元カレとよりを戻す方法を知りたい!確率を上げる5つのコツ


元カレ より戻す 方法

 

別れてしまったけどよりを戻したい・・・

毎日、元カレのことを思い出してしまい・・・

寂しくて辛くて仕方がない気持ちになってませんか?

元カレとよりを戻す方法は難しいものではありません。

 

今回は基本的な内容をお伝えしていきます。

基本といっても復縁の確率を上げる大切なことです。

まずはしっかりと基礎的な知識を固めてほしいと思います。

ぜひ、最後までよりを戻す方法についてご購読下さい。

スポンサーリンク

【1】彼の気持ちがリセットするまでの冷却期間を設ける

 

相手に不満があってもう付き合ってくことができない・・・

このように思ったからこそ彼と別れたにも関わらず、

いざ別れてしまうと後悔する人も多いのではないでしょうか。

時間が経つにつれて思い出がどんどん美化されていき、

どうして別れてしまったのだろう?と後悔する人もいますよね。

そんな思いから復縁を望む人も多いのですが、

残念ながら同じ気持ちを相手も抱いているとは限りません。

 

どんな別れ方としたとしても、

今まで付き合ってきた人と別れたことによって、

多少なりとも喪失感を感じるものです。

そして冷静になって思い出が美化され始めることによって、

初めて相手の大切さに気付くということもあるでしょう。

そうなってからが元カレとよりを戻す絶好のタイミングです。

このタイミングを作り出すことができれば、

復縁を成功させることができる確率も高まっていきます。

 

彼に別の好きな人ができてしまう前に、

よりを戻したいと思って後悔するのも仕方ありませんが、

焦っても相手は受け入れてくれません。

特に喧嘩別れをしてしまった場合であれば、

元カレはまだあなたに対して腹を立てているかもしれませんし、

どんなにやり直したいと言われても、

その気持ちが心まで届かない可能性があります。

 

気持ちをリセットさせて、

冷静に考えることができるようになってもらうためにも、

少し冷却期間を置いてお互いの大切さが、

改めて分かってから行動に移すというのが有効な方法なのです。

 

 

【2】彼の視点で考えた空気を読んだメールを送る

 

別れを決意する理由はカップルによって様々ですが、

もしも喧嘩をしたわけでもないのに、

彼から一方的に別れを切り出してきたならやり直すのは難しいです。

それはあなたに対して気持ちがなくなっていたり、

他に好きな人ができたなどが理由で、

あなたを彼女として受け入れられなくなってしまったからです。

 

それにも関わらずよりを戻したいからと言って、

メールや電話でアプローチをかけたりすると逆効果となってしまいます。

彼の方が明らかにあなたを避けるような別れ方をしたのであれば、

素直に受け入れて諦めることも大切です。

 

しかし仕事が忙しくてなかなか会うことができなかったり、

ちょっとしたすれ違いが重なってしまったなどの理由であれば、

彼も別れたことを後悔している可能性があります。

ではどのような方法でよりを戻すことができるのでしょうか。

 

それは最初のアプローチとして、

大切なのは空気を読んだメールを送るということです。

彼も別れたことを後悔していたとしても、

復縁までは望んでいない可能性もあります。

そんな彼に対してやり直したいという意思を

素直に伝えれば良いというものではありません。

 

別れてしまった以上彼はすでに元カレとなっているので、

その視点で気持ちを考えた短文のメールを送ってみましょう。

喧嘩をしたのであればよりを戻すためのメールではなく、

仲直りをするためのメールと捉えてもらい関係修復をはかれば、

それが良い方向へと導いてくれるかもしれませんよ。

 

 

【3】元カノであることのプライドを捨てること

 

どんなに愛し合った関係だったとしても、

別れてしまえば、それはもう過去の話です。

2人の関係に亀裂が走ったからこそ、

別れるという結末を迎えてしまったのですから、

それが現実なのだと受け入れなければなりません。

 

よりを戻したいと考えている女性は、

前に付き合ってたんだから私のことを嫌いになれない・・・

なんて軽はずみに考えてしまいがちですが、

元カレにとって既に顔見知り程度の人でしかありません。

元カノだから大丈夫、また好きになってもらえる・・・

と思っているなら、それは大間違いなのです。

 

女性は今までの恋愛を上書き保存していきますが、

男性というのは今までの思い出を

アルバムのように個別に保存する傾向にあります。

まだ思い出を上書きされていない女性側からすれば、

別れても自分はまだ彼にとって特別な存在・・・

このように思ってしまいがちですが大間違いです。

 

男性からすれば、

既に思い出となって記憶の中にしまい込まれているので、

今まで付き合ってきたからと言って特別ではないのです。

再び女性として見てもらいたいと思うのであれば、

過去の自分よりも魅力的な人間にならなければなりません。

 

過去の自分にこだわるのではなく、

新しい自分で彼に認めてもらうことができなければ、

元カレとよりを戻すことも難しいでしょう。

復縁を望むのであれば元カノとしてのプライドを捨て、

初めて会った人と同じように、

一から関係を築いていく覚悟で臨まなければ、

どのような方法をとってもよりを戻すことはできません。

 

 

【4】メールはきっかけで全ては会ってから伝える

 

よりを戻すために元カレにアプローチをかけるものの、

復縁できなかったという失敗を経験する女性も多いでしょう。

その失敗の原因はいくつか考えられますが、

多くの女性が間違えてしまうのが、

メールですべてを解決させようとするということです。

 

付き合っている間であればデートに行ったり、

会いたくなったからという理由だけで会うことができてたのが、

別れた後に2人が会する機会なんてあまりありませんよね。

そのためメールによってきっかけ作りを行う人は多いですが、

そのままメールでやり取りを続けて、

全てを解決させようとしてしまう女性も多いのです。

こんな方法で成功するほど復縁は簡単なことではありません。

 

メールというのはとても便利なコミュニケーションツールです。

好きな時にメッセージを送ることができ、

返信も自分の好きなタイミングで行うことができます。

面と向かって話しづらいこともメールであれば、

話すことができるという人も多いでしょう。

 

直接話すよりも素直になることができる・・・

という点ではとても良いものなのですが、

それでは全てが伝わりません。

メールを送るタイミングと見るタイミング、

そして返事をするタイミングの全てにタイムラグが生じ、

同じ時点での気持ちを伝え合うことができないのです。

 

また相手の表情や声のトーンなど、

言葉以外から感じることができる相手の感情を

読み取ることが一切できないのはメールのデメリットです。

きっかけ作りをするには最適な方法ですが、

それだけで全てを片付けようとするのはやめましょう。

 

 

【5】気付けば傍で支えてくれる関係性だけど距離感は慎重に

 

付き合っている間であれば、

お互いを近い距離で支え合うことができる関係で、

何よりもそれを疑う必要もなかったのですが、

一度別れてしまうとその距離感はとても難しいものになります。

 

今まで通り近い存在になることはできませんし、

だからと言って遠すぎると他の女性が入り込む可能性もあります。

よりを戻したいと思ってすぐに関係を修復することができれば、

元カレとの復縁で悩む必要なんてないのですが、

元カレと冷却期間を置いたりしていると待つことも大切ですよね。

 

よりを戻すことに成功させるための方法はいくつかありますが、

確率を上げる方法として有効なのは、

気付けば傍で支えてくれる存在になることです。

やり直したいのであればある程度積極的に、

アプローチをすることが大切ではありますが、

押しが強すぎると元カレも引いてしまいますし、

場合によってはストーカーだと思われてうんざりされてしまいます。

 

そうなってはもうやり直すことは不可能になってしまうので、

ある程度の距離感を保つことが大切です。

元カノだからと油断して距離を詰めるのではなく、

押しと引きを上手に使い分けて、

今まで通り彼の心に寄り添うことができるような存在で、

居続けることが大切なのです。

 

心地よく最適な距離感というのは、

人によって異なるので正解を一概に言うことはできませんが、

彼にとって丁度いい距離感を慎重に探っていくことができれば、

彼もあなたの存在の大切さに気付き復縁を成功させやすくなるでしょう。

 

 

結局はどちらかが歩み寄らないと寄りは戻らない

本日のまとめ:

  1. 彼の気持ちがリセットするまでの冷却期間を設ける
  2. 彼の視点で考えた空気を読んだメールを送る
  3. 元カノであることのプライドを捨てること
  4. メールはきっかけで全ては会ってから伝える
  5. 気付けば傍で支えてくれる関係性だけど距離感は慎重に

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか。

恋愛は初めて出会ったときもよりを戻すときも、

共通して言えることがあります。

 

それはどちらかが歩み寄ることで成就できる。

 

ということです。

最初は誰もが片思いからはじまります。

振り向いてもらうには歩み寄らなければいけません。

そのときに失敗してしまうのは自分の思い込みなんですね。

恋は盲目とよく言われますが恋愛は感情でするものだけに、

どうしても自分の思い込みが先走ってしまうものです。

これを知ってるだけでも随分冷静になれると思います。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ