何故だか好きな人ができない女子の4つの理由と対処法


何故だか好きな人ができない女子の4つの理由と対処法

 

周囲を見渡しても気になる男性がいない。

なかなか好きな人ができないけど、その理由って何だろう・・・

あなたは、恋愛できないことに悩んでませんか?

 

前回は、男性が好きになる3つの女性のしぐさで男性を意識させようにて、

男性が思わず好きになってしまう女性のしぐさとは何なのか?

気になる男性目線を意識して振り向かせるための3つのしぐさを紹介しました。

今回は、好きな人ができない理由とその対処法についてです。

 

好きな人ができない理由は人によって様々だと思います。

 

ですが、

 

「なかなか彼氏ができなくて・・・」

「何だか、周囲に気になる男性がいなくて・・・」

「良いなと思える人はいるんだけど・・・」

 

心の中で、何かが止めてしまっているような感じがしませんか?

そんな時は、一度自分を見つめてみる必要があるかもしれません。

 

とは言っても、そんなに気を重くする必要はありません。

心のチャンネルを切り替えるには、

 

案外、簡単にできたりするものだからです。

 

実は、その前段階である「気付く」ことに苦労するものなのです。

今回が、そんな気付きの助けとなることを願って紹介します。

スポンサーリンク

 

【1】行動パターンが固定化されてませんか?

 

会社と家の往復。

あなたは、このような生活パターンになってませんか?

プライベートでは気の合う友人だけとの関わりなど、

 

行動パターンが固定化してしまうと、出会いそのものもありません。

 

特に社会人になると、社内での出会いが圧倒的に多いです。

社内恋愛できる相手がいないとなると、

社会人にとっては、かなり厳しいと言わざるを得ないかもしれません。

 

しかし、

 

会社以外でも出会いが無い訳ではありません。

 

新しい人と出会いやすく知らない人と仲良くなりやすい居酒屋やバーなど、

あなたの感覚に合うお店の常連になると、それだけで楽しみも増えます。

ちょっと面白い出会いなんかも期待できたりするものなんです。

 

僕の知っている限りでも、

そのような居酒屋の店長をやっていた友人がいたので、

お客さん同士で仲好くなって、いつのまにあの人とあの人が付き合って・・・

なんて話しを何度も聞いたり、現場を見たりしてきました。

 

期待感が持てますし、

何よりも楽しみの1つとなって毎日が輝き出します。

ワクワクしながらそんなお店を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

【2】リスクを取れない者に明日はない

 

ちょっときつめな言い方になってしまいましたが、

あなたは、恋に対して臆病になっていませんか?

どうか、自分だけには正直になってみてください。

 

過去のネガティブな経験が恋愛をすることを恐れてしまっている場合もあります。

このような女性には、ある特徴があります。

 

それは、

 

好きな男性を前にして自分の本音を隠してしまうことです。

 

決して誰にでも自分の気持ちを素直にさらけ出す必要なんてありません。

 

異性同性に関係なくフィーリングの合う感じがする人に素直になってみましょう。

 

そうすることで、

フィーリングの合う人の中から好きな人を見つけることができます。

その方が幸せな恋愛ができそうだと感じませんか?

 

なかなか好きな人ができないなら、

まずフィーリングの合う人というのを見分けられる目を養ってみてはいかがでしょう?

そのような人に対して、本音で接するというリスクをとる覚悟を持つのです。

 

そうすれば、

 

好きな人は自然と目の前に現れ、自然と自分の本音で話せるものです。

 

あなたは、どんな人と一緒に過ごしたときが一番楽しかったですか?

 

 

【3】他人の悪いところを見ようとしてませんか?

 

気になる人と会話する機会があっても、

 

「この人、こんな嫌なところがあるんだ・・・」

「あ、今さっきとった行動はダメね」

「変な癖を見つけたから何だかイヤかも・・・」

 

他人を原点方式で見る習慣が付いている場合、

これもまた好きな人ができない理由の1つとなってしまいます。

他人の悪い部分を見つけては過小評価して、自ら離れてしまうからです。

 

反対に、

 

恋人がすぐにできる女子には、相手を良く見る習慣があります。

よく惚れやすい人がいますが、それは相手の良い部分ばかりを見るからです。

憧れの芸能人だと素敵なところばかり見えてしまうと思いませんか?

 

つまり、

 

好きな人ができる原理とは、好きな人を良く見てしまうからなんです。

 

何もいきなり人の良い部分を頑張って見ようとする必要はありません。

それこそフィーリングの合う人といれば自然とその感覚は身に付きます。

 

要するに、

 

フィーリングの合う人との関わる時間を意識的に増やすことです。

 

そうすることで、

脳が自然とそのような習慣へとシフトしてくれるはずです。

 

 

【4】好きな人のタイプはこだわり?執着?

 

あなたの好きなタイプの男性は何ですか?

もしかすると、自分のステータスのような感覚で決めてませんか?

 

  • 顔が良くてスタイルが良かったら自慢できる
  • カッコいい車に乗って迎えにきたら自尊心をくすぐられる
  • 仕事ができる男と付き合うと自分までできる女に見られる

 

人である以上このような部分はぬぐいきれないので、

見栄を張りたいとか自尊心を得たい気持ちを抑える必要はありません。

 

大切なのは、

 

何を基準に相手を選んでいるかということです。

 

仮にあなたが選ぶ一番目の基準が上記のようなものだとしたら、

ケンカになりやすかったり、すぐに別れたり話しになったりと、

どこかすれ違いを感じることが増えるでしょう。

 

あなたは好きな人といることで、どうなりたいのでしょうか?

これだけは譲れないこだわりがあるとしたら何ですか?

 

そのことに気付けたら、

好きなタイプに過剰にこだわる必要もなくなるかもしれません。

 

絶対に譲れないこだわりは、意外と少ないものです。

見栄や自慢したい気持ちに執着していると条件が増えます。

 

こだわりと執着のバランスを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

好きな人は妥協せず理想で選ぶべき

 

「この人でいいか・・・」

 

何となく妥協で選んでしまっていませんか?

あなたはそれで幸せと感じられたでしょうか。

 

もし、

 

自分の譲れないこだわりで理想の男性を選び抜けたのなら?

 

きっと、その方が確実に幸せになれそうですね。

そう言った意味で、

 

好きな人は理想で選ぶべきだと思います。

 

好きな人とどんな風に過ごしたいかの未来を想像してみましょう。

 

そして、

 

そこでどんなことを味わっているかを感じてみて下さい。

 

それがあなたの目的となります。

好きな人ができない理由は、

 

本当の好きな人を知るための時間を与えられているのかもしれません。

 

素敵な恋愛ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ