好きな人に卒業式に告白できなかったときの5つのステップ


好きな人 卒業 告白できなかった

 

好きな人が卒業してしまった・・・

ずっと思いを寄せてたのに告白できなかった・・・

未練を残したままずっと後悔していませんか?

だけどもしチャンスを作ることができるとしたら?

 

そこで今回は好きな人に告白できなかった場合、

可能性を繋げる方法を5つのステップにしました。

これを読むことでまず何から行動すべきかが分かり、

そして彼と繋がる可能性を高めることができるでしょう。

スポンサーリンク

ステップ1、好きな人の趣味や行動を確認する

 

卒業式に好きな人に告白できなかったとき、

あとになって後悔してしまうことがあります。

もう二度と会うことができないかもしれないからです。

なので卒業の日はできれば告白したい気持ちになるますね。

ではどうやって好きな人に思いを伝えたらいいのかですが、

唐突に電話をしたり連絡をしてもうまくいくはいきません。

 

もし、可能性があるとすれば、

少しでも下調べをしておくことが大切です。

下調べをするための一つの方法としては、

相手がどのような趣味を持っているかを知ることです。

相手の趣味が分かれば、共通の話題を見つけることができます。

 

たとえば好きな人の趣味が映画だとすれば、

どんなジャンルの映画が好きかを調べて知識を持っておくと、

共通の話題で盛り上がってうまく行く可能性が固まります。

そしてこうした共通の趣味は自然と盛り上がるので、

好きな人との会話が単調にならずにずっと会話が弾みます。

 

基本的に男女が付き合うというのは、

何かひとつでも同じような価値観を持った方が、

長く付き合うことができるだけでなく共感できます。

付き合う場合は価値観と同時に共感は非常に大事で、

関係を深めるために必要なことと言えるでしょう。

 

なので好きな人の趣味を確かめることは非常に重要です。

そして好きな人があなたの趣味と違う場合であっても、

事前に下調べをすることで会話を合わせることができるので、

特に知り合った最初は好きな人に合わせることが大切です。

 

もう一つは、好きな人の行動です。

日常でどんな行動をしているかを知ることで、

それに合わせて連絡を入れたりすることもでき、

自然な形で接することができます。

 

 

ステップ2、共通の友達に協力してもらう

 

卒業のときに告白できなかったら、

その後に彼と繋がって関係を深めていくために、

趣味を知ることと行動を知ることが重要になります。

 

だけど全く好きな人の繋がりがなければ、

いくら趣味や行動が分かっても関係は深められません。

お金を払って探偵を雇うことができれば、

好きな人の行動や趣味などを調べ尽くすこともできますが、

さすがにそこまでやるほどのものでもないと思います。

 

好きな人とクラスが一緒なら、

相手の交友関係などの情報は自然と得られるでしょうが、

距離感があるなら情報を得ることは難しいものです。

 

そんなときは共通の友達を作っておくことで、

その友達から相手の行動を知ることができます。

共通の友達を作っておくことができれば、

何気なく相手の話しを振ることで情報を得られます。

 

そこで共通の友達に対しては、

好きな人に思いを寄せてることを言うのは難しいかもしれません。

ですが、これは共通の友達次第になるでしょう。

ひやかしてきたり、その友達も思いを寄せているなら、

わざわざあなたの本音を伝える必要はないです。

なぜなら、情報が洩れてしまう可能性があるからです。

なので共通の友達に協力してもらうことは必要条件ですが、

あなたが彼のことを好きなことまでは言う必要はありません。

 

もし親身になって相談してくれそうな、

まじめな友達なら自分の本音を伝えても大丈夫です。

このように、紋切り型のやり方ではなく、

共通の友達のタイプによって変えてみましょう。

 

また共通の友達は在学中でも卒業後でも、

好きな人と繋がるには有効に手段となってきます。

なのでここは押さえておくべきポイントとなります。

 

 

ステップ3、グループ交際から仲を深めていく

 

好きな人に告白できなかった場合、

共通の友達を作って好きな人の情報を手に入れることで、

彼とうまく関係を深めていくことができます。

ただ情報を手に入れて卒業したあとに、

告白をしただけでは失敗する可能性が高まります。

 

たとえば会話をして付き合えたけど

考えていた以上に好きな人との相性が悪かったら、

告白をしたことを後悔することだってあります。

もちろんその逆のことも十分に考えられるので、

結果というのはどのようになるか分かりませんが、

いずれにしても会話の中で分かることもあります。

 

そこで、共通の友達を通じて、

グループ交際から仲を深めておくことも大事です。

急いで結果を出したい人にとっては少し大変なやり方ですが、

恋愛は急がなくても巡り合う人のところには、

必ず巡り合ってきますので焦る必要はないでしょう。

 

共通の友達と一緒にグループ交際から始める場合は、

好きな人との会話をするチャンスも増えてきます。

そこで間接的に好きな人のことを聞いておきましょう。

直接、本人から聞いた方が良いこともありますが、

直接、本人から聞けないこともあるはずです。

 

たとえば好きな人が誰かと付き合っているかどうかは、

なかなか聞きにくい一面がありますので、

その場合は共通の友達を通して間接的に聞くのがよいです。

もちろん直接聞けるというのならそれでも構いません。

これに対して好きな人と会話をしたときの感触や相性は、

直接相手と会話をすることでしか得ることができませんので、

好きな人と会話する時間を大事にすることが必要です。

 

 

ステップ4、趣味の話題で少しずつ関係性を深めていく

 

好きな人が卒業する前に告白できなかった場合、

もし直接会話ができる関係なら趣味の話題など、

事前に押さえておくことで次に繋げることができます。

好きな人の趣味が自分の興味と掛け離れてなければ、

彼の趣味に合わせていくことが大切になります。

 

趣味の話題があれば関係性を深めることができるので、

趣味のこと以外にも様々なことが知ることができます。

たとえば普段、休日はどんなことをしてるかなどです。

休日は趣味のこと以外にもやっていることがあるでしょう。

そんな趣味の範囲を越えて情報を得ることができます。

 

それに好きな人が趣味に対して、

どのくらいハマっているのかも知ることができます。

彼がそれほど自分の趣味にハマっていないようなら、

あなたも彼に合わせていくことも大切です。

 

反対に彼がかなり熱心でハマり込んでいるなら、

あなたが彼のしっかりと話題に乗ってあげることで、

彼はどんどん話はじめるので会話が盛り上がるでしょう。

特に最初の段階は会話が盛り上げることが大変です。

共通の話題があるなら自然と盛り上げることもできますが、

そうでなければ彼の趣味に付き合うことが大切になります。

 

関係性を深めていくには、

まず相手のペースに合わせることが大切です。

これを心理学では「ペーシング」と言います。

なのでこのペーシングというのを意識していきましょう。

 

 

ステップ5、会話の中からデートできるチャンスを拾う

 

女性から男性にデートを誘うなんて・・・

と思ってしまうかもしれませんが、

男性のように露骨に誘うわけではありません。

 

好きな人のことをよく観察した上で、

ここっていうタイミングを感じたら、

さり気なくアピールするってイメージです。

 

たとえば彼が野球が趣味だとしましょう。

すると会話の中でプロ野球の話が出たとします。

すると会話の中で盛り上がってきたと感じたときに、

 

「私も行ってみたいなぁ~」

「いいなぁ、それ興味ある!」

「羨ましいなぁ~」

 

こんな感じでそれとなく誘うって感じです。

なので男性のように露骨に誘うというわけではありません。

これだとあなたも上手く誘える気がしませんか?

 

会話の中から誘うチャンスを拾うことで、

無理なく自然と彼とデートに繋げることができます。

会話の中からチャンスを拾えないという場合は、

まだ彼との信頼関係が構築し切っていないので、

しっかりとお互いの信頼関係を築いていくようにしましょう。

 

とは言っても何も難しいことはありません。

一緒に居られる時間を自分から作っていくとか、

笑顔で接したり、リアクションを少し大きくしたり、

その繰り返しで信頼関係を作っていくことができます。

焦らずチャンスが訪れるのを待ちましょう。

 

 

運命は自分で創っていくもの

本日のまとめ:

  • ステップ1、好きな人がどんな趣味があり、普段どんな行動をしているかを知る
  • ステップ2、クラスの共通の友達との関係性を深めていく
  • ステップ3、クラスの友達と連絡してグループ交際から仲を深めていく
  • ステップ4、彼の趣味の話題を振って少しずつ関係性を深めていく
  • ステップ5、彼との会話の中からデートできるチャンスを拾う

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

誰だって好きな人に告白することって、

いくら卒業の日でもできないことだったりします。

なので多くの人が思いを打ち明けずに終わります。

 

けどそれで後悔するのは避けたいものですね。

よくやった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい・・・

なんて言われたりしますが確かにその通りなのです。

 

これもよくある話ですが臨終を迎える人が、

若かった頃に思い切ってチャレンジしておけばよかったなど、

何もしなかったことに後悔する人は多いと言われています。

その場では怖くて仕方がないかもしれませんが、

人生で後悔を残さないためにも勇気を出していきましょう。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ