両想いになれる引き寄せの法則を使った5つの魔法


両想いになれる引き寄せの法則を使った5つの魔法

 

気になる彼と両想いになりたい!

あなたは引き寄せの法則をご存知でしょうか?

引き寄せの法則を活用して片思いから両想いにする確率を上げることができます。

 

前回は、両想いだけど付き合えないのはなぜ?素直になれない男の本音にて、

両想いになっているのになぜか付き合えない関係になってしまっているとき、

そんなときの男性の隠された本音について紹介しました。

今回は、両想いになるための引き寄せの法則を使った方法です。

 

引き寄せの法則とは何かというと、

 

ずばり、

 

人の無意識と呼ばれる潜在意識を活用した方法です。

 

もっと具体的に言うと、

 

脳の機能を活用して、自分から掴みに行く体質に変化させることです。

つまり、引き寄せと言いますが、自分が変わる方法なのです。

 

ですが、

 

無意識に働きかけるので抵抗感なく自然とうまくいきます。

 

しかし、

 

そうなるためには、心から信じることが必要不可欠です。

今回は、自分を信じて引き寄せるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】目的を決める

 

引き寄せの法則を活用する上で最も大切なことは、

 

自分がどうなりたいかの具体的なイメージです。

 

あなたは、彼と両想いになって付き合ってどんな風に過ごしたいですか?

彼と過ごす甘い時間など、その時間を味わうかのように具体的にイメージします。

この味わう・・・つまり身体に感じることが肝になります。

 

なぜなら、

 

潜在意識は、感覚で記憶するので身体で感じることで心に深く刻まれます。

そして、身体で感じることを繰り返すことが大切です。

 

 

【2】肯定的に言葉を使う

 

たとえば「タバコをやめたい」と思った場合、

潜在意識はタバコという言葉を認識するので、

やめたくてもタバコに意識を集中してしまうことになります。

 

なので、

 

「タバコをやめたい」の代わりに、

「肺をスッキリさせる!」とプラスの言葉に変えます。

 

 

【3】既に実現したかのように言葉を使う

 

潜在意識には時間軸がありません。

つまり、過去と未来が存在しないのです。

あるのは今この瞬間だけです。

 

なので、

 

「私は彼と両想いになっている」とイメージと同時に言葉掛けをします。

 

あるいは、

 

「私は彼と両想いになれるかもしれない」でも構いません。

「かもしれない」は期待というプラスを示唆する言葉なので、

潜在意識がその方向へと進みやすいのです。

 

 

【4】何度も繰り返すこと

 

潜在意識は繰り返し起こることを優先します。

つまり、彼と両想いになる具体的なイメージを定期的に行うのです。

同時に言葉もプラスで実現したかのように使います。

 

こうすうることで、

 

脳は勘違いを起こしはじめ、結果的に引き寄せることができます。

 

 

【5】自分の欲しいものを与える

 

潜在意識にどんどん刷り込んでいくだけでは足りません。

現実的には、実際にどのような行動をとるのかが大切です。

引き寄せの法則で実現できない人は「お願い」をするだけだからです。

 

実際は、

 

具体的な行動を成功しやすくするための「自己暗示」です。

自己暗示こそが、引き寄せの法則の正体と言っても過言ではありません。

 

では、

 

あなたは彼と両想いになるためにどんなことを与えると良いでしょうか?

彼の望んでいることをあなたのできることからやっていくことです。

 

彼の望みを考えるときには、

 

  • 安心感を求めているのか
  • 自分が変わることを望んでいるのか
  • 自分を認めてもらうことを望んでいるのか
  • 支えてくれるような優しさを求めているのか

 

など、潜在的に求めていることを意識すると良いでしょう。

ですがあまり難しく考えず、パッと気づいたときにしてあげたいことをする。

今すぐ実行できなくても、それだけで十分だと思います。

 

 

人はコントロールできないもの

 

僕たちは、他人を変えようと躍起になって悩みます。

本当は、自分が変わることの方が楽なのです。

 

なぜなら、

 

結果的に他人が自発的に変わりですからです。

 

そのとき、他人を無理やり変える気持ちをあきらめることです。

好きな人を振り向かせようするのでイライラしやすいのです。

 

「自分のことを好きになってくれるのは彼に任せよう

 

という姿勢だと、そのオーラが彼に伝わって振り向かせやすいです。

それは焦っているより、余裕のある雰囲気の方が魅力的だからです。

そんなところも考えてみるとより両想いになれると思います。

片思いが両想いになれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ