LINEで片思いしている男性が既読スルーし続ける理由


LINEで片思いしている男性が既読スルーし続ける理由

 

LINE片思いしている男性から返信がこない・・・

既読スルーどころか未読スルーされてしまう・・・

未読スルーでも実際に簡単に確認する方法はありますね。

 

前回は、片思いの彼を振り向かせる自然と好意を抱かれるLINE・メール術にて、

メールやLINEといった実際に会ってコミュニケーションをするツールでは、

誤解を招きやすいが活用の仕方では恋のキューピットになるとお話ししました。

今回は、既読スルーされてしまうそもそもの理由についてお話したいと思います。

 

あなたは好きになった瞬間って覚えているでしょうか。

なぜ、人が人を好きになるのでしょうか。

考えてみれば不思議なものですね。

 

  • 気が付けば好きになっていたっていうパターン
  • 出会った瞬間からハッとするように気になってしまうパターン
  • 何となくジワーッと噛みしめるように興味が沸いて好きになるパターン
  • 物理的距離がグッと縮まった瞬間に好きだと気づくパターン

 

他にもたくさんあると思います。

いずれにしてもはっきりと決まっていることがあります。

 

それは、

 

出会った瞬間のほんの数秒で、

潜在意識下では異性の対象としては決まっているということ。

 

人は上記のような「好き」を自覚をする遥か以前より、

もう既に判断してしまっているという事実があるのです。

その理由は、以下のことから分かります。

スポンサーリンク

 

人は人をどのように認識するのか?

 

あなたは、はじめて出会った人とのやりとりを覚えていますか?

 

慣れ親しんだ友人や知人と比べると、

余裕がなかったり、焦ったり、一生懸命考えたりして頭に汗をかきませんでしたか。

 

脳は、はじめて出会った人をどのように判断しているのかと言うと、

 

過去に似たような人物を検索し、それに当てはめて対応しようとします。

 

よく「類は友を呼ぶ」と言いますね?

 

それは脳が検索する際に、情報量が多いので検索しやすいからなんです。

情報量が多いと危険が少ないので安心します。

それが似た者同士だと安心して付き合うことができる理由なのです。

 

脳は人を出会った瞬間の数秒で判断している。

 

これは、

 

異性として恋愛の対象であるか、ないか

 

ということも同時に判断していることは、疑いようのない事実だと言えます。

 

 

告白するときは、既に答えは出ている

 

これも潜在意識の視点から見てみると同じことが言えます。

脳は出会った瞬間に既に答えを出しているので、

告白するときも、もう既に答えは出ているようなものなのです。

 

告白するときのパターンとしては、

 

  1. 既にお互いの気持ちがOKの状態で告白する
  2. 分からないけど可能性に期待して告白する
  3. 自分の気持ちに整理をつけるために告白する

 

以上の3つが主な告白のパターンではないでしょうか。

この3つのうち、

1つ目以外の成功する確率は全くゼロではないにしてもかなり低いかと思います。

 

 

LINEの既読スルーの理由

 

ではLINEの既読スルーし続けられてしまう場合はどうでしょうか。

男性ならば、興味のある相手なら必ず返信するものです。

 

本来は縁のない出会いがLINEやメールによってかろうじて繋がっている、

だけど本来は縁のない出会いなので繋がったとしても結ばれない

 

面と向かって相手と向き合うことができなければ、

また、友人や知人を使って間接的に男性の情報を集めたとしても、

 

お互いの目を見て、肌で感じるリアルな情報とは天と地の差があります。

 

相手と真正面から向き合うことができなければ、

それは既にお互いが対等な立場ではないとも言えます。

 

とは言え、

潜在意識でどのように判断しているかなんてはっきりとは分かりません。

結局のところ片思いをしている男性からのLINEが既読スルーされ続けている場合、

個人的には脈なしだと思います。

既読無視について悩むこと自体がズレてしまっているのかもしれません。



 

スポンサーリンク


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ