ダイエット中でもOK!太りにくいお酒の飲み方


ダイエット中でもOK!太りにくいお酒の飲み方

 

ダイエット中はお酒を控え目にするべき・・・

そんな意識があなたにもあるかもしれませんが、

だけど太りにくいお酒の飲み方があることをご存知でしょうか。

特にお酒好きの人にとって我慢することは辛いことですね。

 

前回は、太りにくい食べ物を見極めて無理なく自然にダイエット成功にて、

太りにくい食べ物と言えばカロリーや栄養のことを考える人が多いですが、

太る原因の視点からどんな食べ物が太りにくいかをお伝えしました。

今回は、ダイエット中のお酒の飲み方についてです。

 

会社の飲み会や女子会であったり、

また結婚式の披露宴や友達との付き合いなど、

社会人になったらお酒を飲む機会が続いたりしますね。

またお酒好きなのにダイエット中は我慢することは辛いですね。

お酒はどうしても制限しなければいけないのでしょうか。

 

いいえ、ダイエット中でも太りにくいお酒の飲み方をすれば大丈夫です。

 

そのためにはお酒の種類に関してのことや、

そして太る原因として大きいおつまみに関してのこと、

またお酒を買うときに心掛けていきたいことなどあります。

 

とは言っても難しいことではないので、

これから紹介することを知識として持っておいて、

あなたの太りにくいお酒の飲み方として日常に組み込んで、

好きなお酒を飲みながらでもダイエット成功に導いてほしいと思います。

スポンサーリンク

 

お酒に入っている糖質の量がポイント

 

太りにくいお酒の飲み方というのは、

お酒との付き合い方次第で太る太らないかが決まります。

というのも、アルコールそのものにカロリーはありますが、

 

体内で吸収・蓄積される前にほとんどが燃焼されてしまうからです。

 

このようなカロリーのことを「エンプティカロリー」と呼びます。

つまり、お酒だけでは太らないということが言えるのです。

とは言え、お酒には糖質が含まれています。

糖質の摂り過ぎはダイエットには禁物ですね。

そこでお酒には大きく分けて2つの種類があり、

 

  • 醸造酒 = 糖質を多く含む
  • 蒸留酒 = 蒸留によってアルコールをカット

 

このように糖質を含む量に違いがあります。

ということは焼酎やブランデー、ウォッカやウィスキーなど、

これら蒸留酒に該当するお酒をのむことが太りにくいお酒となります。

ですがお酒は最初にお伝えしたように付き合い方が肝心で、

 

糖質が含まれていないものと割って飲むことです。

 

砂糖たっぷりの甘いドリンク系のものと割っては意味がありません。

では日本酒、ワイン、ビールなどの醸造酒がダメなのか?

と言われたら、実はそこも付き合い方次第となってくるのです。

それは後ほどの項目でお伝えします。

 

 

太る原因はお酒より「おつまみ」にある

 

もう一つ太りにくいお酒の飲み方があります。

それはあなたもご存知のことかと思いますが、

 

お酒と一緒に食べる「おつまみ」との関係です。

 

太る原因は、お酒よりおつまみにあると言えます。

お酒を飲むと食欲が増して脂肪を吸収しやすくなります。

なので飲むときに何を食べるかが非常に重要となってきます。

 

まず醸造酒を飲むのであれば炭水化物は避けることです。

炭水化物には糖質が含まれているので一緒に食べることは、

糖質過多となってこれが太る原因となってしまいます。

 

なのでここもお酒との付き合い方が重要で、

「マゴワヤサシイ」がダイエットの継続に効果的な理由にあるような、

糖質をあまり含まず、腸に負担の掛からない食材を食べることです。

 

  • 刺身
  • 冷奴
  • 魚介類の汁物
  • 枝豆
  • 海藻サラダ
  • きのこの和え物
  • カルパッチョ

 

などなどこれら和食中心の食材は、

ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいるのでお勧めです。

なぜならアルコールが肝臓で分解されるときは、

ビタミン・ミネラルも同時に消費してしまいます。

 

ビタミン・ミネラルは脂肪燃焼や代謝に必要な栄養素です。

生命活動に必要な酵素にも必要となる栄養素なので、

アルコールの分解によって消費して不足してしまうと、

 

太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

 

それを避けるためにも、

そしてお酒を楽しみながらダイエット成功するためにも、

おつまみの食べ方にも十分気を配ることが大切です。

 

 

アルコールによる「リッキーガット症候群」の危険

 

「酒は百薬の長」なんて言われてますが、

それはほどほどに飲むからで、その適量とは意外と少ないものです。

そしてもう一つ注意したいのはいくら適量を飲んでいるからと言っても、

 

値段の安い発泡酒のような添加物の多いお酒に手を出すことです。

 

僕達はお酒に限らず値段の安いものについ手を出してしまいがちです。

しかし、値段を下げる裏ではコストダウンのための施しがされてます。

それが国の表示義務を避けるような化学物質を入れてたりするのです。

 

特にリッキーガット症候群は、腸に穴が空く病気です。

動物性食品、穀類、そしてお酒に含まれているアルコールなど、

これらは胃や腸に負担を掛けて消化吸収を妨げる原因でもあります。

肉類は大量に食べてしまうと腸で腐って悪玉菌を増殖しますし、

アルコールは肝臓だけでなく腸の粘膜のバリア機能をおかしくします。

 

リッキーガット症候群は肥満を招くとも言われており、

その理由は腸に穴が空くことで必要な栄養素を吸収できなくなるからです。

その結果、何を食べても効果がなく太りやすくなってしまうのです。

本当の意味でのダイエット成功とは食事を制限することではなく、

必要な栄養素を摂って身体の自然に痩せる機能を活用することです。

 

僕の友人の1人でお酒が好きで毎日一人晩酌をしているのですが、

会うたびに顎のラインがなくなって丸々とした身体になっています。

本人でも止めたいと言ってるのですが本気で思ってはいません。

傍から見ていて「あのままだとヤバいなぁ」と感じるのですが、

お酒とは付き合い方はとても重要だと感じさせられます。

 

 

値段の安いお酒ほど太りやすい

 

その僕の友人は太った原因は、

 

間違いなくお酒との付き合い方が悪かったからです。

 

それはコンビニなどで売っているような、

値段の安い発泡酒ばかりを飲んでいたらからです。

よく「ビールっ腹」なんて言葉がありますがその友人の身体は、

まさにアルコールによってできた下っ腹が見事に膨れ上がってました。

 

ダイエット中でもお酒はOKですが、

正しい付き合い方を知っておかないと危険です。

太る原因だけでなく病気の原因にもなります。

 

お酒は「百薬の長」でもあり「万病の元」でもあるのです。

 

だけどお酒好きの人にとっては、

完全に絶ってしまうことは難しいところだと思います。

だからこそ太りにくいお酒の飲み方として、

 

  1. 糖質のカットされた蒸留酒を飲む
  2. 醸造酒は良いものを適量飲むことを心掛ける
  3. おつまみは「マゴワヤサシイ」を中心に食べる
  4. コンビニなどで売られてる安いお酒は買わない

 

以上の4つのことを意識してみて下さい。

 

我慢し過ぎず痩せられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ