片思い中の男性のLINEを自然な気持ちで交換するには?


片思い中の男性のLINEを自然な気持ちで交換するには?

 

勇気を出して好きな人にLINEの交換をお願いしてみる・・・

こんなことができれば、あなたも苦労はしないですね。

もし自然と片思いの男性とLINEのIDを交換することができれば?

実はちょっとした簡単な方法でそれが可能になるのです。

 

前回は、遠距離でのLINEで片思い男性との距離を縮める7つの心得にて、

遠距離ではLINEやメールなどのツールの活用が欠かせなくなりますが、

これを知らないと自然消滅の危機になる心得についてお伝えしました。

今回は、片思いしている男性とのLINEの交換についてです。

 

今の時代でLINEやFacebookなどのアプリは、

恋愛においてはなくてはならないツールとなっています。

しかし、こうしたアプリのIDの交換をしようと思うと、

 

男性に片思いしていることがバレてしまうのが心配になる・・・

 

あなたもこのことが気になって前に進めないのではないでしょうか。

普段から気軽にLINEを交換できる仲ならいいかもしれません。

だけど片思いの場合は、大抵はまだ距離感があるものです。

 

ですがそんなに難しく思う必要はありません。

無理なく自然な気持ちでLINEを交換することは可能なのです。

その理由と方法を心理的側面からお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

好きバレするのがマズイ理由

 

片思いは好きバレするのはマズイと言われます。

それは男性にバレてしまうことで余裕を与えてしまうからです。

それはよく言われる「釣った魚に餌を与えない」のと同じで、

あなたに対して追い掛けてこなくなるからです。

 

また興味をまだ持っていない状態だと、

避けられてしまう原因にもなってしいまいますし、

何よりも恥ずかしくて仕方がないことですね。

 

だけどもっと見つめてほしいことがあります。

それはなぜ好きバレするのがマズイと思ってしまうのかです。

それは好きな人に告白するときの心理と似ています。

 

告白するときはドキドキ感や不安感などの感情を味わいますね。

また顔が赤くなったり、手が震えたり、声が出なくなったりと、

身体の内部だけでなく外部にも影響が及んでしまうこともあります。

なぜこのような身体の内外で影響が出てしまうのでしょう。

 

それは密かに後ろめたい思いが無意識レベルであるからです。

 

なので意識ではコントロールできない反応が出るのです。

片思いの男性に好きバレするのがマズイというのは、

確かに前述したことも理由のひとつとしてはあります。

 

だけど本当はあなた自身が準備が整っていないからです。

 

なので告白のときの身体の反応が出てしまうのと同じように、

マズイと感じて恥ずかしさや好き避けをするのではないでしょうか。

準備が整っていないからとあきらめろと言ってるわけではありません。

あなた自身の本当の気持ちを見つめる必要があるのです。

 

 

自分の気持ちを素直に伝えることの意味

 

心の準備が整うことができれば、

どんなことでも素直に行動が取れるようになります。

 

それは今まで抵抗があって苦しかったことでさえも、

まるで雲が掛かった空が澄み切った青空になるかのように、

とても簡単に自然なカタチで気持ちで伝えれます。

ではそのためには何が必要なのでしょう。

 

それは、あなたの後ろめたい思いを捨て去ることです。

 

後ろめたいとは言葉の表現がよくないかもしれませんが、

たとえば気になる女性を素直に誘えない男性とは、

身体の関係を求めているとか付き合いたいとかがあるからです。

 

それが決して悪いことではないのですが、

この気持ちがバレることを怖れているから行動できないのです。

なのでこうした気持ちを一旦捨て去ることなのです。

 

かといってそれが簡単にはできないかもしれません。

だけど行動の後に続く思いを一旦忘れることで、

今感じている瞬間の気持ちを素直に伝えることができます。

これが自分の気持ちを素直に伝えることの本当の意味です。

 

 

自然な気持ちでLINEの交換をする方法

 

では気になる片思いの男性に、

自然にLINEの交換をするにはどうすればいいのでしょう。

それは男性と旅行や趣味の会話しているときに、

 

「いいなー、そこ行ってみたーい♪」

 

これが最も自然にLINEを交換する方法ではないでしょうか。

しかも自分からではなく男性から誘ってもらえるパターンです。

男性と会話ができるという前提条件にはなりますが、

相手との距離を縮めるには準備は必要なのは言うまでもありません。

 

これは僕が良い雰囲気だった女の子との会話のときに、

その子が言ってきて直感でその意味が分かったからです。

そしてデートを楽しめたという経験があったからです。

 

要するにお願いをするということです。

 

お願いをするのだけどストレートにお願いせず、

「行ってみたい」などの間接的な伝え方が有効です。

写メがきっかけなら「その写メいいなぁ」と言ってみるとか、

ゲームアプリなら「やってみたいなぁ」といった感じです。

 

 

恋愛は考えることを止めることから

 

僕達はついつい頭で考えてしまう癖があります。

はじめて好きな人に最初に話し掛けるときは考えてしまいますね。

それはあまり慣れてない人と会話するこきも同じことが言えます。

つまり慣れていないことには考えることで対応しようとします。

 

だけど考えて導き出した答えは上手くいかないことが多いです。

 

それより仲の良い友達と会話するみたいに、

特に何も考えずに接する方が案外上手くいきます。

問題はそこで焦ったり言葉がしどろもどろになったり、

自分のカッコ悪いところを見せたくないと思うからです。

 

そんな自分のマイナスと思い込んでいることを、

別に出しても構わないと執着した気持ちを捨て去るのです。

このような意識を持つことで恋愛に限らず、

 

どんなことでも上手くいくようになってきます。

 

問題は考えてしまう癖に気付かないことなのです。

考えることを止めて感じたことを素直に伝えること。

それが全てにおいて最も楽で簡単な方法です。

 

片思いの男性のLINEを上手く交換できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ