好きな人が他の女を褒める5つの心理!知られざる男の本音


他の女 褒める 心理

 

付き合っているにも関わらず、

自分の前で他の女のことを褒めるのって気分がよくないですね。

怒りや不安、それに敗北感や嫉妬など複雑な気持ちになりますね。

なぜそんな無神経と思える行動ができてしまうのでしょう。

 

前回の男性が求める性的魅力のある女性の7つの特徴では、

男性は女性を見た目で判断する傾向がありますがそれだけじゃなく、

男性がどこに性的魅力を感じるかのポイントを7つお伝えしました。

今回は、他の女を褒める男性の心理についてです。

 

付き合ってるカップルの中でも、

彼が他の女のことを褒めても気にしない女性もいるでしょう。

けど、そんな割り切れる気持ちになるのは難しいですね。

 

ならば、せめてそのときの男性の心理が理解できれば!

 

少しは彼に対する見方が変わって気持ちも落ち着くかもしれません。

いつも不安や嫉妬で振り回されるなんて絶対に嫌ですよね。

男性は客観的で、女性は主観的に物事を見る傾向があります。

つまり自分に置き換えて考えるので理解できなくなるのです。

そんなあなたに他の女を褒める男の本音をお伝えします。

スポンサーリンク

 

【1】愛されてることを確認したい

 

人は自分が愛されていることや信頼されていること、

このような信じ続ける気持ちを持ち続けたいと願っても、

なかなか自分の理想通りにはいかないことも多いです。

 

好きだからこそ疑ってしまうことってありませんか?

 

そんなときは愛されてることを確認したくなりますね。

たとえばちょっとした嫌がらせをして相手を困らせることも、

その反応を伺って遠回しにどう思ってるか確認してしまうのです。

本当は素直な気持ちを伝えたいけどつい反対の行動をとるのです。

 

なので目の前で他の女を褒めるというのは、

自分のことをどう思ってるかの確認をしたいからです。

これは他にはからかうとかいじめることもそうですね。

 

 

【2】女性の心理を全く理解していない

 

男性は女性の気持ちを理解するのに苦悩しましすし、

女性も男性の気持ちを理解するのに苦悩しますね。

だからこそ男性心理を知るためにネットや本などを頼りにし、

相手の気持ちやさらに奥の本音を知りたいのではないでしょうか。

 

けど全く何の気なしただ思うがままに行動する男性もいます。

 

つまり何も考えていないということです。

意外とそんな男性の考えてることって分からなかったりします。

普通なら恋人や好きな人の前では言葉や態度を考えます。

ましてや目の前で他の女のことを褒めるなんてあり得ないですね。

 

「可愛いね!いいなぁ!」

 

テンション高めで楽しそうだと余計に複雑になりますね。

けど褒めることと恋愛感情とは得てして別だったりします。

なので罪の意識がないからこそ平気で言えたりします。

逆に後ろめたさがあるなら表立っては表現しないものです。

 

そんな男性は相手の気持ちにどうしても鈍いです。

なのであなたが素直に思っていることを伝えるのも大切です。

けど注意なのは決して攻撃的な言動は慎むことです。

その場そのときに感じたありのままを伝えるようにし、

相手をコントロールしようとは思わないことです。

 

 

【3】別れるための口実を作ろうとしている

 

これは最初から遊び目的の遊び人の男だけじゃなく、

最初は真面目に付き合ってても途中で飽きてたとか、

または付き合っている中で価値観の違いが見えてきたとか、

何らかの理由で別れるための口実の表れだったりします。

 

他の女を褒める以外に不審に感じることはありませんでしたか?

 

もしいくらかの点が浮上するようでしたら、

もしかすると別れる口実を探している可能性もあります。

なぜなら、相手から嫌われる方が別れるのが楽だからです。

これは恋愛を戦略的に考える思考タイプの男性に多いです。

 

気になる女性を落とすために言葉巧みに誘ってきたり、

隙を見つけてボディタッチをしてOKなら徐々に責めるなど、

恋愛を戦略的に攻略することを楽しむ男性も世の中にはいます。

そして釣った魚に餌を与えないように手にしたら飽きるのです。

 

 

【4】不満を間接的に伝えている

 

「もっと可愛くなってくれればいいのに・・・」

「なんで綺麗になる努力をしてくれないんだろう・・・」

「もっと頑張ってくれればこっちもやる気になるのに・・・」

 

こうした密かな不満を間接的に伝えるパターンもあります。

決して別れようというつもりもなくずっと一緒にいたくても、

やはり気になる部分があれば目についてしまうものです。

 

けど直接言って傷付けたくないし、ケンカもしたくない。

 

そんなときにどうしていいか分からず、

つい溜まった思いが目の前で他の女を褒める行動に出ます。

自分でも少し気を抜いてるなぁって感じることはありませんか?

 

これってなかなか気付けないことだったりするので、

少しでも思い当たる節があればあなたから聞いてみるのもアリです。

やはり自分の彼女にはいつまでも可愛くあってもらいたいものです。

付き合っててもお互いの気持ちの確認は大切ではないでしょうか。

 

 

【5】ただ素直にそう感じただけ

 

これは【2】の項目と似てはいますが、

本質的な思いの部分に大きな違いがあります。

 

たとえば素晴らしい才能を持った人に出会うと、

それに心から感心してその思いを伝えるなどがそうです。

素晴らしい歌唱力のミュージシャンの歌は聞き惚れてしまいますね。

そのときはただ素直に素晴らしいという気持ちが生まれませんか?

 

つまり心から感動したということです。

 

それが偶然異性なら他の女を褒めるように見えるのかもしれません。

結論としては相手の能力や才能に対して褒めてるということです。

それが美人なら美人であることを褒めることもあるでしょう。

美人を褒めるのは男性は視覚から得る情報が多いからです。

 

女性は聴覚を中心に外部からの情報を取り入れます。

よく意気投合した女性同士だとおしゃべりが弾みませんか?

それこそがまさに聴覚優勢であることの何よりの証拠です。

優先感覚の違いもまた理解し難い理由になっているのです。

 

 

人は身近な人の癖が無意識に伝染するもの

 

好きな人が他の女を褒めることが嫌に感じる・・・

それってあなた自身に思い当たる節はありませんか?

 

彼の行動はもしかするとあなた自身の映し鏡かもしれません。

 

よく「鏡の法則」という言葉があります。

これは自分の思いが目の前の現実を創っていることです。

自分は不幸と思えば仕事も恋愛もパッとしなくなりますし、

反対に人に恵まれてると思えば良い仲間や良縁に恵まれます。

 

これは潜在意識レベルの話なので自覚し難いのです。

なのでネットや本で読んでもあまりパッとはしません。

自分が経験してやっと自覚できるレベルのことだからです。

 

となると彼の目の前で他の女を褒めるというのは、

自分の複雑に感じる感情の他にどのような意味があるのか?

先ほども言ったように自分に思い当たる節があるかもしれません。

 

けど出来事には必ず意味があるので、

少し視点を変えて考えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

女性として成長できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ