A型ってどんな性格?基本的な11の特徴と裏の顔!


a型 性格 特徴

 

あなたは自分のこと理解してますか?

よく他人のことはよく分かると言いますが、

自分のことは分かってるつもりでも分からないもの。

ではどのように分からない部分に気付くのか?

 

それには予め知識を持っておくことが大切です。

そして様々な場面で出来事が起こったときに、

今のは何が理由で起こったのかということが分かります。

今回の内容を読むことでA型の基本的な性格と共に、

他にはない裏の顔の部分も紹介しますので、

ぜひ、参考になればと思います。

スポンサーリンク

【1】恐るべき持久力

 

A型は基本的に変化を嫌う性格です。

なので新しいことへ挑戦することや、

環境への変化には苦手なところがあります。

環境に慣れるまでは非常に苦労します。

また仕事では新しい考え方やシステムなど、

会得するまでには時間と労力を要します。

 

ただ一度自分の中で習慣化できたことや、

上手くシステム化することができたことや、

身体が覚えてルーティン化できたことには、

恐るべき力を発揮する特徴があります。

 

どんなにつまらないことでも、

最後まできっちりとやり切る持久力があります。

A型は地道な努力を積み重ねるのが得意なのです。

物事の頂点に立ちたいという願望より、

コツコツと積み上げることに喜びを感じます。

ただそんな持久力も活かし方次第です。

 

 

【2】絶大な集中力

 

A型は視野が狭いという特徴があります。

それはO型なら全体を把握する能力に長けており、

B型なら物事をいろんな角度から捉えられたり、

それらと比べると周囲への感度は低いと言えます。

 

だからこそ余計なことに気を取られることなく、

もの凄い集中力を発揮するという特徴もありますし、

それにA型は地道にコツコツと歩み続けられるのです。

これこそがA型の存在意義であり、成功の道です。

また他者を羨ましがらずに済む喜びもあります。

 

それに物事の白か黒かの本質も見える特徴があります。

物事の真意を瞬時に分別できる能力に長けているのです。

これは自分にとってそれが危険なのか安全なのか、

周囲の状況から瞬時に判断する能力から進化しています。

このようにA型はバランス感覚は非常に優れてます。

 

 

【3】痛みに敏感

 

A型は他の血液型と比べて、

確固たる自分がないというのが特徴です。

それは自分自身に感じる漠然とした頼りなさや、

心許なさや儚さのようなものがあるからです。

 

こうした感覚の持ち主というのは、

もちろん個人差によって千差万別はあるのですが、

生命そのものの大切さを理解していると言えます。

 

それは他人の痛みに敏感であるということです。

もし自分が同じようなことをされたらどう感じる?

という視点で考えられるので他人の痛みに敏感です。

 

一方で常に孤独感があることは否めません。

そんな孤独感に1人でいることが耐え切れなくて、

常に誰かと一緒にいたくなるとそれはそれで厄介です。

仕事などやるべきことをそっちのけになってしまったり、

恋愛では寂しさを埋めるだけの恋愛になってしまったり、

それは心の中の孤独や虚しさから出る行動なのです。

 

 

【4】人を育てる能力

 

A型というと母性本能のイメージが強いです。

実際に母性が豊かなA型も多いからです。

だけどA型の母性は本能的に自分にないものを知っており、

自分にないものを追い求めた結果として表現しています。

このような見せかけの母性を取り除いていくと、

実はA型は母性本能が貧しいという真実があります。

 

A型はどちらかというと人を育てる力があります。

けどA型がこの能力を発揮するには条件があります。

それは自分の孤独や虚しさに陥ってしまわないこと。

しっかり自分の感情と向き合うことが大切です。

 

 

【5】生粋の面倒臭がり

 

血液型に関するあらゆることで言われているのが、

A型は几帳面でキレイ好きであるということ。

けど他の血液型よりもだらしがないところがあったり、

それどころか几帳面の真逆のA型も少なくありません。

なぜならそれは枝葉にあたる部分だからです。

 

ということは根っこの部分では、

あまりエネルギーを消費したくないのが本質です。

つまり散らかると面倒だから早めに片付けるとか、

汚れると面倒だから早めにキレイにするだとか、

几帳面が好きそうなイメージとは違うのです。

 

なので面倒だから散らかり放題になったり、

汚れても面倒だからほったらかしになったり、

そんなだらしないA型も存在するのです。

これはA型の生活全般にみる傾向です。

 

A型はこの面倒臭がりな性格との闘いでもあります。

なので面倒な性格であることをまず自覚した上で、

面倒臭さを吹っ切れるルールを作ってみるなど、

またスムーズに行動できる習慣を作ってみるなどして、

生活を工夫することができればA型は最強になれます。

 

 

【6】被害者を演じる

 

A型は被害者意識が強かったりします。

弱いフリやいじめられてる感を出すのが得意なのです。

そんな姿を見て見過ごすわけにはいかない!

という第三者を上手く操ることに長けています。

 

辛い、苦しい、疲れた、しんどいなど、

私はあなたのためにこんなに頑張ってる・・・

というのをアピールして操ろうとする節があるのです。

このように弱者を演じることがA型の性格の特徴です。

 

これはある意味生き抜いていくための知恵ですが、

常套手段かのように使うので周囲も大変です。

だけどそれは周囲の人達に対してだけではありません。

A型自身も弱者を演じることで悲観的になりやすく、

本当は悩むところでもないのに物事を重く捉えたり、

だからこそ孤独や虚しさを普段から抱えているのです。

 

このような姿を見せることで周囲へアピールしたり、

または被害者を演じることで他者を攻撃したり、

それが常套手段なので上手く他人を操ります。

けど攻撃を受けた人もそのうち変だと気付きます。

最初はよく分からないけどモヤモヤ感が残るのです。

A型は普段から被害者にならない意識が大切です。

意識を持つだけでも十分に周囲と付き合っていけます。

 

 

【7】自己アピールが強い

 

実はA型は自分を主張したい性格でもあります。

これは単なる自己主張というものではなくて、

自分の存在を認めてほしいというアピールです。

つまり「今の私を見て!」という自己存在主張です。

 

能力がある場合は仕事の処理などでアピールしますが、

そうした能力が発揮できない場所や状況などでは、

いじらしい姿や尽くす人を演じて見せつけてきます。

それが受け入れられなければ攻撃的になってしまいます。

ここでも被害者を演じて同情を買おうとしたりします。

 

他には他人の話に割り込んで自分の意見を主張して、

自分の存在を主張しようとしてきます。

真面目な会話でもいきなり冗談を言ってみたりして、

その場の空間を買い占めるような会話の仕方をし、

自分が優位に立とうとすることもあります。

 

ただこうした行動の代償は高くつき、

周囲から無視されたり、格下げに見られたり、

仕事においてはリストラの対象にさえもなります。

多くのものを失う前に意識して自分を抑えることです。

一時の感情に振り回されないことが大切です。

 

 

【8】義務から逃げる

 

A型の性格は基本的に面倒臭がりです。

朝起きたときから面倒なことが頭をよぎってしまいます。

面倒と思いながら家事や仕事をして日々を過ごします。

夕方になると飲酒などの娯楽に元気になります。

家事や仕事を楽しくするという発想がないのです。

 

いつも「やらされてる」という意識があります。

なので面倒臭さから逃避行動にもなりがちです。

たとえば議論を装って逃げてみたり、

必要以上の細やかさやこだわりで逃げたり、

家事や仕事から逃げるためにあらゆる手段を使います。

被害者を演じることもその手段のひとつと言えます。

 

 

【9】柔軟に変化する

 

A型の性格は環境への順応は苦手ですが、

相手次第で素早く変化できる特徴があります。

A型は協調性があると言われるのもそのためです。

これは社会で生きていくための培った能力です。

 

けど程良い協調性なら一向に構わないのですが、

そんな協調性も度を過ぎれば苦痛になります。

目の前の人の持ち物になったような喋り方や、

その人意外の全ては生贄のごとく振る舞います。

それもA型の孤独感や虚しさからくる傾向です。

 

そんな不安感が拭えないために、

相手に好かれたい、嫌われたくない思いなのです。

けどこれはA型が本来の幸せや成功を手にするには、

邪魔になってしまう行動パターンでもあるのです。

 

A型の瞬間的に人に合わせる能力で喜ぶのは、

支配欲が強いという裏の顔を持つO型くらいです。

なのでA型とO型は相性が良いと言われたりします。

けどそれは偽りの関係なので良い関係ではありません。

どこかで素顔を出すことが本当の幸せに繋がります。

 

 

【10】口先だけ

 

仕事を任せて張り切るA型は要注意です。

とういのも最初は役立つ人材をアピールしますが、

実際の行動する段階に入ると次第に鈍っていきます。

大丈夫と主ttえ完全に任せっきりで安心してると、

いつまで経っても仕上がらずに連絡さえこなくなります。

それを催促するとよそよそしい態度になるのです。

 

仕事を停滞させておきながら挙句の果てには、

自分は無能な人間だとあきらめてしまうどころか、

こんな自分に任せた方が悪いと被害者になります。

なので最初に大風呂敷を広げるA型は要注意です。

A型の性格は尻すぼみになるのが裏の顔のひとつです。

 

 

【11】時に攻撃的

 

A型は指摘されると逆ギレすることもあります。

また特別扱いされないとキレる裏の顔もあります。

さらに余計なことを言ってしまう傾向もあり、

それは年齢と共に比例して強くなる傾向があります。

これはA型自身も人生を狂わされるほどです。

 

A型にはこれを言われたらキレる言葉があります。

それはA型によってそれぞれ異なりますが、

やましさや焦りなどの核心に触れる言葉です。

触れられると聞き捨てならないとなってしまうのです。

 

そうなると相手もA型を避けるようになってしまい、

それが周囲へと伝染していくようになります。

やがて周囲の人から腫れ物扱いを受けるようになるのです。

これはA型にとってはかなりの不幸なことです。

このような反射的な自分の性格の特徴を予め理解し、

出来事が起こったときにグッと抑える意識が大切です。

それだけでもかなりの不幸を未然に防ぐことができます。

 

 

性格は付き合い方次第で何とでもなる

本日のまとめ:

  1. 恐るべき持久力
  2. 絶大な集中力
  3. 痛みに敏感
  4. 人を育てる能力
  5. 生粋の面倒臭がり
  6. 被害者を演じる
  7. 自己アピールが強い
  8. 義務から逃げる
  9. 柔軟に変化する
  10. 口先だけ
  11. 時に攻撃的

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

今回は裏の顔の部分も合わせて紹介しました。

けど知っておくことで対処できることは多いです。

 

問題は問題が何なのかが分からずにいること。

 

そうなると解決のしようがないからです。

いつまでも同じところで躓いてしまうことになります。

恋愛だって決まったパターンでフラれてしまったり、

また逆に決まったパターンで付き合うことができたり、

大抵は決まったパターンと言うのがありませんか?

 

そのため、気になるところは意識して修正することで、

自分を生き難くする悪いパターンを変えて、

望む人生に変えていくことができるのです。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ