腸内環境を整えることがダイエット成功に関係がある理由


腸内環境を整えることがダイエット成功に関係がある理由

 

腸内環境がきれいになれば痩せやすくなる・・・

ダイエットをしようと思っている人なら気になりますね。

腸は「第二の脳」とも呼ばれていて身体の最も重要な部分です。

 

前回は、痩せられない人の特徴はホルモンを受け取る受容器にあるにて、

なかなか痩せられない人はホルモンの受容器に問題があるケースがあり、

食事の改善によって痩せやすくする方法についてお伝えしました。

今回は、腸内環境とダイエット成功の関係についてです。

 

痩せやすい体質、痩せにくい体質。

人によって体質が違うと言われていますね。

代謝が良いとか、消化吸収が良いとか、ホルモンバランスとかありますが、

同じように生活しているのに身体への影響が違うのは、

 

腸内細菌が関係しているのです。

 

代謝も消化吸収もホルモンも腸が関係してきます。

なぜなら食べ物は胃や腸によって必要な栄養として摂取されます。

そこで腸内細菌が上手く機能することが重要となってきます。

本来、身体は太り過ぎたと感じたら自然と痩せるようになっています。

それが適切に行われていないから肥満という現象が起きてしまいます。

 

その原因は身体に悪影響を及ぼす食べ物を食べてしまうからです。

ジャンクフードや加工食品は化学物質などの添加物が豊富に含まれてます。

なのでそれらが原因で腸内細菌にも悪影響が及んでしまいます。

ではダイエットを成功させるためにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

 

便秘を解消することで痩せやすくなる?

 

腸内環境というと便秘が思い浮かぶ人は多いと思います。

女性の場合は4人に1人は悩まされるほどと言われています。

やはり便秘になって良いことなどひとつもありません。

便秘によって老廃物が溜まってしまうと、

 

  • 頭痛・肩こり・腰痛
  • 口臭・体臭
  • イライラ・不快感
  • 不眠
  • 倦怠感・疲労感
  • ニキビ・肌荒れ・むくみ・吹き出物・シミ
  • 腹痛・お腹の張り・食欲低下
  • 冷え性
  • アレルギー
  • 免疫力低下

 

などなど実に様々な弊害をもたらします。

ダイエットをしている女性で便秘がちになる人は多いですね。

それは食べる量を制限することで痩せようと考えるからです。

本来は、食べた分だけしっかり出せれる方が効率よく痩せます。

このことから食制限より食事改善への意識が大切だと分かります。

 

便秘を解消することで痩せやすくなるというよりは、

食生活と共にダイエットと快便はセットであると言えます。

正しいダイエットをすれば便秘が解消されるだけでなく、

美容にも健康にも総合的に良くなるということなのです。

 

 

腸内環境を整える2つの食物繊維

 

そこで腸内環境を整えることが大切となるのですが、

それには食物繊維と酵素がとても重要となります。

そして食物繊維と言っても2種類あることをご存知でしょうか。

意外と知らない人が多いのですが食物繊維には、

 

  1. 不溶性食物繊維
  2. 水溶性食物繊維

 

以上の2種類があります。

実はこのことを知っておかないと逆に便秘の原因になるのです。

たとえば玄米はミネラル・ビタミンが豊富でダイエットに適してます。

当然、食物繊維も豊富ですがそれは不溶性食物繊維が多いのです。

そのことを知らずに玄米は身体に良いからと食べていると、

よくあるお腹が張った状態になって便秘がちになります。

 

不溶性食物繊維は水を吸収して腸内で10倍に膨らませます。

これによって腸内の便が押し出されて体外に排出されるのですが、

水溶性食物繊維によって排出させやすくする必要があるのです。

つまり増えるだけでは詰まりっぱなしになりかねないのです。

 

一般的に不溶性食物繊維はよく摂っている方なので、

意識して摂っていきたいのは水溶性食物繊維の方です。

海藻類・豆類・根菜類・きのこ類・芋類などに多く含み、

「マゴワヤサシイ」がダイエットの継続に効果的な理由にあるように、

和食中心を心掛けることが食物繊維をバランスよく摂るコツです。

 

 

ダイエット成功には腸内細菌がカギを握る

 

腸内環境を整えるためには、

2種類の食物繊維をバランスよく摂ることです。

そうすることで結果的に便秘やダイエットだけでなく、

健康にも美容にも総合的に良くなっていくのです。

ですが腸内環境を整えるとうのは、

 

実は腸内細菌のバランスのことを言います。

 

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つがあり、

それぞれが調和を保っていることが良い状態なのです。

ジャンクフードや加工食品、または動物性たんぱく質など、

食物繊維がほとんど含まれていない食べ物ばかり食べることで、

腐敗が進んで悪玉菌が増えて腸内環境が悪化してしまいます。

 

そこでコンビニサラダやヨーグルトなど、

とにかく食物繊維や乳酸菌を摂ればいいとだけ思い、

安易な方法に走ってしまうと先ほどの2種類の食物繊維のことで、

便秘がちになって腸内環境も悪化する原因となってしまいます。

 

そこで「マゴワヤサシイ」を中心とした和食にすることで、

腸内細菌にとって必要な2種類の食物繊維をバランスよく摂り、

免疫力を高めるための酵素もしっかりと摂ることができます。

やはり和食中心の食生活に戻すことが改善の一番の策なのです。

 

 

酵素と食物繊維で腸内環境を整えよう

 

善玉菌を活性化させるとなると、

どうしてもヨーグルトというイメージがありますね。

またコンビニやスーパーで簡単に手に入れることもできます。

 

ところが僕達日本人にとって横文字の食べ物は、

もともと身体に馴染んでいるものではないので、

和食から食物繊維を摂ることの方が理にかなっています。

 

乳製品であるヨーグルトは動物性でもあるので、

腸内を荒らしてしまう原因となってしまうこともあります。

ヨーグルトを無理に食べようとするくらいなら、

同じ発酵食品である納豆や味噌や漬物がベストです。

 

そうすることで酵素と2種類の食物繊維によって、

腸が効率よく消化吸収を行って必要な栄養を摂れるようになり、

健康も美容もダイエットも全てを手に入れることができます。

きちっと食生活を改善できれば総合的に良くなるのです。

 

痩せて人生も変えられることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ