付き合ってないのに嫉妬してしまう女を卒業する4つの教え


付き合ってないのに嫉妬してしまう女を卒業する4つの教え

 

片思いしている男性が他の女性と仲良くしているのを見ると、

つい嫌な気持ちになってしまい、そんな自分も嫌になりませんか?

どうすれば付き合ってないのに嫉妬することをやめられるのでしょうか。

 

前回は、なぜ片思いはこんなに不安になるの?辛いときの心の処方箋にて、

片思いというまだ振り向いてくれないときは不安になりやすいですが、

不安の正体を理解して辛さと向き合う心の処方箋をお伝えしました。

今回は、付き合ってないのに嫉妬することについてです。

 

気が付くと彼のことを考えていたり、

彼のことがずっと頭から離れられなくなったり、

ついつい彼を目で追ってしまっていたり、

彼が他の女性と仲良く話している姿をみて嫉妬してしまったり、

 

片思いは苦しいこともたくさん味わいますね。

まだ付き合ってないのに嫉妬してしまう自分が嫌になることもあります。

僕も好きな女の子が他の男性と仲良く話している姿を見ると、

特にその女の子が笑顔だったりすると嫉妬の気持ちが出てきます。

 

嫉妬とは言い換えると焼きもちのことであり、

そして実は嫉妬することが問題なのではありません

 

だけどどうしても嫉妬してしまうのをやめたい・・・

これを読んでいるあなたは今この瞬間は冷静でいられても、

いざ彼といるときは感情に振り回されることに悩んでいるかもしれません。

付き合ってないのに嫉妬する感情とどう向き合えばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

 

【1】好きになったら嫉妬して当たり前

 

実は嫉妬というのは自然な感情です。

だけど嫉妬そのものの正体ってよく分かりませんよね。

胸の奥から焦りのような痛みのような嫌ぁな苦しい感覚が出てきます。

 

それは怒り、悲しみ、傷付いた、憎しみ、敗北感、拒否された、

無価値観、虚しさ、惨めさ、競争心、依存心、欲しい気持ちなど、

このような感情が混ざり合って嫉妬が生まれるからです。

つまり単一の感情ではなく複数で混合してるので分かりにくいのです。

 

そして嫉妬の特徴は誰かに影響されて出てくるということです。

 

つまり嫉妬とは誰かと比べている状態なのです。

「私よりあの女と話している方が楽しいの?」なんて感じてませんか?

もし分からなくても嫉妬が出てくるなら無意識に反応しています。

 

他の女性と仲良くしている姿を見ると自分は大切に思われていない・・・

彼にとって私はあの女より価値が低いと思われてるんじゃないだろうか・・・

このように他人と比べてしまって負けたように感じてしまうのです。

 

 

【2】感情に振り回されることが問題

 

ですが先にお伝えしたように、

嫉妬という感情はごく自然な感情です。

どんなに頑張ってもこの感情を無くすことは不可能です。

 

ですが嫉妬という感情は恋愛においてマイナスに作用してしまいます。

特に付き合ってないのに嫉妬してしまうとチャンスを失ってしまいます。

そこえ「コイツ可愛いな」なんて思ってもらえることは稀なケースなのです。

もし片思いの状態で彼に伝わってしまったら避けられるかもしれません。

そんな更に辛い思いなんてしたくはありませんよね。

 

問題は嫉妬することがいけないのではなく、

嫉妬したときの感情に振り回されてしまうことが原因なのです。

 

もし嫉妬の感情が出てきても自分をコントロールすることができれば?

「あ、出てきてる」と感じながらも笑顔で接することができるとしたら?

 

あなたは嫉妬する場面に限らず人生のあらゆる場面で冷静になれます。

そうなると自らチャンスを失うようなこともしなくて済みそうですね。

ではどうやってそうした自分になることができるのでしょうか。

 

 

【3】身体の感覚に集中してみる

 

嫉妬してしまう女を卒業するのは極めてシンプルです。

嫉妬の特徴とは誰かに影響されて出てくると言いましたね。

誰かと比べて誰かに認められてないから嫉妬は出てきます。

つまりその”誰か”をやめることが鍵となります。

 

それはつまり嫉妬したときは誰かに意識が向いているので、

嫉妬の感情が出てきたときに自分の身体の感覚を意識的に感じるのです。

 

何も考えずにたったそれだけのことをするだけです。

なぜなら感覚に意識を集中することで「認める」ことができるからです。

人に認めてもらうのではなく、自分で自分を認めるのです。

 

よく人前で話しをするときに緊張すると、

「ああ、ダメだ、いけない!」とつい思ってしまいませんか?

ダメだダメだと思えば思うほどダメに気持ちがフォーカスされていきます。

だけどそんなときに反対の良い状態なんて感じようとしてもむずかしいです。

だからこそ、何も考えずただ今感じている感覚に意識を集中するのです。

 

これは数週間、数ヶ月と時間の掛かることですが、

人生という長いスパンから見ると力強い財産となります。

 

 

【4】自分をコントロールできれば平気になれる

 

感情を根本的に見つめるということは時間が掛かりますが、

自分をうまくコントロールできれば人生はより楽しくなると思いませんか?

 

ただ何も考えず今この瞬間に感じている感覚に意識を向けるだけ。

 

たったこれだけのことを意識するだけで、

気が付いたときには自分の性格が変わっていくのです。

実は人の性格とは環境に影響されて無意識に変化しています。

 

きっとあなたの好きな人も最初と今とで感じ方に違いがあるはずです。

最初の頃よりもいろんなことを知れてより好きに感じてませんか?

嫌いな人も最初より更に嫌いに感じることもよくあることです。

 

このように嫉妬の感情と向き合ってみてはいかがでしょうか。

付き合ってないときこそ良いチャンスだと思います。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ