太りにくい食べ物を見極めて無理なく自然にダイエット成功


太りにくい食べ物を見極めて無理なく自然にダイエット成功

 

痩せたい人なら太りにくい食べ物を知りたいところだと思います。

そこでコンビニやスーパーのどんな食べ物が低カロリーなのかとか、

太りにくいレシピなどに目を向ける人が多いかと思います。

ですが、もっと身体のことを知ることが失敗しない秘訣です。

 

前回は、肥満の原因と言われる腸に穴が開く危険な病気とは?にて、

肥満になると病気になりやすいと言われて情報自体も多くありますが、

ダイエットの大敵である肥満の原因なる病気についてお伝えしました。

今回は、太りにくい食べ物の見極め方についてです。

 

世の中にはたくさんの太りにくい食べ物が紹介されています。

雑誌、テレビ、書籍、ネットなど今は情報が簡単に手に入ります。

そうした情報を意識的に受け取って気を付けることは素晴らしいです。

 

しかし、それでも痩せられない人は後を絶ちません。

確かに食べ物に気を付けることは非常に大切なことだと思います。

それでも痩せられないならもっと根本的なことを知る必要があります。

 

それは僕達自身の身体のことです。

 

その上で太りにくい食べ物の要点を押さえておくことで、

外食をするときや食材を選ぶときの基準となります。

痩せられない人は不必要なものの摂取のし過ぎです。

本当に必要なものが足りていないことに気付いていません。

スポンサーリンク

 

食べ過ぎなくらいなのに栄養不足

 

人は食べたものを消化して吸収します。

食べ過ぎるとなぜ太ってしまうかお分かりでしょうか。

 

それは食べ過ぎることで必要な栄養を吸収できなくなるからです。

 

生命活動には酵素という栄養素が必要不可欠です。

酵素は消化と吸収の2つの働きに重要な役割を果たします。

たくさん食べるということはそれだけ消化にエネルギーを使います。

そうなると酵素は消化することにほとんど使い切ってしまいます。

 

となると次に重要である吸収に回っていかなくなるのです。

ということは必要な栄養が体内にエネルギーとして摂り込まれません。

常に栄養不足の状態となって身体は常に求め続けるようになります。

それが空腹というかたちで僕達の意識に訴えかけてきているのです。

 

ダイエットをして痩せたいけど空腹を我慢するのは辛いですね。

だけど必要な栄養をしっかり摂れる状態になっていれば、

小食でも空腹感をそれほどなく、また耐えることもできるのです。

 

僕達は常に食べ過ぎているくらいなのかもしれません。

それは少しお腹が空けば何も考えずに好きなものを食べます。

たくさん食べているのにも関わらず栄養不足の状態になるのです。

そこで以下でお伝えする簡単なことを意識することで、

無理なく自然にダイエット成功に導くことができると思います。

 

 

安く手に入る食材ほど不自然な加工をしている

 

僕達はお腹が空いたら食べ物を食べます。

朝、昼、晩または間食を食べることは当たり前のことですね。

ですがそのような整った環境はほんのつい最近のことで、

祖先の時代である大昔から常に飢えと戦ってきてたのです。

 

そのような厳しい環境に耐えるためには、

そうした環境にしっかりと適応していく必要がありました。

飢えに耐えるために少しの栄養を脂肪として蓄えていたのです。

 

それが今はいつでも簡単に食べ物が手に入ります。

だけど身体そのものは過去の状態そのままなのです。

なぜなら僕達は先祖の遺伝子を受け継いで生きているからです。

 

そしていつでも簡単に手に入るには、

それなりに食材に加工を施さなければいけません。

それが保存料や着色料などといった添加物のことです。

「安かろう悪かろう」ということわざがあるように、

 

値段が安いものは、それ相応の品質であるということです。

 

値段を安く提供するためには不自然な加工がされているのです。

それを知れば今までのように食べたいものを買えるでしょうか。

またこうした食べ物が消化吸収の効率を悪くさせてしまうのです。

ジャンクフードが太りやすいのは誰もが知っていることですね。

 

  1. いつでも簡単に食べられる環境
  2. 消化吸収を悪くさせる食べ物

 

この2つの理由から現代の肥満が増加しているのです。

そこで僕達自身で自分をコントロールする必要があります。

何も考えずに食べることでダイエットだけでなく健康も害します。

日本が長寿大国と言われているのに健康寿命は10年の差があります。

それは食べているものを僕達自身で考えなければいけないのです。

 

 

原型のない食べ物ほど太りやすい

 

太る食べ物とは原型のない食べ物のことです。

つまり不自然な食べ物であることが多いということです。

それは精製される過程で化学合成されたものが入っているからです。

 

スナック菓子、菓子パン、甘いスイーツなどがそうです。

他には、コンビニやスーパーで売られている大量生産された弁当、

漬物や梅干しでさえ着色料がしっかりとつけられています。

味付けの濃い油物や揚げ物にしたって栄養素は足りません。

 

またゼロカロリーや野菜ジュースだって健康のイメージがあっても、

精製する過程で栄養素が破壊されて糖分ばかりだったりします。

それに国の表示義務を避けた化学合成がされていたりするのです。

 

こうなると一体何を食べていいのか分からなくなってきますね。

決して食べてはいけないわけではなくて意識を持つことが大切です。

安いからと何も考えずに買っていたことを考え直してみることで、

ダイエットしても痩せない人でも徐々に痩せられるようになります。

結局は必要な栄養を摂らなければダイエット成功ではないのです。

 

 

食べ過ぎず、栄養価の高いものを少しずつ

 

ここまでいろいろと語ってきましたが結論を言うと、

 

手ごろな値段の安い食べ物を摂取しないことです。

 

朝、昼、晩、3食食べることが当たり前になってますが、

そんなのは最近の時代になってから言われていることで、

人間も野生動物のように簡単に食べれない状態が普通でした。

 

僕自身、こうして健康に関して調べていくうちに、

今では朝と夕方の2色のみで夜はどうしても食べたいなら、

納豆ともずくしか冷蔵庫に入れないようにしてそれを食べてます。

また食べ物を買うときも安いものは避けるようになりました。

また甘いものに目がないのですが、今はほとんど食べません。

 

食べ過ぎず、栄養価の高いものを少しずつ。

 

これが太りにくい食べ物の見極め方です。

このような意識を持ってこれからの食生活を変えていくと、

ダイエット、美容、健康のすべてを手に入れることができます。

 

野菜や果物、刺身や海藻類、豆類、きのこ類、芋類などを選び、

またコンビニやスーパーなどで食べ物を買うにしても、

パッケージの原材料名をチェックするようにしましょう。

チョコレートなのに一番最初に「砂糖」なんて表示されてたりします。

身体に良さそうなものが一番目に表示されてるものを選びましょう。

 

無理なく自然にダイエットが成功できることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ