お花見デートで男性にしっかりした女性と思わせる5つの持ち物


お花見デート 持ち物

 

春と言えばお花見ですね。

そしてお花見デートを計画する男性も多いです。

そこで気になる男性にお花見デートを誘われても、

どんな持ち物を用意したらいいのでしょう。

 

持ち物の持参次第では、

男性に強くアピールすることもできるのです。

そこで今回はただ持ち物を持参するだけでなく、

それぞれのアピールポイントも踏まえてお伝えします。

スポンサーリンク

【1】防寒対策

 

春の定番デートと言えばお花見デートです。

綺麗に咲いた桜の下でのんびり過ごす時間は、

2人の距離を近づけてくれるでしょう。

 

しかし、春はまだ気温が安定しない時期です。

昼はぽかぽかとした陽気でも夜になると一気に冷え込み、

そのための防寒対策をすることが大切です。

 

防寒対策と言っても荷物が多いと持ち運ぶのが大変です。

そこでブランケットや使い捨てカイロなどが便利です。

ブランケットは一緒に包まることもできるアイテムなので、

好きな人との距離を縮めるのにも意外と役に立ちます。

なので、ぜひ一枚用意しておきましょう。

 

ちょっとした気遣いではありますが、

このような状況を想定して用意できると、

しっかりしていると思ってもらうことができます。

気遣いのできる女性に男性はとても好感を持ちます。

 

デート前日に天気予報をチェックし、

忍ばせておくことをおすすめします。

また余談ですがレジャーシートも、

防寒対策できるタイプのものも販売されているので、

ぜひ、利用してみてください。

 

さらに、温かい飲み物を用意していくのもポイントです。

体の中から温まるようにコーヒーなど、

自前の飲み物を水筒に入れて持っていきましょう。

お花見デートに行く時間帯にもよりますが、

防寒対策をしっかりしていくことで、

のんびりとした時間を過ごすことができます。

 

【2】ティッシュやおしぼり

 

お花見デートに欠かせないのがお弁当です。

女性としての見せ所でもありますので、

気合の入ったお弁当を作る人も多いのではないでしょうか。

 

男性に喜んで貰う為に一生懸命作ったお弁当でも、

外で食べることを想定していないものを作ってしまうと、

男性の評価が下がってしまいますので注意してください。

 

外で食べるお弁当のポイントは『食べやすさ』です。

おにぎりのように手を汚さずに食べられるように工夫したり、

サンドイッチはラップに包めば食べやすいでしょう。

またおかずはピックなどを指しておけば簡単に口に運べます。

どんなに美味しい料理でも食べにくいものは、

お花見デートには好まれないので注意して作りましょう。

 

また、外での活動がメインとなりますので、

もしものことを考えて汚れた手を拭けるように、

ウエットティッシュやおしぼりを用意しておきます。

 

お花見会場ではトイレなどが遠い場合もあります。

そうなると手洗いが困難な状況になりやすいので、

これらのものを用意しておくと安心です。

 

お弁当を食べる前にサッと取り出してあげれば、

気遣いができる女性として認識してもらうことができ、

男性からの評価がアップするでしょう。

 

お花見に限った話ではなく、

普段から持ち歩く習慣を身につけておいてください。

 

【3】にゴミ袋

 

アウトドアをメインとしたデートの時に大切なのは、

自分たちで出したゴミは自分たちで持ち帰るということです。

 

例年お花見シーズンになるとゴミが大量に放棄されており、

ボランティアの方々が苦労していると話題になりますが、

そうした事態を招かないためにゴミ袋を持参することです。

 

お花見デートの時にお弁当や飲み物、

お菓子などを持ち込みますが、

ゴミはしっかり持ち帰るようにしてください。

また、ゴミの分別ができるように何枚か持っていきましょう。

 

お花見会場によっては、

ゴミ箱が設置されていることもあるので、

帰り際に分別して捨ててください。

 

ゴミの処理が適当だったり、

ゴミを持ち帰らずに放棄するような人は誰からも好かれません。

大人としてしっかり対応できるように準備しておきましょう。

 

女子力というのは、

男性に対してだけ発揮するものではありません。

周囲に対して気配りができることも女子力の一つです。

お花見デートという目的がハッキリしている時には、

色々な場面を想定した準備をしていくことが大切です。

 

手が汚れたらウエットティッシュがサッと出てくることや、

寒くなってきたら使い捨てカイロが出てくるなど、

気配り上手を目指してください。

 

【4】軽食と暖かい飲み物

 

突発的にお花見デートをすることもありますよね。

そうなるとお弁当を作ることはできません。

 

途中でお腹が空いたり飲み物が欲しくなっても、

購入することができる場所がないかもしれないので、

コンビニやスーパーなどに立ち寄り、

事前に購入していきましょう。

 

お花見会場によっては露店が出ている場合もあるので、

目的地がどのようになっているのかを確認しておくと安心です。

 

お花見の仕方は色々ありますが、

のんびりベンチに座って眺めることができるのなら、

温かい飲み物を用意しておくのもおすすめです。

 

春は日によって肌寒さを感じることがあるので、

温かい飲み物で防寒対策をしましょう。

また、一枚羽織るものを持っていくことを忘れずに。

 

お花見デートだけどお弁当を作るほどではない場合、

そこでおすすめする軽食がサンドイッチです。

手軽に食べられるものですし、

中身をおかず系にすれば男性も喜んでくれます。

 

ちょっとお腹が空いたと感じたときに、

サッと食べられるものを用意している女性は、

男性から気配り上手として認識されます。

 

なのでお弁当まではいかなくても、

おやつぐらいは持参しておくと好感がアップします。

もし用意してこなかったときは、

事前にコンビニなどに立ち寄ってもらい、

買っておくというのも方法のひとつです。

 

【5】レジャーシート

 

お花見デートの場合、

事前にしっかりとした準備をせずにいくケースも多いです。

「桜が咲いたから行ってみよう」ぐらいのノリの場合、

目的地がどのような状態なのか想定することはできません。

 

公園などにはベンチが用意されていることもありますが、

ベンチが汚れて座ることができないことも珍しくありませんし、

場合によっては座る場所すらないこともあります。

 

せっかくお花見に来ても、

ゆっくり見ることができないのでは味気ないですよね。

そこで活躍してくれるのがレジャーシート。

 

今どきのレジャーシートは、

コンパクトサイズのものが多いので、

持ち運ぶのにも手間取ることはありません。

2人用なら鞄に忍ばせておいても、

邪魔になることはないサイズ感です。

ベンチが汚れていて座れないときは、

レジャーシートを敷いて座りましょう。

 

お花見をする場所はできれば桜の木の下が良いものです。

下から見る桜の花びらはとても綺麗ですし、

できればベストスポットを確保したいですよね。

そのようなときでもレジャーシートがあれば、

好きな場所に座ることができます。

 

春先は地面が濡れていることも多い上に、

底冷えするような冷たさを感じることもありますので、

厚手のものを用意しておくと安心です。

 

お花見デートは持ち物が男性にアピールするポイント

本日のまとめ:

  1. ひざ掛けやブランケット、または使い捨てカイロなどの防寒対策
  2. 衛生的かつ汚れたときのためのティッシュやおしぼり
  3. ゴミが出たときに困らないためにゴミ袋
  4. 小腹対策のための軽食と暖かい飲み物
  5. 座る椅子が汚れてるなどの対策としてレジャーシート

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

春のデートと言えばお花見デートですが、

準備する持ち物次第でしっかりしていると思わせて、

男性から良い印象を与えることができます。

 

一番やってはいけないのは、

一緒に行く男性に全を任せてしまわないこと。

そこで女性らしさもアピールできるとこなので、

しっかりした印象を与えられるよう頑張りましょう!

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ