、

意図的に合わせて彼との心の距離感を縮めることが可能なのです。

 

【1】でただただ、彼と会う機会を増やすだけより、

その中で彼を観察して、身に付けている物や、服装の色、言葉、行動など、

特に彼の無意識の行動や呼吸などに合わせるようにします。

 

ここでは、観察力が大切です。

 

できるところから、自然に行っていくようにしましょう。

彼が黒い服を着ている回数が多いなら、同じ黒い服を着るだけでも親近感を持ちます。

 

 

【3】清潔感が大事

 

気になる男性と両想いになりたいなら必要なことですね。

ここでの清潔感とは、ただ清潔感を意識することではありません。

 

たとえば、

 

男性は、女性の綺麗な髪に振り向いてしまいます。

下手に明るく染めて、パーマを当てるよりは、

ストレートでナチュラルな艶のある髪質の方が基本的に男性は好みます。

 

また、ほのかに香る香水なども効果的です。

女性に近づいたとき、ほのかに香水のいい匂いがすると、

何だか気持ちが和らいでくるような感じがするのです。

 

つまり、男性の心に変化を与えることができるということです。

特に匂いは脳にダイレクトに伝えるため、匂い次第では、

 

1000年の恋も冷めてしまうくらいの魔力があるのです。

 

このように男性の好みを意識した清潔感が、

両想いになるためには、必要不可欠になると思います。

 

 

人を好きになることは

 

恋に落ちることは簡単だけど 恋し続けることは挑戦 手放すことは難しいし 吹っ切ることはもっと難しい

 

恋は、その人を好きになり続けること。

そして、その人の本当の幸せのためなら別れる覚悟も持つこと。

そして、本気で好きになった彼を諦めることが最も辛いけど成長できる。

 

恋とはつくづく「感情」でするものだと思います。

どこかで聞いた言葉ですが、

恋愛は最もコミュニケーション能力が問われると言います。

恋は、それだけ人を成長させてくれるのではないでしょうか。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ