ダイエットにいい食べ物は手軽に買えない!コンビニの危険性


ダイエットにいい食べ物は手軽に買えない!コンビニの危険性

 

痩せるために頑張って運動はしているんけど、

でも食事に関してはコンビニなどで済ませていませんか?

また巷のダイエットの方法を鵜呑みにしていないでしょうか。

ダイエットにいい食べ物と運動は痩せるための両輪です。

 

前回は、炭水化物抜きダイエットは本当に痩せる効果があるのか?にて、

テレビや雑誌などでも取り上げられた炭水化物抜きダイエットですが、

実は身体には負担になる知られざる危険性についてお伝えしました。

今回は、コンビニの危険性についてです。

 

あなたもコンビニダイエットを聞いたことがあるかもしれません。

最近のコンビニには低カロリーの食品などが出るようになりました。

このようにカロリー計算さらた食品がコンビニなど、

どこにでもある手軽な店にあると便利で憂いしいですね。

 

しかしそんな低カロリー計算された食品コーナーもほんの一部です。

周りを見渡すとまだまだダイエットに向かない危険な食べ物もあります。

むしろほとんどがジャンクフードの類なのではないでしょうか。

ここではコンビニに並ぶ食べ物の危険性についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

どこにでもある手軽で便利なコンビニ

 

あなたはジャンクフードと聞いて何を想像しますか?

ファーストフードをイメージする人が多いのではないでしょうか。

だけどコンビニでもスーパーでもジャンクフードはたくさんあるのです。

ジャンクフードの「ジャンク」とは「くず・ガラクタ」のことを差し、

 

人が食べるような価値のある食品ではないことを意味します。

 

なぜなら、身体に必要なビタミンやミネラルが少なく、

吸収が早く血糖値が上昇しやすい炭水化物や、

摂り過ぎることで太る原因となる脂質が多く含まれており、

さらに身体に悪影響を及ぼす添加物まで含まれているからです。

これだけ聞いてもずいぶん身体に悪そうに感じますね。

 

ハンバーガー、ポテト、ドーナツ、ポップコーンもそうですが、

菓子パン、スナック菓子だけでなくケーキやアイスクリームもそうです。

またカップ麺などのインスタント製品だってジャンクフードです。

これらは精製されたもので、人口油脂や添加物が含まれています。

代表的なもので言うと、マーガリンやショートニングなどです。

ダイエットにいい食べ物どころか健康すら害してしまいます。

 

 

気付かずにプラスチックを食べている!?

 

このようなジャンクフードには厄介な問題があります。

 

それは「トランス脂肪酸」が含まれていることです。

 

これは長期保存とコストダウンを目的として、

元素記号を意図的に変化させた自然界に存在しない脂肪酸です。

自然界に存在しないので化学物質と言い換えることができます。

 

もっと言えば、僕達はプラスチックを食べているとも言えるのです。

 

コンビニにはこのようなものが圧倒的に陳列されています。

ダイエットしている人でも甘い物を見るとつい手が出そうになりませんか?

とてもダイエットにいい食べ物を意識して選んでいてもすぐ隣には、

たくさんの舌に心地の良い甘い菓子パンやスナック菓子が置いてあるので、

つい魔が差して買ってしまいそうになるのではないでしょうか。

 

菓子パンやスナック菓子に含まれるマーガリンやショートニングは、

このトランス脂肪酸が多く使われているのが現状です。

アメリカを中心にヨーロッパ各国や中国や韓国などは、

このトランス脂肪酸に対して規制されるようになりましたが、

日本では他の国と比べて個人の摂取量が少ないためか、

すぐには影響が出ないということで今は規制されていません。

 

つまり危険なものがいつでも簡単に置いてあるのが現状なのです。

 

このトランス脂肪酸は、消化器官への負担が大きいです。

肥満だけでなく心臓病、動脈硬化、心筋こう塞、狭心症のリスクもあります。

僕達の身の回りには危険な食べ物がありふれているということに、

気付いていかなければいけないのかもしれません。

 

 

ジャンクフードは老化を促進させる

 

ジャンクフードの恐ろしさは他にもまだあります。

あなたはAGEsという物質をご存知でしょうか。

これは糖とタンパク質が熱によって結合した糖のことです。

生ものや発酵食品以外はほとんどが熱処理された食べ物です。

 

そしてAGEsはシミ・しわ・くすみ・たるみの原因にもなります。

 

その中でもジャンクフードの含有率とてつもなく多いのです。

そこに糖度の高い清涼飲料水を合わせて飲んでしまうと、

非常に身体に悪い組み合わせとなるのです。

菓子パンに炭酸飲料なんて実は最悪の組み合わせなのです。

 

最近のコンビニにはヘルシーなものが増え、

ダイエットにいい食べ物があるなんて思っていても、

実際は棚に陳列されているもののほとんどが、

ジャンクフードであり、精製された食品であるということを、

知っておくことがダイエットだけでなく美容に重要です。

 

 

ダイエットにいい食べ物は精製されてない自然食

 

コンビニやスーパーなどに置いてある食べ物、

それらのほとんどが精製されたものです。

よくよく考えてみれば不自然な食べ物と言えます。

そしてゆっくりと着実に身体に悪影響を及ぼします。

 

ここまで読んで頂くと、

今まで当たり前のように買っていた食べ物に違和感を覚えませんか?

何の疑いもなく手にしている食べ物には見えない落とし穴が潜んでいます。

それはたとえパッケージで「健康」と謳っているものであっても、

原材料表示で何を入れているのかを書かれてあっても、

 

表示義務が出ていないものを使っていたりするものなのです。

 

かと言ってほとんどが精製されている食べ物なので、

完全に断つことは、ほぼ難しいのではないでしょうか。

ダイエットにいい食べ物は本来は精製されていない自然食が一番ですが、

生ものや発酵食品ばかりを食べるというのも無理があると思います。

 

だけど僕達が普段食べているものが一体何なのか?

 

そのことに少しでも意識が行くようになると、

ダイエットも成功に近づくのではないでしょうか。

なぜなら運動と食事のバランスが大切だからです。

コンビニは確かに便利ですがジャンクフードは非常に多いです。

 

美しく健康的に痩せられること祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ