イヌイットの食生活は生野菜や果物を食べないのに健康な理由


イヌイットの食生活は生野菜や果物を食べないのに健康な理由

 

25歳を過ぎたあたりから肌に関する悩みが増えはじめ、

そして関節や腰といった身体の痛みや倦怠感などの精神的なものまで、

僕達は年齢を重ねるとどんどんいろんなところが衰えていきます。

だけどイヌイットの人々の食生活に美容、健康、若さの秘密があります。

 

前回は、いつまでも若々しくいたい女性の内側から磨く2つの酵素にて、

世の中に若さを保つためのいろんな方法や食べ物などが紹介されてますが、

情報に振り回されないための身体の基本である酵素についてお伝えしました。

今回は、イヌイットの食生活の健康の理由についてです。

 

女性ならずっと若いままでいたいですね。

10代の頃のようなきれいな肌を保っていたいですね。

だけどさすが10代というのは無理と思ってしまいますね。

 

だからと言って自分をあきらめることもできない・・・

 

気になる人に振り向いてほしいし、

きれいと思える自分なら毎日の楽しさも違ってきます。

人と会うのだってワクワクしてくるかもしれません。

 

あなたもご存知かもしれませんが健康と美容はセットです。

どちらか一方が悪ければもう片方も悪くなってしまいます。

肌がくすんで血色が悪いなら健康に問題があると言えるのです。

 

だけどイヌイットの人々は肉を中心とした食生活を送っていますが、

生野菜や果物を一切食べないのに常に健康的に生活をしているのです。

そしてイヌイットの食生活に健康と美容の秘密が隠されているのです。

スポンサーリンク

 

いつでも健康な生肉を食べる人たち

 

なぜ野生動物が人間のかかるような、

動脈硬化や心筋こう塞などの病気を引き起こさないのでしょう。

またライオンやトラなどの肉食動物は常に肉ばかりを食べています。

だけど常に健康でいられるのです。

 

肉の食べ過ぎは動脈硬化や心臓病のリスクが高まるのにです。

 

なのにも関わらず病気を一切しません。

さらには、イヌイットと呼ばれる人々も同様に肉中心の食生活です。

それは一般に「生肉を食べる人たち」と言われるくらい有名ですね。

彼らの住む寒帯と呼ばれる環境では野菜や果物は育ちません。

なので必然的に栄養の偏った食生活になるにも関わらず、

動脈硬化も心臓病もなく健康で居続けられるのです。

 

それでも健康でいられるのは酵素を上手く摂取していたからなのです。

 

野生動物は基本的に「生」のものを食べます。

人間のように加熱して食べるということはしないですね。

草食動物の腸には消化酵素の入った草がたっぷりと入っているので、

草食動物の腸を食べることで間接的に酵素を摂っていたのです。

 

イヌイットの人々の生活にいたっては、

海藻を食べるアザラシの胃などを食べていました。

煮たり焼いたりしないので雪の中に埋めて冷凍保存し、

部屋の中で解答してからそのまま生のまま食べていたそうです。

 

それだけでなく青魚など血流をよくするDHAやEPA、

これらは良質な油と言われる「オメガ3系脂肪酸」を豊富に含み、

イヌイットの食生活は肉中心だったにも関わらず健康なのです。

 

 

健康の理由は酵素の摂り方を工夫していたから

 

このように野生動物やイヌイットの人々、

肉中心の食生活にも関わらず動脈硬化や心臓病の傾向がないのは、

そして動物性の偏った食事なのに成人病がほとんどないのは、

 

酵素をしっかりと摂っていたからです。

 

言い換えると酵素さえ摂れば肉食すら問題にならないのです。

ですがイヌイットの人々も昔ながらの原始的な食生活から、

僕達にとって馴染み深い欧米人の食スタイルへと変化し、

僕達によく起こる様々な病気にかかりやすくなったそうです。

 

その原因は皮肉にも栄養のバランスを考えて、

精製された穀物や野菜を食べるようになったことで、

かえって動脈硬化や高血圧、腎臓や心臓に異常が出はじめました。

酵素をたくさん含む「生」の食事がいかに重要かが顕著なのです。

 

なので健康にも美容に酵素の摂り方が一番重要です。

 

女性なら誰もがいつまでも若々しくありたいですね。

なのに雑誌やテレビで美容や健康を謳い文句にしている商品、

そして流行のダイエット法などこのような世の中の多くの情報は、

消費者の購買意欲を刺激する傾向が強いと言えるのかもしれません。

 

こうした情報に踊らされないよう、

身体の機能や構造はずっと昔から変わることがないので、

やはり基本に則った正しい知識を身に付けることが大切なのです。

 

 

酵素は摂り方と使い方の両方が大事

 

こうして酵素の摂り方が重要なのですが、

もうひとつ大切なのが酵素の使い方です。

というのも酵素には「潜在酵素」と「食物酵素」と2つあり、

潜在酵素の量は生まれつき決まっているので変えられません。

 

つまり1日に作られる量が限られているということです。

 

そこで酵素を多く含む「生」の食べ物を食べることで、

食物酵素をしっかりと摂ることで酵素の節約ができるのです。

節約するとは消化に必要以上に酵素を消費しないということです。

そうなると代謝にしっかりと回すことができるので、

栄養素が身体に効率よく巡るようになります。

 

その結果、小食でも身体に十分な栄養を補うことができ、

小食なのに空腹に悩まされることもなくストレスフリーで痩せられ、

更には代謝もよくなるので肌の調子も良くなるのです。

 

酵素は摂り方が重要ではありますが、

身体の中でどのように使われているかの使い方を知ることも大切です。

そして無駄遣いしないための食生活も意識することです。

 

 

老化を防ぐにはまず酵素を意識すること

 

酵素の無駄遣いを避けることが、

健康、美容、ダイエットに最も根幹的に見つめるべきことです。

 

なぜなら酵素はあらゆる生命活動に関わっているからです。

 

身体を動かすことも、思考することも、呼吸でさえもです。

本当にありとあらゆる全てのことに関わっているのです。

 

そして酵素は使い方も重要だとお伝えしましたが、

生野菜、果物、発酵食品など意識して食べることと、

 

  • 普段から小食にする
  • 添加物の多い加工食品を減らす
  • 加熱した食べ物ばかり食べない
  • 揚げ物や炒め物などの脂っこいものを食べ過ぎない
  • ストレスやタバコで「活性酸素」を増やさない

 

以上のことも気を付けることです。

これらは同時に老化を防ぐための意識すべきことでもあります。

なので少しずつでもできるところから意識して改善していきましょう。

少しの行動でも継続すれば5年後10年後の差は大きくなります。

 

自分を大切にしていつまでも若く健康でいられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ