初デートの食事で彼に喜ばれる心掛けておきたい女性の3つのマナー


初デートの食事で彼に喜ばれる心掛けておきたい女性の3つのマナー

 

好きな人との初デート、そして食事。

ここでも、どんな対応をするべきか悩んでしまいますね。

素敵な1日にするために、どんなことを心掛ける必要があるのでしょう。

 

前回は、初デートの服装で女子が心掛けるべき5つのポイントにて、

初デートでの服装では、どんなことを意識して選ぶことが大切なのか、

男性がエスコートしたいと思いたくなるような服装の考え方を紹介しました。

今回は、初デートでの食事のマナーについてです。

 

初めてのデートでは、

食事の仕方にも、気を付けたいところでもありますね。

片思い中の好きな人からの食事の誘いは、尚更ではないでしょうか。

ここでの食事の対応で、今後の2人の関係に大きく影響してくると思います。

特に女性で心配することの項目では、

 

  • 食べ方などの食事でのマナー
  • 緊張して会話が続かない
  • 歯や口元に料理がくっついてしまう
  • 遠慮してメニュー選びが気になってしまう

 

このようなところではないでしょうか。

今回紹介する内容で気になるところは事前に想定しておき、

彼に喜んでもらえるような食事を心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

【1】食事のマナーは楽しそうに食べること

 

「彼より、いっぱい食べないように・・・」

「女性らしい綺麗に食べ方をしないと・・・」

「どんな会話をしたらいいんだろう・・・」

 

食事をしながら、あれこれと考えてしまうと、

せっかくの初デートでの食事を楽しむことはできません。

食事の仕方そのものや会話の内容を考えるよりも、

 

「わあ、すごい」

「これ、おいしいね」

「今日1日、ホントに楽しいね」

「ありがとう、うれしい」

 

このようなリアクションをしてくれる方が、

男性はよっぽど嬉しいに決まっています。

 

なぜなら、

 

男性がデートに誘う理由は、彼女に喜んでもらうためだからです。

 

その男性の思いに応えてあげることが女性のマナーです。

楽しそうに食べて、嬉しい気持ちをしっかり表現してあげましょう。

 

難しく考える必要なんてありません。

食事のマナーは最低限程度に考えて、彼との食事の時間を楽しむ。

これが一番重要なのです。

 

 

【2】食事中は沈黙になっても良い

 

特に初デートだからと、

食事の時間も何か話さなければと深刻に考える必要はありません。

食事のときは、会話のことを考えるのはやめて、

 

楽しい雰囲気を演出することに意識を向けましょう。

 

なぜなら、

 

楽しいという身体の使い方をすると、自然と気持ちもそうなるからです。

そうなると、彼にもその楽しいが伝染してリラックスして食事が楽しめます。

なぜ、何か話さなければと思ってしまうのでしょうか?

 

それは、

 

食事の時間を楽しい気持ちにしたいからではないですか?

 

ならば、会話の内容などに意識を向けるより、

あなた自身が楽しい雰囲気を演出する方が効果的です。

 

これは「フェイク・イット」と呼ばれる、成りたい自分を先取りする方法です。

楽しい雰囲気にしたいなら、既に楽しい雰囲気を身体で表現すれば良いのです。

仮に、気持ちがついてこないとしてもずっと演じ続けることです。

 

女優が役を演じるように気持ちを込めれば大丈夫です。

 

 

【3】スマートなおごられ方をしよう

 

「おごられて当然」

「自分からは出したくない」

 

という気持ちがどこかにあるならば、

それは、男性もはっきりは分からずとも違和感を抱いているはずです。

もちろん、男性は女性をエスコートするべきではあります。

 

ただ、

 

それが当たり前のような気持ちにならないことです。

 

それよりも、

 

あなたのことをエスコートしてくれる素敵な男性に、堂々と従いましょう

 

それが、素敵な女性の役割ではないでしょうか。

仮に割り勘を言いだすような男なら、素直に従って捨てればいいのです。

特にお店のカウンターではカッコつけて、後で徴収するダサい男は尚更です。

 

あなたは、あくまで素敵な女性であるべきです。

つまらない男と同じ土俵に立つ必要はないのです。

 

どのような対応をしてきても素直に従って、

ダメだと判断したなら、もう二度と会わなければいいのです。

そこに迷う必要はありません。

 

 

デートの食事はいつでも楽しむことがマナー

 

初デートではドキドキするし、楽しみだし、

考えるだけで気持ちが高まってきそうですね。

まるで今までの自分から、一段階段を上ったかのようです。

それだけ、好きな人との初デートは特別だと思います。

 

ここで1つ、お伝えしたいことがあります。

 

それは、

 

初デートだからこそ、慣れないことがたくさんだと思いますが、

全ては、冒険をするかのように不安な気持ちさえも楽しむことです。

 

甘い時間は素敵で良いのですが、

酸っぱい時間も、それはそれで味わい深いものです。

 

そこで味わう全ての気持ちを楽しみましょう。

素敵なデートができることを祈っています。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ