好きな人が高校を卒業する前に告白するときの5つの特効薬


 

好きな人がいるんだけど、

もうすぐ高校を卒業して会えなくなる・・・

彼に思いを伝えずに終わってしまうのは寂しいですね。

そこで告白して気持ちを伝えることを考えてませんか?

 

けど、告白するのだって恋の戦略は必要です。

どうせ好きな人に告白するなら可能性を上げたいもの。

今回は高校性の女の子が卒業までに告白するテーマで、

どうすれば可能性を上げられるかを5つまとめました。

スポンサーリンク

【1】LINEが卒業までのカギ

 

高校時代に憧れていた好きな人、

告白して付き合うことができれば最高ですよね。

だけどほとんど女の子が恋が実ることがありません。

それに卒業するまで告白ができない人も多いのです。

では、一体どのようにしたら卒業するまでの間に、

彼と付き合うことができるのでしょう。

 

まず連絡を取ることができる状態にすることです。

まだ在学中ならお互い顔を合わせることができるため、

ある程度の仲なら気軽に話しをすることができますが、

学生でなくなれば会話をすることすら適わなくなります。

 

学校の卒業アルバムを開けば連絡先が載っているので、

そこに電話をかければ連絡が取れないわけではありませんが、

わざわざ自宅にかけるのも気が引けてしまいますよね。

というかそんな大胆なこと男性だってしません。

下手すればストーカーだと勘違いされてしまいます。

 

そこで彼のLINEを聞き出すことになります。

だけど聞きだすために大前提となってくるのが、

彼がLINE教えてくれるかどうかというところです。

LINEは気軽に連絡先を交換できるツールではありますが、

彼との心理的な距離を近づけておくことは重要です。

 

イメージとしては1段目を上ってから、

ようやくLINEを聞き出すことになるわけです。

けど1段目を上るのはそんなに難しくありません。

単に普段から会話をして親密な関係になっておくだけです。

 

彼もあなたと会話をすることに抵抗がないなら、

それは彼の出している空気感で分かりますし、

ケンカでもしてない限りは気軽に会話をしてくるはずです。

その段階までなれば彼との連絡先を交換することも、

それほど難しく気軽に交換できるようになるでしょう。

連絡先が手に入れば彼に告白をする下地が整います。

 

【2】遠回しに気持ちを伝えておく

 

好きな人とLINEの交換ができれば、

できるだけ連絡を取り合うことが大切です。

たとえ彼から送ってこなくても卒業が近いので、

あなたから送って少しずつ関係を深めることです。

 

LINEを送るのはできるだけ毎日が理想ですが、

いきなり不自然に毎日送るのは難しいところですが、

彼の日常を考えてLINEを送ることも重要です。

 

たとえば彼が受験生を控えてるなら、

あまり頻繁に連絡を取ってしまうと邪魔になります。

そうなると距離を縮めていくどころか、

彼の受験の失敗の原因にもなり兼ねません。

 

ですが彼との連絡に制限がない場合は、

積極的に連絡してもそれほど影響がないので、

彼の足を引っ張るということはないでしょう。

とは言ってもやはり相手のことを考えなければ、

当然、嫌われる原因になってしまうので、

ほどよい頻度でLINEを送ることは大切です。

 

夏休みや冬休みなどの長期休みの場合は、

顔を合わせないのでLINEに頼る必要がありますが、

あなたが彼と同じように受験生の立場なら、

一緒に図書館に行って勉強する方法もあります。

この場合は2人きりでいくというのもいいですが、

他の人を誘って勉強するのも良いでしょう。

 

卒業前は頻繁に連絡を取れないかもしれません。

そうなると直接告白をしなくても高校を卒業する前に、

遠回しに気持ちを伝えておくことが必要になります。

 

では遠回しに伝える方法のひとつですが、

「受験が終わったらどこかに行きませんか」など、

LINEで繋がって連絡が取り合える関係になっていれば、

彼に気持ちを伝えることも自然としやすくなります。

 

【3】リサーチとさり気ないアピール

 

高校卒業する前に好きな人に対して、

距離を縮める方法がLINEで連絡を取り合うことです。

そしてもうひとつ距離を縮める下地作りがあります。

それは好きな人のタイプをリサーチをすることです。

 

たとえば好きな人が細身で優しい女性が好きな場合、

あなたが彼好みの細身であれば問題ありませんが、

そうでなければダイエットをして痩せる必要があります。

 

ダイエット行う場合には動機づけが非常に重要ですが、

好きな人の好みに合わせることが目的となると、

強いモチベーションで続けることができるでしょう。

動機は強ければ強いほど結果を出しやすくなるため、

好きな人の好みをリサーチすることは非常なのです。

 

優しいという性格においても一緒ですね。

彼が女性に対してどんな優しを求めているのか?

そうした優しさの内容をリサーチすることで、

あなたが彼好みの優しい女性になることができます。

せめて好きな人の前だけでもその優しさを表現できれば、

それだけでも彼のあなたに対する印象は良くなります。

 

他にはショートカットが好みだとすれば、

ショートカットにしてさり気ないアピールができます。

少しずつできるところから好きな人に合わせることで、

彼があなたを気に入ってくれる可能性が高くなります。

少なくとも会話ができるほど仲の良い状態ならば、

彼の好みになることは難しいことではないはずです。

 

ただ格の部分で難しいところがあります。

たとえばあなたが明るくておしゃべりな人だとすれば、

明るいことがあなたのアピールポイントになります。

けど彼は明るさよりも大人しい女性が好みだとすれば、

あなた自身の性格を変えていかなければなりません。

 

だけどそれでは自分の良さを潰すことになります。

そこまでして好きな人に合わせたいなら話は別ですが、

それが本当に正しい選択かどうかは難しいところです。

ただ言えることは無理して彼に合わせる必要はありません。

合わせられないなら無理して合わせる必要はないのです。

それよりもあなたの魅力は失わせない方が良いでしょう。

 

【4】2人きりになる

 

好きな人との連絡をすることができて、

しかも彼の好みに可能な限り合わせることできれば、

割合的には80%は告白の準備ができているといえます。

ですがここでさらに階段を上げていくことが大切です。

より可能性を上げるために二人きりになることです。

 

たとえば今まで集団で付き合っていたとすれば、

2人きりで会えるような関係性にしていくことです。

自分ひとりの力で彼に連絡をして呼び出すことで、

2人きりになることは不可能ではありませんが、

心の準備ができなくて抵抗があるかもしれません。

 

ではそんなときはどうすればいいのか?

それは彼とあなたの共通の友達を作って、

その友達に協力をしてもらうことです。

 

特に女性から誘うことは難しいもので、

いくら好きな人でも自分から呼び出して、

2人きりになることに強い抵抗がある人は多いです。

女性の場合は、よほど積極的な人でない限り、

2人の間に1人友達を入れて彼を呼び出す方が、

違和感なく自然なかたちでやっていけるでしょう。

 

告白は高校卒業する前にやる必要があるので、

少なくとも高校を卒業する前の冬までには、

二人きりになれる関係性が理想的です。

 

このとき彼に良い返事をもらうためには、

彼の趣味や好み将来的な考えなどを聞いておき、

彼に合わせて会話をしておくことも大事です。

ある程度好きな人を知ることができたなら、

彼に合わせることで心を許すことが多くなります。

 

たとえば彼に好きな歌手がいた場合は、

あなたも知識を持っておけばそれを話題にすることで、

彼も自然と顔がほころび笑顔で話しをしてくれるでしょう。

また自分の趣味にしっかりと共感してくれる人は、

自然とその人に対して興味が出る可能性は非常に高いです。

だからこそ彼の好みやタイプなどのリサーチは、

少し面倒かもしれませんが必ずしておくべきです。

 

【5】告白は素直に伝えて期待しないこと

 

高校卒業する前に好きな人と2人きりになれば、

付き合うまでもう一歩・・・と言いたいですが、

たとえ2人きりになったとしても、

相手の気持ちがなければ付き合うことはできません。

 

このときに重要になってくるのが

あなたが素直に感じたことを伝えることです。

あなたがなぜ彼のことが好きなのか?

という部分を彼に素直に伝えることで、

彼の気持ちを揺さぶることができるでしょう。

 

この段階まで行けば付き合う一歩手前ですので、

気持ちを伝えるのは非常に緊張するところです。

そこで少しでも可能性を上げるためには、

独り善がりにならないことが大事です。

 

自分の気持ちを好きな人に伝えることで、

自己満足に陥ることは意外とよくあることです。

いざとなると動揺してしまうのが人だからです。

そこで彼のことをよく考えながら進めていきましょう。

なんて言われても難しいところかもしれません。

だけど1人のときなど冷静になれる場所はありますよね。

 

高校三年生の冬であれば、

受験が直前が迫っていることもありますが、

そんなときにあなたの素直な気持ちを伝えてしまうと、

彼が動揺して受験結果を左右してしまうことがあります。

 

両想いの関係で告白されたら俄然やる気が出ますが、

そうでなければ精神的な負担になってしまいます。

そこで告白をするタイミングとして需要なのが、

受験が終わった三月ぐらいに行なうとうことです。

もちろん好きな人が受験をしなければ、

告白の時期はそれほど重要ではありません。

 

素直に感じたことを伝えたとしても、

付き合うことができないこともありますが、

この場合は一回で結論付ける必要もありません。

好きと伝えてその後に繋がる可能性もあるからです。

好きな気持ちを伝えておくことで彼の記憶に残り、

彼の気持ちも少しずつ変わっていく可能性があるからです。

 

できるところから少しずつ距離を縮めていこう

本日のまとめ:

  1. まずはLINEで繋がって卒業まで気軽にやりとりする関係を目指す
  2. 卒業する前に直接的ではなく遠回しに気持ちを伝えておく
  3. 好きな人の好みをリサーチしてさり気なくアピールしておく
  4. 2人きりになるために共通の友達に協力してもらう
  5. 告白の心構えは素直に感じたことを伝えて付き合うことは期待しないこと

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

お伝えした内容の中でこれは難しいな・・・

と感じた部分もあったかもしれません。

けどそれは決して悪いことではありませんし、

無理してやろうとする必要もありません。

 

できることから少しずつやっていき、

そうやっていくうちに無理だと思ってたことも、

できるかもと思えるようになるのは自然なことです。

なのでしっかりと好きな人との距離感を近づけていき、

素直な気持ちで告白できるところまで持っていきましょう。

そうすれば高校生活を素敵なものにできますよ。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ