リバウンドしないダイエット方法を探すより重要な1つの視点


リバウンドしないダイエット方法を探すより重要な1つの視点

 

せっかく痩せても元に戻っては意味がありません。

もしリバウンドしないダイエット方法より確実な方法があるとしたら、

しかもそれはお金も手間も全くかからないとしたら、

それがたった1つのある視点を知るだけのことなのです。

 

前回は、痩せたいのに食べてしまうのは病気?身体が心から望むものにて、

実は痩せたいと思っても食べてしまう原因は多くは非常にシンプルですが、

無理せず食べながらでも痩せられるコツについてお伝えしました。

今回は、リバウンドしないダイエット方法より重要な視点です。

 

ダイエットしている最中は、

何キロまで体重を落とすとか理想のスタイルを目指すなど、

明確な目標があるだけにモチベーションが維持できます。

 

しかし本当の問題はその後のリバウンドです。

 

僕達は目標を達成してしまうと、

次の目標を設定しなければ行動そのものが鈍くなってしまいます。

これは人間の本質とも言えるのでどうしようもないのです。

 

だからと言ってリバウンドすることを許したくはないですね。

だけど多くの人は気持ちの油断から身体が緩んできてはじめて気づき、

そこでリバウンドしないダイエット方法を探しはじめます。

あるいは今までの頑張った方法でまた痩せようとします。

 

こうした公園のシーソーのような状態より、ずっとキープしたいと思いませんか?

 

そのためにある視点に目を向ける必要があります。

それは僕達日本人がダイエットに対する認識からはじまります。

今回は、そんなリバウンドしないための重要なことをお伝えします。

スポンサーリンク

 

ダイエットの成功率とリバウンドの確率

 

食べることに不自由しない世の中になった今、

食べ過ぎることで肥満に悩まされる人が増えてきました。

どのくらいの人がダイエットに挑戦しているかお分かりですか?

 

女性の実に全体の8割の方がダイエット経験者なのです。

 

日本の人口は約1億2千7百万人です。

そのうち女性の比率は約6千5百万人で男性は約6千2百万人です。

ということは8割なので約5千2百万人がダイエット経験者です。

これだけの多くの女性が肥満を気にしている現状なのです。

 

ちなみに1946年、戦後の日本の人口は約7千2百万人です。

1867年の幕末の時代では人口約3千3百万人でした。

日本人の人口が1億人に達したのは1967年です。

ではこの約5千2百万人のうちどのくらいダイエット成功者でしょう。

 

ダイエットの成功率は3割程度にとどまっています。

 

約5千2百万人がダイエットに挑戦して、

約1千5百万人の女性がダイエットに成功していることになります。

こうみてみると意外と成功している人の数は多く感じますね。

ではそのうち2年以内にリバウンドした人の数はいかがでしょう。

 

なんとリバウンドした人は7割にも及ぶのです。

 

つまり約1千5百万人のうち1千万人以上がリバウンドしています。

5千2百万人ものダイエット経験者がいる中で、

本当の成功者は5百万人にも満たないのです。

 

 

日本人のダイエットにおける大きな誤解

 

ダイエットとは本来「生き方」を意味する言葉なのだそうです。

健康的な身体になるための食事の方法であり、

痩せることを意味しているわけではないのです。

なので痩せすぎなら適正体重に戻す意味でもあります。

 

体重を増やすこともダイエットとは違和感があると感じませんか?

実はここに日本人のダイエットにおける誤解が蔓延しています。

 

日本に限らず先進国でのダイエットのイメージは、

増えすぎた体重を減らすことや脂肪を落とすことですね。

なので運動や食事制限すること減量することだと思いがちです。

またスポーツ選手のアスリートも減量で体重を落としているので、

僕達はダイエットに対して減量というイメージがあるのかもしれません。

 

だけど本来はダイエットは健康になるためのものです。

 

運動をすることや食事制限をすることではないのです。

そうではなく健康のためには食事の内容を改善することです。

これは言い換えると「食事療法」ということにあたります。

 

僕達は本来、健康的な食事を心掛けていれば太りません。

世の中が便利かついつでも自由に食べれる環境にあるため、

その恩恵が裏目に出ているのが僕達の健康なのかもしれません。

 

 

ダイエットは「引き算」することがリバウンドしないコツ

 

誰もが成功したらそれを継続したいものですね。

せっかく痩せられたのならその体型をずっと維持したいですね。

そこでリバウンドしないダイエット方法ばかり考えていないでしょうか。

リバウンドしないためには方法よりある視点を見つめる必要があります。

 

それは日常に馴染んでいる太る習慣を排除していくことです。

 

ジャンクフードを気にせず食べているのに、

ずっと同じ体型をキープすることはできないはずです。

脂っこい物や甘い物を遠慮なしに食べ続けていれば、

いずれはお腹に脂肪がついて見た目も悪くなってしまいます。

 

このような太る習慣を排除しなければいけません。

このように生活の悪習慣を無くすことは「引き算」の考え方です。

ダイエットに成功する人はこの引き算の視点を持っています。

 

「極度の食事制限をしなかったから痩せた」

「お酒をやめたから脂肪がつかなくなった」

 

方法や器具を探し求めて「足し算」することより、

生活の太る原因となる習慣を排除する「引き算」が重要です。

リバウンドしないダイエット方法なんてありません。

こうした視点を持つことがいつまでも体型をキープするコツです。

 

 

運動や筋トレ、食事制限で短期間で痩せようとしないこと

 

前述したようにダイエットとは健康を目指すことです。

太りすぎたら体重を減らし、痩せすぎたら体重を増やす。

適正体重に戻して健康的な状態を維持することなのです。

 

そのためには食事の内容を改善することです。

 

痩せるためには和食!自然に痩せてきれいな女になる秘密にて、

お伝えしている通りで僕達日本人は和食中心の食事が大切です。

とくに「マゴワヤサシイ」という内容が重要な基準となります。

 

そして何より引き算の考え方の方が、

余分にお金をかける必要もありませんし、

運動で無理矢理に時間を作って頑張る必要もありませんし、

とにかく食の量を減らして我慢し続ける必要もありません。

 

  1. 太る原因となる習慣を排除する
  2. 食事の内容を改善する

 

たったこの2つだけで、

リバウンドしない身体になれます。

なぜなら太る原因となる習慣を排除すれば、

後に残るものは太らない生活習慣になるだけです。

食事の内容にしたって痩せるために必要な栄養素があります。

今回お伝えした引き算の視点で自分自身の身体を見つめていきましょう。

 

理想的な生き方ができることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ