好きな人が卒業して会えない…思いを伝えるための5つの注意


好きな人 卒業 会えない

 

ずっと好きだったのにもう会えないかもしれない・・・

好きな人が卒業してしまうのは悲しいものですね。

もっと積極的になってればと後悔もあるかもしれません。

そこで思い切って思いを伝えようか迷ってませんか?

 

けど告白する前に注意すべきことがあります。

 

今回お伝えする内容を知っておくことで、

好きな人に思いを伝える注意点が分かります。

押さえておく点を押さえておくことで、

あなたの理想の未来が実現しやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

【1】いきなり告白しても可能性は低い

 

高校を卒業してしまうと、

普段は学校で会えてた好きな人とも会えなくなります。

会えないくなるのって何だか寂しい気持ちになりますね。

そのためには卒業までに好きな人に告白をした方が、

未練を残して恋が終わってしまうよりマシかもしれません。

 

とはいえ、やみくもに告白をしても、

恋がうまく実ることは難しいと思いませんか?

たとえばクラスであまり会話したことがない場合、

思い切って告白をしても失敗する可能性もあります。

友達にすらなってない状態では失敗し兼ねないのです。

 

そこで、友達関係から始めることが大切です。

だけど友達になるのも人脈がなければ難しいです。

そこであなたの友達関係の中から広げるのです。

あなたの友達と好きな人と繋がってる人は誰でしょう。

そういう人をピックアップして近づいていくのです。

好きな人と繋がりそうな友達と仲良くなれば、

時間は多少掛かったとしても距離を縮めることができます。

 

友達に頼っていく方法の他には、

好きな人が部活や予備校などに入っていれば、

あなたも所属して近づく機会を作ってみることです。

そこからまずは友達として関係を築いていくことができます。

いくら見た目が良くても友達にもなっていなければ、

最終的に付き合うことなんて難しいところです。

 

普通なら友達の段階を経て、

距離を縮めて付き合っていくのが自然です。

まずは自然と会話をするような関係を目指し、

相手がどのような人か見極める必要があります。

 

会話をしてみて問題がなければ距離を縮めていきます。

それは相手の立場で考えても同じことが言えるのです。

どちらにしても時間を掛けて人となりを知ることです。

LINEなどうまく活用してお互いのことを知るようにしましょう。

 

 

【2】相談は噂が広まってしまう危険性

 

卒業までに好きな人と付き合いたいなら、

何もしないとそのまま会えなくなってしまうので、

卒業までに距離を縮めていく必要があります。

 

そこで一番頼りになるのは、

周りの身近な人に相談するというのがあります。

あなたも恋の悩みを友達に相談したりしませんか?

 

恋愛とは感情でするものだけに偏った考えになりがちです。

そのためにはニュートラルな考えをする必要があります。

ニュートラルとはどこか自分を冷静に見る視点のことです。

人間は主観的になると偏った考え方になってしまいがちで、

考えが偏り過ぎると好きな人に受け入れてもらえない・・・

ということになるのも頭に入れておく必要があります。

 

たとえばあの人は私のことが好きなんだと思い込み、

実際は友達としていい人程度に思われてただけなのに、

勘違いして入れ込んでそこに温度差が生じることで、

恋が実らないということは恋愛ではありがちです。

 

頭の中をニュートラルにするためには、

周りの人に自分が考えを相談するのが一番良いですが、

このときに重要なのが相談する相手を選ばなければ、

噂が広まってしまう危険性があるということです。

 

いくら卒業が近くて環境が変わってしまうとはいえ、

おかしな噂が広まってしまうのは嫌ですよね。

卒業まで凄く居辛い状態で過ごすことにもなります。

好きな人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

相談する相手として選びたいのは口が堅い人です。

クラスでもいるようなおしゃべりな相手に相談をすると、

ネットの掲示板に投稿されるのと同じぐらいの勢いで、

周りの人に噂が広まってしまうので要注意です。

 

また、他には噂話をめったにしないような人です。

このような人はそもそも噂話に興味がありません。

なのであなたの抱えている恋愛の相談事も、

他人に噂話を広めるようなことはまずしません。

 

なので噂好きとかおしゃべりな人に相談すると、

クラス中や学年中に広まってしまうと考えるべきです。

そういうものだと自分の中で決めておく必要があります。

そう考えることで口が緩んでつい相談するのを防げます。

 

 

【3】告白するなら彼と2人きりになること

 

好きな人に対して告白したい気持ちが強いなら、

何もせず後悔するよりは告白した方がよいでしょう。

そのまま卒業式をむかえて何もできなかった・・・

となれば会えなくなってしまうからです。

なので必要以上に焦ることはありませんが、

あまりのんびりし過ぎもまた問題があります。

 

告白するときの重要な見極め方ですが、

告白すれば好きな人が良い返事をくれそうだな・・・

とあなたが直感的なものを感じたときです。

 

うまくいきそうだと感じる可能性と、

うまくいかなそうだと感じる可能性が、

それぞれ50パーセントずつならば、

告白するのはまだ準備不足だと言えます。

 

少なくともうまくいきそうと感じなければ、

その不安な気持ちから失敗を招いてしまうからです。

自分に可能性を感じることが成功率を高めるのです。

うまくいきそうな可能性が80パーセントぐらいなら、

むしろ思い切って告白するべきとも言えます。

 

そこで告白するときの状況ですが、

女性であれば不安だからと友達と一緒に行き、

好きな人の前に行き告白をするようなことがありますが、

それって彼の立場からするとどう感じるでしょうか。

 

それよりも彼と二人きりの状況を作って告白をすべきです。

なぜなら、二人きりの方が真剣だと思ってもらえるからです。

友達に付き添われたらその友達が気になってしまいますし、

まるで自分に保険を掛けてるようで嫌に感じるものです。

 

それに彼としても友達が付き添いにいれば、

返事がしにくいのでウソの返事をする可能性もあります。

それはつまり恋が発展しないということになるのです。

このように、その場所に第3者がいることで、

マイナスに働く可能性があるので2人きりが良いのです。

 

告白するなら相手の立場を考えることが大切です。

クラスの中で人がワイワイ賑やかにしている中で、

告白されてきても真剣だとは考えられないからです。

 

 

【4】思いは直接会って伝えること

 

好きな人に告白をするのは恥ずかしいからと、

手紙で自分の思いを伝えようとする人がいます。

いわゆるラブレターの類がこれにあたりますが、

男性からすれば手紙をもらうことは嬉しいものの、

どのタイミングで返事をしていいのか分かりません。

 

結局返事をするタイミングを失ってしまい、

そのまま卒業して会えないかもしれないのです。

それよりは直接会って思いを伝えた方が、

その後に繋がる可能性は高くなります。

 

これは人間の心理的な効果と関係があります。

たとえば告白とは少し関係ない場面ですが、

仕事上でミスをしてしまった場合に謝罪するとき、

電話で謝るよりも直接会って謝罪を伝えた方が、

その後の相手との関係も良くなるものです。

 

相手の立場からみても、

自分のところまで直接会いにきてくれたのだから、

それだけ真剣なんだということが分かります。

ところが電話のみで謝罪をしたら軽く感じてしまい、

やっぱり反省なんてしていないだろうと誤解されます。

直接面と向って謝ることよりも手紙で謝った方が、

簡単に済まそうとしていると思われがちだからです。

 

告白をするときも全く同じ心理が働きます。

確かに好きな人を前にすると緊張するかもしれません。

けど相手の目の前で気持ちを伝えることは大切です。

だからこそ友達関係まで距離を縮めておくことなのです。

全く知らない人に自分の秘密を打ち明けるのは抵抗があります。

けど知ってる人ならその抵抗感はグッと下がってきます。

 

それに友達関係まで距離を縮めておけば、

告白しても大丈夫かどうかを判断することもできます。

わざわざダメ元で玉砕なってする必要もなくなるのです。

それよりは少し時期をずらしてから告白をする・・・

など冷静に判断して成功に近づくこともできます。

 

 

【5】後悔は残さないこと

 

好きな人と面と向かうときは、

頭が真っ白になってしまうほど緊張するものです。

緊張し過ぎると気持ちをうまく伝えられず、

マイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあります。

そのように考えればなかなか踏み込むことが難しいでしょう。

 

ですが、告白しないまま卒業してしまえば、

2度と会えない可能性も少なくありません。

彼が別の異性と付き合ってしまう可能性もあります。

そんなころになりたくないなら思い切った行動が重要です。

 

なぜ緊張するかをよく考えれば分かりますが、

告白して失敗したらどうしようという気持ちが緊張を招きます。

たとえば試験を受けるときに絶対に受かる試験であれば、

誰だって緊張する必要もなく合格もできるでしょう。

合格の可能性が100%でないときには緊張するものです。

 

人間はもともとネガティブに考えやすいもので、

緊張するとマイナスに考えてしまうようになります。

一度マイナスのことを考えてしまうと、

悪いことばかり連鎖することを想像してしまい、

結果的に悪い結果を生み出します。

 

失敗したらどうしようと考える気持ちは、

言い換えれば未来予知能力ともいえます。

通常、未来は暗いものばかりではなく、

明るい未来も想像することができるはずです。

 

明るい未来を創造するためには、

頭の中で「自分はうまくいく」と唱えることです。

意識して何度も繰り返し唱えれば、

結果はおのずとよい方向に転がりやすいです。

 

 

人生は思い切った行動が運命を決める

本日のまとめ:

  1. 友達関係でもないのにいきなり告白しても可能性は低い
  2. あまり周囲に相談し過ぎても噂が広まってしまう危険性もある
  3. 告白するなら付添いは頼まず彼と2人きりになること
  4. 手紙で告白するよりは直接会って思いを伝えること
  5. 緊張し過ぎて告白できなかったという後悔は残さないこと

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

人は思い切った行動をすることで、

その後の人生が大きく変わったりします。

 

たとえば生活が苦しいサラリーマンが、

思い切って副業にチャレンジして、

会社の飲み会もその他の無駄な付き合いも断ち、

チャレンジしたことに打ち込み続けた結果、

独立して全く違う生き方を手に入れるなどです。

 

やはり思い切った行動は人生を変えるのです。

 

好きな人が卒業してしまうことは悲しいですが、

けどいつまでも変わらない状況だと、

きっといつまでも同じ状態のままではないでしょうか。

そこで卒業というタイミングがあなたの背中を押し、

あなたを人として成長させてくれるのかもしれません。

 

好きな人と会えないというのは、

誰しもが経験していることですが悪いことではありません。

痛みを伴う経験もときが経てば人を成長させるものだからです。

思いを伝えたいなら思い切ってみることも大切です。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ