老化を防止する食べ物である酵素を上手に摂る1つのコツ


老化を防止する食べ物である酵素を上手に摂る1つのコツ

 

アンチエイジングという言葉があるように、

多くの人が老化防止することに感心がありますが、

そこで大切なのは食べ物だと思っていないでしょうか。

確かにそうですが食べ物の栄養を摂るコツこそ重要と言えるのです。

 

前回は、老化を防止する食事とは?非常にシンプルな方法を紹介しますにて、

老化を防止するための食事や運動方法などがいろいろと紹介されていますが、

シンプルでお金が掛からずより効果を上げる方法についてお伝えしました。

今回は、老化を防止するための酵素の摂り方についてです。

 

  • 健康にいい食べ物
  • 頭がよく働く食べ物
  • お肌にいい食べ物
  • 老化を防止する食べ物

 

世の中には目的に応じたいろんな食べ物があります。

そしてそれを納得させられる説明をするので、

効果的なんだと信じきってしまいがちです。

確かに何を食べるかも大切なことですが、

 

どんな食べ方をするかが重要なのです。

 

なぜならどんなに健康に良い食べ物でも、

食べ方次第で栄養を摂取できないことは意外とあることだからです。

しかもこうした食べ方について触れていることの方が少ないです。

 

老化を防止するには酵素を摂ることが必要不可欠ですが、

しかし、普段の生活で添加物の多い加工食品を食べ過ぎていては、

消化に必要以上にエネルギーを使い過ぎて必要な栄養を吸収できません。

今回は、酵素をより上手に摂る1つのコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

なぜ食事をする前に酵素からなのか?

 

僕達は普段から加熱した食べ物や、

添加物の含まれた加工食品をたくさん食べます。

また揚げ物や炒め物など身体によくない油も摂取します。

 

これらの食べ物を完全にやめることができるでしょうか?

 

そうなると食べ物をかなり限定されるので、

かえってストレスとなって失敗を招く恐れもあります。

やはり食べたい物は食べたいのが人の性格です。

 

だけど健康のことも考えたいという気持ちもありますね。

そして健康も老化を防止するにも酵素の摂取が重要です。

酵素を摂ることで代謝がよくなって肌も美しくなり、

結果として老化も防止することができるからです。

そのための酵素を効率的に摂る方法はシンプルです。

 

それは食べ物を食べる前に胃の中に酵素を送り込んでおくのです。

 

つまり生野菜や果物、それに発酵食品を先に食べておくのです。

よくフルコースの料理では前菜が最初にきますね?

生野菜を先に食べることは身体の健康に理にかなっているのです。

 

またこうした食物酵素をたくさん含む食べ物は、

それ自体が自己消化を行うので胃の中を30分ほどで通過します。

米やパンなどの炭水化物は3~4時間は平気で滞在するのです。

これが何を意味しているのかというと、

 

時間が掛かるだけ消化にエネルギーを使い過ぎてしまう。

 

ということなのです。

先に食物酵素をたくさん含む食べ物を食べておくことは、

後から口に入れる食べ物さえも早く消化を促す効果があります。

ということは次の段階である栄養の吸収もしっかりと行えて、

そして代謝もスムーズに行うことができるということなのです。

 

 

さらに酵素を効率的に摂る3つの方法

 

老化を防止するには酵素を上手に摂ることです。

それは酵素をたくさん含んだ食べ物を食べるだけでなく、

上手く摂り入れるための食べ方も重要なのです。

そこでさらに酵素を効率的に摂る方法を3つ紹介します。

 

  1. ミキサーで生ジュースを作る
  2. 擦り下ろす
  3. よく噛む

 

以上の3つです。

どれもシンプルにできることばかりではないでしょうか。

特に1番目が最も酵素を大量に摂ることができます。

 

まずミキサーでジュースを作ることですがコツがあります。

それは低速ジューサーで回転速度が遅いものを使うことです。

そうすることで食物の細胞が壊れるのを防ぐためです。

また果物はバナナ、パイナップル、パパイヤなどの南方系がお勧めです。

南方系の果物は極めて酵素が多いのでしっかりと摂取できます。

 

そして擦り下すことで酵素の量が一気に増えます。

大根、しょうが、にんにく、わさび、にんじんなどありますが、

糖に大根に含まれる辛み成分である「イソチオシアネート」は、

 

  • 解毒作用
  • 殺菌作用
  • 抗炎症作用
  • 食中毒予防
  • 発がん抑制
  • 血液サラサラ効果
  • 血栓予防
  • 消化促進
  • 抗酸化作用

 

こうのような効果があり、

美肌やアンチエイジング・・・つまり老化防止に効果大です。

日本の食卓に昔からある大根おろしなんかは、

身近にありがながら侮ることのできない酵素食品なのです。

 

3番目のよく噛むことは昔から言われていることですね。

それは唾液と混ざって「アミラーゼ」という消化酵素が出るからです。

また生野菜や果物だけでなく発酵食品も酵素食品です。

納豆、生みそ、甘酒、漬物、キムチ、ピクルスなど、

このような優秀な酵素食品をよく噛んで食べることです。

 

 

食べ過ぎも注意!眠くなったら危険なサイン

 

よくお昼ご飯を食べると眠たくなりませんか?

これはほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。

実はここに身体の酵素の状態を知るパロメータがあるのです。

 

それは身体が酵素不足で休息を求めているサインだからです。

 

なのでなるべく活動能力を下げようとしているのです。

眠たいままの状態では仕事への集中力も欠けてしまいますね。

普段から炭水化物、たんぱく質、脂質の多い食事をしていると、

消化に大量の酵素を使うことになるからです。

 

そして代謝に使うための酵素が少なくなってしまうことで、

身体の活動が弱くなって眠たくなってしまうというわけです。

食べると眠たくなるとはこういう原理だったのです。

 

なので食べて眠たくなるなら食べ過ぎが原因です。

 

酵素の観点からすると僕達は普段から食べ過ぎなのです。

なので意識して小食にすることは健康に非常に重要です。

腹八分目ということわざがありますが腹六分目でもいいくらいです。

また小食の生活にすることは人間本来の能力を活性化します。

それは当然集中力の質や持続に関しても同様のことが言えます。

 

 

老化を防止するために食べ方に気を付けよう

 

せっかく老化を防止する食べ物を食べてても、

普段から加工食品や加熱食を食べ過ぎていれば、

焼け石に水のようなもので効果を発揮できません。

 

かといって全てを理想的な食事にすることも困難です。

それでかえってストレスとなっては本末転倒です。

だけど生活習慣を改めることが重要ではあります。

 

だからこそ普段の食べ方を少しずつ見直していくことなのです。

 

たとえば普段の食事を一品だけ酵素食品にする。

慣れてくれば一品減らして小食に近づける。

そして3食食べていたのを2食に減らしてみる。

どうしても食べたいときは無理はせずに継続を大事にする。

こうしてあなたの生活を少しずつ改善することが大切です。

 

どんなに優れた最新のダイエット法だって、

どんなに楽して簡単にできると謳う美容法だって、

 

結局は自分が動かなければ結果は得られないのです。

 

その動くという部分は、

如何に生活の中で自分なりに工夫ができるのか?

このようなところが結果に問われるのではないかと思います。

素敵な未来を自分の手で作っていくことは楽しいと思いませんか?

 

理想のあなたに1歩ずつ近づいていけることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ