ダイエットで運動することは王道と言える方法だけど…


ダイエットで運動することは王道と言える方法だけど…

 

最近、太りはじめてダイエットを考えている・・・

そこで運動をしてみたけど長続きせず失敗してしまった・・・

痩せるための運動はダイエットの王道とまで言われていますが、

運動だけでで何とかしようと思うと失敗しやすいと言われています。

 

前回は、痩せるための筋トレで女性が知っておくべき基礎代謝の知識にて、

痩せるために筋トレをするのは自宅でもできる意外と手軽な運動ですが、

筋トレをして基礎代謝や消費カロリーの影響についてお伝えしました。

今回は、ダイエットの王道である運動の注意についてです。

 

今ではダイエットで運動することは常識となっています。

とりわけ筋トレをすることで基礎代謝をアップさせて、

ウォーキングやジョギングなどで脂肪を燃焼させる。

この方法は、疑いのない確立された方法となっています。

 

つまりこの通りにやれば、ほぼ確実に痩せられるというのです。

 

だけど、それでも続かない人は後を絶ちません。

痩せることは分かっていても、どうしても続かない・・・

ダイエットで悩む人はここのところが多いのではないでしょうか。

 

それは節約にしても片付けにしても、

何にしても分かっていても続かないことは多いですね。

ではどうやって乗り越えることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

張り切る人ほど続かない運動のワナ

 

「痩せるために今日から運動するぞ!」

「何としても、3か月後に○キロ痩せるぞ!」

 

このように決心する人ほど運動は続かないことが多いです。

張り切る人ほど最初の1ヶ月、2ヶ月で止めてしまいます。

なぜ決心したにも関わらず続かないのでしょうか。

 

これはダイエットに限ったことではありません。

僕の友人の一人は、仕事を退職したのを機会に資格取得に燃えていました。

最初は独立する夢を語って、通信講座や図書館に通ったりと、

張り切ってがむしゃらに頑張っていたようでした。

 

ところが半年もしないうちに、

テーブルには参考書や教材の代わりにテレビゲームが置かれていました。

久しぶりにその友人の家に行くと彼は勉強のためのペンではなくて、

ゲーム機のコントローラを握っていたのです。

 

物事が続かない原因は、それ自体が楽しいものではないからです。

 

僕はスノーボードが好きで暇さえあれば山に遊びに行きます。

同じ運動でも”楽しい”感じられるといつまでも続きます。

友人の場合も同じでテレビゲームをすることが楽しいから、

資格の勉強よりもテレビゲームの方が優先されてしまったのです。

 

痩せるために張り切ったのはいいけど、

それが続かないのは非常にシンプルで心から楽しめないからです。

ダイエットしている意識すらなく”それ自体”が楽しければ、

いつまでも続けることができるのではないでしょうか。

 

 

痩せるための運動がかえってストレスになることもある

 

このように運動しても続かない人は、

 

運動することがかえってストレスになっているケースです。

 

心のどこかで「運動しなければ」と感じてしまうものです。

ところが楽しいのなら「運動したい!」と感じるものなのです。

なので痩せると分かっていても続けることが難しいのです。

 

続かないということは運動が非日常という認識になっていて、

自分の日常の中に”当たり前”のものとして溶け込んでいません。

太る原因とは食生活の乱れが主な原因と言われていますが、

普段の生活リズムを崩してまで運動を頑張ることは、

どうしても苦しくてストレスとなるのではないでしょうか。

 

だけどそれでも痩せてスリムな身体を手に入れたいですよね。

運動に限らず物事が続かない人はどうすれば良いのでしょう。

続かないならあきらめなければいけないのでしょうか。

 

いいえ、そんなことはありません。

僕達の身体は極端な変化を避けるようになっています。

要は極端なダイエットを避けて緩やかに行っていけばいいのです。

運動だけでは痩せることは非効率なのは生理的な面だけではありません。

継続するための精神的な部分からも非常に重要となります。

それが以下でお話する成功のための考え方です。

 

 

ダイエットで成功する人は運動と食事の両輪で行っている

 

極端なダイエットになってしまうのは、

ひとつのダイエット方法のみになってしまうからです。

それでは続かないし、リバウンドの可能性も高いです。

 

なぜなら身体は極端な変化を嫌う性質があるからです。

 

最初は誰もが勢いがあって努力することができます。

ところが意識的に頑張ろうしても最初の1~2ヶ月くらいで、

次第にやる気が低下するのは身体が変化に追いついていないからです。

急激な変化に身体は元の状態に戻そうと働きはじめるのです。

それは身体だけでなく精神的にも影響するのです。

 

そこでいろんな角度から痩せるためのアプローチを掛けるのです。

ひとつひとつの方法は小さくでも複数で攻めていくことで、

全体が押し上げられるように結果に繋がっていきます。

その代表が運動と食事の両輪で攻めるという方法です。

他にも入浴法や食事にしても制限だけでなく改善もあります。

 

 

少しずつ身体に変化を与えることが上手に痩せるコツ

 

このように複数でアプローチを掛けることで、

それぞれは少しずつ身体に変化を与えることになります。

そうなると変化が小さいので身体が抵抗しなくなるのです。

そして精神面でも急なやる気の低下に陥ることなく、

淡々と今やっていることをこなしていくことができます。

 

特に太る原因は食べ過ぎによるところが多いです。

食事を制限するだけでは苦しくなってしまいそうなら、

食べる内容を変えるという改善でアプローチを掛けます。

 

また完全に今までの食習慣を変えるのではなく、

朝、昼、晩のどれかを置き換えダイエットしてみるとか、

今までの食べている物の中からひとつ減らしてみるなど、

少しずつ少しずつ変化を食わることが上手に痩せるコツです。

 

スポーツだっていきなりハイレベルなことはできません。

今の自分のレベルの少し上の技をチャレンジしていく中で、

やがてハイレベルなこともできるようになります。

ダイエットもそれと同じ発想が通じるのです。

 

ダイエットで理想の身体になれることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ