片思いがつらい…好きな男性を考えると胸が苦しいとき


片思いがつらい…好きな男性を考えると胸が苦しいとき

 

片思い中はつらいと感じるときがありますね。

好きな男性に振り向いてもらえないととてもつらいですね。

このままだと、日常生活にも支障がでてくるかもしれません。

一体、いつになったら気持ちがラクになれるのでしょうか…

 

前回は、片思いがつらい人へ、職場での恋愛を成就させる3つのコツにて、

職場での片思いがつらい人へある提案をさせて頂きました。

今回は、好きな男性を思うと胸が苦しくて、

つい先走ってしまうことへの対処としてお伝えさせて頂きます。

 

恋愛とは、

まず人を好きになったときから、

好きな男性のことを考える時間が増えていきますね。

時間に余裕さえあれば自然と頭の中に浮かんでくることでしょう。

 

ここで気持ちが一人歩きしはじめることがあります。

そして相手の気持ちがまだ充分に熟していない状態で、

焦って告白して失敗してしまうケースも少なくありません。

 

だからこそ、

 

常に相手を観察する

 

という姿勢が大切なのです。

それは、相手がどのような考えや気持ちでいるのかを知るばかりではなく、

あなたの気持ちが一人歩きして彼との足並みを乱さないためでもあるのです。

 

このサイトに訪れて、この記事を読んで頂いているあなたは、

行動の前にまず冷静に様々な角度から見つめようとされている傾向があります。

だからこそこのサイトに訪れたのだと思います。

なので気持ちが一人歩きする前に、一呼吸置いて行動される方だと思います。

スポンサーリンク

 

恋の温度差を縮めることが大切

 

あなたと彼との気持ちは、どれだけの温度差があるでしょうか?

そんなことはないと思いたいかもしれません。

 

ですが、

 

人は他人を100%理解することはできない

 

という事実を知っておく必要があります。

 

たとえば、

 

家族は生まれたときからの人間関係です。

そんな生まれたときからの人間関係でさえ、

すれ違いやケンカすることは程度の差こそあれ、

どこの家庭でも存在するものではないでしょうか。

 

これは家族である前に一人の人間であるということの何よりの証拠です。

 

どんな人間関係においても、お互いにまず一人の人間である

 

ということを知っておかなければいけません。

片思い中の場合でも、彼の存在はまず一人の人間なのです。

一人の人間である以上、あなたとの気持ちに違いがあって当然なのです。

 

そしてそれを気持ちの温度差と言います。

 

片思いに限らず恋愛全般において、

温度差を上手く調節することはかなり重要です。

 

なぜなら、

 

温度差が激しくなると気持ちのすれ違いが生じるからです。

 

その結果、お互いが離ればなれになってしまいます。

片思いの彼とそんな状態になるのは嫌ですよね?

それなら尚のこと、温度差があることを自覚しなければいけません。

ではその温度差をどう埋めていくと良いのでしょうか。

それは、次回にしたいと思います。

 

あなたとあなたの好きな男性との温度差はどのくらいあるでしょうか?

少し冷静になって考えてみてください。

あなたの片思いが成就できることを祈って次回もご紹介します。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ