片思いを成就するためのLINEで気をつける7つのことPart1


片思いを成就するためのLINEで気をつける7つのこと

 

この記事を読んでいるあなたは片思いの恋を成就したい人かもしれません。

気になる人に恋心を抱いていると、LINEではついつい過剰にやりとりしたり、

自分のことを中心に話し過ぎたりすることがあります。

 

もちろん話が弾むことはとても良いことだと思います。

話が弾めばそのまま進展して片思いが成就することもあるでしょう。

 

しかし、どちらにしてもLINEでのやりとりにおいて、

少しでも嫌われないように注意しておく点を知っておくことは、

片思いの状態に限らず、付き合っている状態であっても大切です。

 

そこで今回は、片思いを成就するために、

LINEのやりとりではどんなことが相手に嫌われやすいのか?

またメールにおいても同じことが言えますので、

メッセージの送り方についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

1、疑問形ばかりのメッセージ

 

昔から会話を繋げる手段として、疑問形を使うことはよく言われていました。

僕も友人に、

 

「女の子と仲良くするにはどうすればいい?」

 

と相談したら、

 

「疑問形で返すと繋がるからいいよ!」

 

とススメられて頑張っていたことがありました。

 

ですが実際のところは、あまり質問しすぎることは、

かえって面倒だと思われてしまうようです。

なぜなら、返事を返さなければいけないというプレッシャーがあるからです。

メッセージを送る上で大切にするべきなのは、

 

相手に重たく感じさせないこと

 

このことが非常に重要になります。

なので、すぐに途切れてしまったとしても、

重たく感じさせるよりは遥かにマシと言えます。

そこを注意しておくと、次へのチャンスも出てくるでしょう。

 

 

2、自慢話をしてしまう

 

ついつい自分のことを話したくなってしまうことってありますね。

自分のことを話すというのは、とても気持ちの良いことかもしれません。

しかしそれは、相手にとっても同じ意味だと言うことでもあります。

 

相手のことを気分良くさせてあげること

 

この意識を大切にしていれば、

ついつい自分のことばかり話してしまうことに気づき、

相手の話しに耳を傾けて、会話のバランスが取れるようになります。

 

「この人なんだかウザいなぁ」

 

なんて密かに思われてしまっては勿体ないことです。

なので話しを聞く姿勢を大事にしましょう。

 

 

3、「今、何してるの?」

 

あなたがまだ親しい関係でないならば、

これは気をつけておきたいメッセージのひとつです。

なぜなら、自分のことを気にかけられていると分かったら警戒されてしまうからです。

 

メッセージのやりとりで最初に気をつけることは、

自分の気持ちと相手との気持ちに少なからずとも温度差があることに気をつけることです。

なので相手の気持ちと合わせる意味でも、

好きな気持ちが強くても最初の段階ではフランクに接すること。

 

重たい相手だと思われてしまうことに気をつけましょう

 

人は他人に詮索されることを嫌います。

 

「この人、良い人だな」

 

とせっかくポイントを稼いでいたとしても無駄になる可能性もあるのです。

あなたの片思いを確実に成就させていくためにも注意しましょう。

 

 

片思いを成就~まとめ~

 

相手に悪い印象を与えてしまっては、

その印象を変えることは恋愛ではむずかしくなってしまいます。

一度築いてしまったイメージはなかなか変えられないものなのです。

 

良い印象を与えるために、

そしてあなたの片思いを成就させていくために、

LINEやメールでのやりとりをぜひ気をつけてください。

片思いが成就できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ