好きな人を振り向かせる「本音」を語れる女になる方法


好きな人を振り向かせる女になる方法

 

恋愛関係は、当然いきなりなれるものではありませんね。

あなたが好きな人を振り向かせるためには、

あることをする必要があるのです。

 

それは何かと言うと、

 

自分の秘密を打ち明けるということです。

 

人は、秘密を打ち明けてくれる人に信用を抱きます

このブログでも、テクニックだけじゃなく自分の本音が大切とお伝えしてきました。

その本質的な理由は、好きな人と強い「信頼関係」を築くためだからです。

 

その最も強力な手段というのが、自分の本音というところなのです。

 

あなたはウソをついているような人を信用できますか?

 

その答えは、とても簡単ですね?

 

あなたが好きな人を振り向かせるためには、

自分の秘密を打ち明けることが大切なのです。

スポンサーリンク

 

好きな人を振り向かせる本音の伝え方

 

では、何でも自分の本音を言えば良いというと、

実際はそういうわけでもありません。

 

それは、

 

あなたが彼の本音のどんなことが知りたいのか?

自分がどんな本音を伝えると彼は心を開きやすいのか?

 

そんなところもしっかりと考えていく必要があるのです。

そして、いきなり本音を語りはじめることも実のところNGなのです。

 

なぜなら、

 

ある程度の信頼関係を築いておかないと、彼にプレッシャーを与えてしまうからです。

 

まず友人関係というごく浅い人間関係からはじまりますね。

その中で少しずつ時間を掛けて会話をしながら信頼関係を深めていきます

 

このとき大切なのは、彼がホントに心を開いてくれているのか

というところをしっかりと的確に観察することです。

 

実は、彼があなたのことを信頼してくれていると判断する方法があります。

それは、言葉以外の「非言語」と言われる部分を観察することです。

 

彼が後ずさりをしたり、言葉を選んで話しているようだったり、

どことなく壁を感じたり、まだ受け入れてくれていないと感じるようであれば、

それは、まだまだ時間を掛ける必要があるということです。

 

恋は焦ってはいけません。

 

特に自分が言いにくいと感じるような本音を打ち明けていくのは、

より好きな人との親密度が高くなければ、むしろさらけ出してはいけないのです。

 

 

具体的にどんな方法で信頼を築く?

 

では、その前段階である信頼関係を築くにはどうすれば良いのでしょうか?

自分の本音を打ち明けてより信頼関係を築いていく状態にするには、どうすれば良いのでしょうか。

 

それは、

 

「聞き方」が最も重要なのです。

 

つまり、

 

「彼のことを私は受け入れています」というサインを送るには、

あなたが自分の「聞き方」を注意することが重要となってくるのです。

 

あなたが好きな人に冷たい態度をとられたときのことを思い出してみてください。

あるいは、好きな人以外でも冷たい態度をとられたときのことを思い出してみてください。

 

心臓の鼓動がドキドキ早くなって、不安がだんだんと積もって胸が苦しくなりませんか?

 

もしあなたが彼に、冷たい態度や冷たい声のトーンで話しを聞いてしまったら?

 

きっと、彼はあなたとの信頼関係を失い、距離をおいてしまうかもしれません。

 

だからと言ってテクニックを意識する必要はないのです。

シンプルに「私はあなたのことを受け入れています」という態度で聞いてあげることです。

 

笑顔にさせる人より、笑顔な自分になりましょう。

 

それがもっとも好きな人が安心できる聞き方です。

 

 

好きな人を振り向かせる方法は人間関係の基本

 

何事も自分にムリする必要はありません

自分にムリをしてしまうと卑屈になり、心に余裕がなくなってしまいます。

そうなると、せっかくの素敵な出会いも台無しとなってしまいます。

 

なので、今の自分にできることに意識を向けることが大切です。

 

なぜなら、

 

人はできることしかできないからです。

 

いきなり、有名人になれるわけがありませんし、

いきなり、メジャーリーガーになれるわけでもありません。

 

このような大きなことを成し遂げる人であればあるほど、

その陰では涙ぐましいほどの「今の自分にできる」努力をしてきました。

 

あなたの今の自分にできることはなんでしょうか?

もし、それを自分にムリすることなく続けることができるとしたら、どうなれますか?

好きな人を振り向かせて、素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ