片思いの男性に正月メール&LINEを送って好感度UP5パターン


片思いの男性に正月メール&LINEを送って好感度UP5パターン

 

片思い中の女性にとって正月というイベントは、

気になる男性にメール&LINEを送ることができるチャンスでもあります。

しかし、どんな内容を送るかに困っていませんか?

 

前回は、年末に片思いの男性にメール・LINEを送るときに心に響く5つのことにて、

年末、大晦日に片思いしている男性にメール・LINEを送るときの内容について、

年末だからこその恋愛メール戦略をお伝えしました。

こんどは、年が明けた正月のメール&LINEの恋愛戦略についてです。

 

年が明けて送るメール&LINEと言えば「あけおめ」メールですね。

ここでの送り方次第では、気になる彼を意識させることもできるかもしれません。

早速、好感度UPのメール&LINEの送り方を紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】昼間の時間を避けて夜に送る

 

あけおめメール&LINEは正月、0時から日中に掛けて普通に送るものだと思います。

ですが、片思いしている彼に普通に送ってしまっては印象には残り難いです。

 

なので、

 

あえて1日の夜になってからあけおめメール&LINEを送るようにします。

そうすることで、あなたの送るタイミングが良いと好感度が上がるでしょう。

 

 

【2】気持ちをあまり出し過ぎないこと

 

正月や年末などイベントでは、そのイベントを活用して行動することがでいますが、

その分、冷静さを失いやすいことも頭に入れておく必要があります。

特に恋愛は感情が揺れ動きやすいので、自分を見失いがちです。

 

そこで、自分の気持ちを出し過ぎてしまうと恋が実らなくなることも・・・。

片思い中では、自分の気持ちがバレてしまうことに注意しましょう。

その方が、後々になって彼と距離感を縮めることが難しくなってしまいます。

 

 

【3】年明けらしく明るい雰囲気で

 

あけおめメール&LINEは明るい内容が基本です。

たとえ途中で少しテンションが沈んでしまいそうになっても、

最後はプラスで終えられるようにしましょう。

 

最後はプラスで終えるということは、

簡単に言うとポジティブな内容で締めくくるということです。

簡単に気持ちを添えるだけでも十分なのでしっかりと意識しましょう。

 

 

【4】またメール&LINEをしたくなるような展開に

 

片思いしている男性と楽しくメール&LINEができると、

ついつい何度もキャッチボールをしたくなってしまいますね。

そのまま熱が冷めてきても、終わりを惜しんでずるずると・・・

 

しかし、

 

ここで、次回も続けられるようにするために、

会話の熱が冷めてきだしたのを感じたら、

あなたから終わりを切り出すようにしましょう。

ここで、「次は○○について話したい」「○○に行ったこと教えて」など、

次回をほのめかす内容のプラスのかたちで終えると好感度UPで次に繋がります。

 

 

【5】聞き役は基本であり情報収集

 

やはりモテる女性は聞き上手です。

それは実際の会話でもメールでも同じことが言えます。

彼の興味のあることなど、しっかりと耳を傾けるようにしましょう。

 

そして、

 

聞き役のもうひとつの利点は、彼の好みや趣味が知れるということです。

つまり、彼の趣味にあなたが合わせることで彼の気を引くことができるということです。

ここはしっかりと聞き役になってどんどん彼の情報を聞き出していきましょう。

そうすれば恋のライバルはもういなくなってしまいます。

 

 

片思いの男性と正月を楽しもう

 

年のはじまりは、やはり幸スタートを切りたいものですね。

そのためにも、しっかりと恋の戦略を練って彼を気を引くことが大切です。

特に聞き役というのは、基本でもありますが、

会話と言うのは、実は聞き役側がリードしているものです。

 

なぜなら、

 

聞き役は「質問」を行うからです。

 

この質問の仕方でどの方向でも持っていくことができるという、

まさに会話の主導権を握っていることになります。

彼にたくさん話しをさせて舵どりしていきましょう。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ