老けるのが怖いというアナタが意識すべきたった1つのこと


老けるのが怖いというアナタが意識すべきたった1つのこと

 

人間は何歳から急に老けるのでしょう。

20代になると10代の頃の肌ではなくなるとか、

40を過ぎたら急に老けはじめるとか聞きますね。

こんなことを聞くと老けるのが怖いと思っても当然です。

だけど、普段の生活から老化を防ぐことは簡単にできるのです。

 

前回は、老化を防止する食べ物である酵素を上手に摂る1つのコツにて、

多くの人は老化を防止するための食べ物に関してだけ感心を持ちますが、

必要な栄養素である酵素を効率よく摂るコツについてお伝えしました。

今回は、老けるのが怖いあなたへの具体的な方法です。

 

老けるのが怖いのは誰もが感じることですね。

誰だって年を取りたくないと思うものですし、

何とか若さを保ちたいと思うものですね。

だけどあなたが意識すべきことはたった1つです。

 

それは食べる量を減らすことなのです。

 

だけど中にはあまり食べ過ぎてないにも関わらず、

なぜか年齢より老けて見えてしまう人もいますね。

そんな人の生活には他の人と比べて何が違うのでしょう。

 

また僕達は普段から摂り過ぎている栄養素もあります。

実はただ食べる量を抑えるだけでは不十分なのです。

今回は何が重要で何を気を付けて食べる量を意識すべきか?

健康と美容と若さを保つための知識をお伝えします。

スポンサーリンク

 

腹八分目でも大き過ぎる事実

 

  • 腹八分目は医者いらず、腹六分目は老い知らず

 

あなたはこの言葉を聞いたことがあるでしょうか。

このように昔からあることわざが示すように、

何事も食べ過ぎないことが健康に重要だと考えられています。

 

そして小食にすることは老化を防止することでもあるのです。

 

小食にすることで老化防止に重要な酵素を節約できます。

消化酵素の無駄遣いを防ぐことで代謝がしっかり行われるからです。

なので実際に寿命と食べる量とは深く関係しているのです。

食べる量を制限するだけで長生きすることができます。

 

僕達は普段から酵素を使い過ぎてしまう食事をしているのです。

 

酵素は人の生命活動の全てに関わる栄養素です。

にも関わらず1日に身体で作られる量は限られています。

そこで食べ過ぎや消化に悪い食べ物ばかり食べていては、

健康も美容も老化もそして寿命でさえも縮んでしまうのです。

 

なので老化を防ぐためには腸内環境を整えることです。

腸内環境を整えることで免疫力がアップします。

免疫力を上げるために必要な栄養素が、

 

  1. 酵素
  2. 食物繊維

 

この2つの栄養素なのです。

そして若さや健康を握るカギでもあります。

食べ過ぎると食べ物が腸の中に溜まって腐ります。

腸の中で腐った食べ物は悪玉菌を増殖させてしまいますし、

しっかりと吸収できないので代謝も悪くなります。

 

そのことから腸内環境を整える食べ方・・・

つまり小食にすることが重要なのです。

 

 

小食でも気を付けるべき3つの栄養素

 

普段からあまり食べているわけでもないのに、

なぜか年齢よりも老けて見えるのは何が原因なのでしょう。

実は僕達は普段から以下の3つを食べ過ぎています。

 

  1. たんぱく質
  2. 炭水化物
  3. 脂質

 

いかがでしょうか、

これらは3大栄養素と呼ばれるものです。

いくら小食でもこれらはよく食べていないでしょうか。

 

この3大栄養素は酵素を無駄遣いする要因なのです。

 

まずたんぱく質は、腸内で腐敗して酸化します。

炭水化物は、酸化して腸内で異常発酵を起こします。

脂質は、腸内で脂肪が酸化して腐敗を起こします。

確かにどれも身体には大切な栄養素ですが、

 

摂り過ぎては身体によくないのです。

 

なのでビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、

そして食物繊維に酵素を摂ることが大切です。

これらの消化吸収が容易な栄養素を摂るべきなのです。

 

 

酵素を無駄遣いする3つの習慣

 

老化を防止するには、

3大栄養素の摂り過ぎは注意とお伝えしましたが、

それだけでなく生活習慣も見直す必要があります。

それは以下の3つの習慣となります。

 

  1. 食べ過ぎ
  2. 食べてすぐ寝る
  3. 夜食

 

食べ過ぎに関してはこれまでお伝えした通りです。

次に食べてすぐ寝ると良くないということですが、

これは「ペプシン」や「アミラーゼ」という消化酵素が関係します。

この消化酵素は胃の中にあるのですが睡眠中は働きません。

 

ということは食べ物が消化されずに胃の中で腐敗してしまうのです。

 

夜食をすることも身体にはよくありません。

老化を防止するために知っておきたい身体の3つのリズムにあるように、

身体のリズムは午後20~04時の間は代謝の時間なのです。

 

代謝の時間帯は消化にエネルギーを回すことができません。

夜遅く食べる焼肉や中華料理などの脂っこいものは、

食べてしまうとほど確実に腸内腐敗を起こしてしまいます。

このような食習慣では老けるのが早くなってしまうのです。

 

 

食べる量だけで老化を防ぐことができる

 

以上のことを気を付ければ、

食べる量だけで老化を防ぐことができます。

老けるのが怖いと思うのは当然のことだと思います。

だからこそ何か若さを保つための行動はしたいですよね。

そしてできればお金の掛からないことがいいですよね。

だとすれば、

 

  • 3大栄養素を食べ過ぎないこと
  • 酵素を無駄遣いする3つの習慣

 

これらを意識して日常を送ることが大切です。

だからといって過剰に意識することも禁物です。

よくダイエットなどでリバウンドや失敗する人には、

頑張り過ぎて身体が結果に追い付かないことがあります。

 

意識では一生懸命に頑張ってるんだから、

その分だけの結果が出て当然と思っていても、

身体の変化というのは思ったよりも非常にゆっくりです。

そのギャップから挫折するというケースもよくあるのです。

 

そうならないためにもほどほどの意識を持ちつつも、

食べ過ぎないよう自分をコントロールすることです。

自分の身体のバランス感覚を大切にしましょう。

 

いつまでも若々しくいられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ