好きな人を振り向かせる4つの視線の使い方で彼を意識させよう


好きな人を振り向かせる4つの視線の使い方で彼を意識させよう

 

あなたは今、好きな人がいますか?

気になる男性を落とすには、視線の送り方も有効です。

片思いしている彼を意識させて恋を発展できるかもしれません。

 

前回は、片思い中の好きな人を振り向かせるための5つの行動パターンにて、

好きな人を振り向かせるための基本的な行動についてお伝えしました。

今回は、好きな人を振り向かせるための視線の使い方についてです。

 

片思い・・・

彼の顔色をうかがい、彼をいつも目で追うばかりでは、

いつまで経っても恋の進展はありませんね。

できれば、今の現状から踏み出していくにはどうすれば良いのでしょうか。

そんなときの視線の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】遠くから偶然を装って見つめる

 

好きな人が近くにいる場合だと、

用でもない限り目だけが合うのは不思議に思われるかもしれません。

ですが、遠くにいて偶然に目が合うことはよくあることではないでしょうか。

 

そんな偶然を装うかのように彼が向いた瞬間を狙って目を合わせます。

そして、一呼吸置くくらいでスッと斜め下に逸らすのです。

このとき、優しく見つめることを意識しましょう。

 

これが何回か繰り返しているうちに、

彼の方からも何だか気になりはじめるようになるでしょう。

何かの拍子を狙って偶然を装うように上手く活用しましょう。

 

 

【2】会話のときはパーソナルスペース内で見つめる

 

あなたが普段の会話をするときは、どの距離でしますか?

好きな人にも他人と同じような距離で会話をしてませんか?

 

ここで、一歩だけあるいは半歩でも構いません。

彼のパーソナルスペースの中に入って会話をします。

そのときに彼が話しているときに上目使いで見つめると効果的です。

 

この目線を使った方法は、エレベーターなどの個室などに活用できます。

ちなみにパーソナルスペースに入るときは、正面から近づくのではなく、

横からスッと彼に近づいていくと、受け入れてもらいやすくなります。

 

 

【3】挨拶は笑顔で目を合わせる

 

基本かもしれませんが、

挨拶するときに少し微笑みを浮かべるだけでも印象が変わります。

このとき、少しだけ首をかしげると効果的です。

会釈をうまく使って首をかしげると良いでしょう。

 

 

【4】いきなりチラ見作戦

 

女性にジーッと見つめられることに弱いのが男の性です。

しかし、もっとも効果を発揮するのがいきなりチラ見されたとき。

これをされると男性は思わずドキッとしてしまいます。

 

好きな人の視線を感じたら、

タイミングを見計らってチラッと見てみましょう。

 

ちょっとうつむいている状態から、あるいは何かをしている横顔から、

急にチラッとこちらを見られるとドキドキしてしまいます。

しっかりと観察して彼がこちらを見ていることを確認してください。

 

それに、チラ見程度ならあまり恥ずかしくは感じないはずですし、

チラッとみるだけなので一瞬の出来事です。

この目線の使い方は、とても効果的です。

 

 

好きな人は目線で振り向かせろ

 

目は口ほどに物を言うとありますが、

興味のあることは自然と見てしまいますし、

相手を見るということは、

 

それだけで相手を「認めている」というサインを送ります。

 

「私はあなたのことを受け入れています」というサインを送れば、

彼もあなたに近づくことへの「不安」が解消される効果もあります。

良い恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ