ダイエット中の悩みで最も多い3つの項目と解決する方法


ダイエット中の悩みで最も多い3つの項目と解決する方法

 

ダイエットしていていもつい我慢できずに食べてしまったり、

途中でやる気がなくなってきたりと悩みを抱えてしまうことがありませんか?

ダイエットは約9割以上の人が失敗するとも言われていいます。

 

前回は、辛いダイエットの停滞期をサッと脱出するための必要なことにて、

ダイエットで順調に体重を減らしていくと訪れてくる停滞期ですが、

この時期を脱出するためのあることについてお伝えしました。

今回は、ダイエット中の悩みで最も多い3つの項目についてです。

 

ダイエット中の悩みは、ほとんどの人が経験します。

ダイエットで成功している人は、そこをうまく乗り越えています。

 

「私だけ何で苦しまなければいけないのよ!」

 

このときは、そう思ってしまうかもしれません。

痩せようと努力しているのに逆に増えてしまうと苦しいですね。

ですが、誰かが必ずその問題を乗り越えているのも事実なのです。

ダイエット中の悩みの中で特に多いのが、

 

  1. 思うように体重が減らないこと
  2. 途中で挫折してあきらめてしまうこと
  3. ついつられてしまって食べてしまうこと

 

以上の3つの項目ではないでしょうか。

ダイエットプログラムの謳い文句の中には、

 

「好きなものを思いっきり食べても大丈夫」

 

などのようなことも言っているものも見かけます。

ですが今までの生活通りとはいかないのは間違いのないことなのです。

ダイエットとは生活習慣に変化を起こして行い続けることです。

そこには身体からの抵抗が訪れてきてしまいます。

ではどうやって乗り越えていけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

 

ダイエットで失敗する共通点

 

冒頭でお伝えしたダイエット中の悩みで多い3つの項目ですが、

この項目にはある共通点が存在することが分かります。

それは何かとと言うと無理して痩せようとすることです。

 

  • 無理して痩せようとするから、思うように体重が減らなかったり
  • 無理して痩せようとするから、途中であきらめてしまったり
  • 無理して痩せようとするから、つい甘いものを食べてしまったり

 

このように結果を早く得たいと思うばかりに焦ってしまうので、

自分に無理して痩せようとして失敗を招いてしまうことになります。

 

これは意識では頑張ろうと努力するのですが、

実は潜在意識が急激な変化に対するブレーキを掛けることで、

現状を維持しようとする機能が働いて上記の3つの項目が出てしまうのです。

 

つまり「アクセル」と「ブレーキ」を同時にかけている状態です。

 

よく好きな人に話し掛けたいんだけど、

心臓がドキドキして過剰に緊張して何も言えなかったり、

自分のことなんて相手にしてもらえないと最初からあきらめたりと、

意識では「好き」と分かっても、身体が「怖れ」てしまっている状態と同じです。

 

となると解決する方法は、

潜在意識の「ブレーキ」を解いてあげる必要があります。

そうすることで、意識と潜在意識の両方で「アクセル」を踏むことができます。

そうなるとスムーズな発信ができるので成功する確率は格段にアップします。

 

 

スムーズな発信をするために大切なある視点

 

ダイエット中の悩みを解決する方法は極めてシンプルです。

それはある視点で物事を考えることで悩みは薄くなります。

 

そのある視点とは長期目線で考えることです。

 

前の項目でダイエットが失敗する共通点とは、

無理して痩せようとすることで結果的に失敗すると言いましたね?

ということは考え方を全く逆にして

 

自分に無理せず長期目線で考えれば自然と痩せられるのです。

 

もの凄くシンプルで当たり前のことを言っているかもしれません。

ですがシンプルで当たり前過ぎるので忘れがちになりやすいのです。

途中でなかなか体重が減らない時期が訪れたとき、

 

「今は痩せない時期に入っているだけだから大丈夫」

 

と自分を信じてコツコツと努力し続けることができるでしょうか。

きっと不安になって止めてしまう人がほとんどのはずです。

なのでダイエットで失敗する人が9割以上と言われているのです。

 

では全ての人が長期目線で考えることができるようになるといかがでしょう?

きっとこの9割以上の人もダイエットに成功しているのではないでしょうか。

ですがそう簡単に長期目線でダイエットを考えることができれば苦労はしません。

 

そんなことは分かっている、だけどできない・・・

この気持ちの裏には一体、何が隠れていると言うのでしょうか。

 

 

自分を否定している思いが成功の邪魔をする

 

ダイエット中の悩みが出てきてしまう理由は、

無理して痩せようと思ってしまうことが多いようです。

そのためには長期目線で考えることが大切なのですが、

だけど分かっていてもうまくいかないと悩んでしまうものです。

 

では分かっていてもできなくて悩んでしまう・・・

このような気持ちの裏に何が隠れているのかと言うと、

 

うまくいかない自分に対して「否定」してしまっていることです。

 

うまくいかない自分を否定するので、

結果が出ないことを嫌い、自分に無理して痩せようとしてしまいます。

誰だってうまくいかないと嫌な気持ちになってしまいますよね?

当然、そんな気持ちなんて二度と味わいたくないものですね。

 

だけど大切なのは、

味わいたくない嫌な気持ちほど優しく受け入れてあげることなのです。

 

うまくいっている自分は受け入れられて、

うまくいっていない自分は受け入れられない。

 

どちらも同じ自分なのに片方を否定してしまっては、

潜在意識も本当にダイエットを成功させて良いのか分からなくなります。

なぜならダイエットをして嫌な気持ちを味わってしまうことは、

潜在意識は「痛み」と認識してしまい避けるようになってしまうからです。

 

 

いかに否定的な感情を受け入れるかが鍵

 

ではどうやって否定的な気持ちを解決させていけば良いのでしょうか。

自分を受け入れるなんて簡単にはできそうにないと思うかもしれません。

 

それはとてもシンプルで、

うまくいかなくてネガティブな感情が出てきたら「分ける」だけです。

 

要するに「これは本当の自分の思いじゃない」と意識で理解できれば良いのです。

なぜならネガティブな感情そのものを出さないようにすることはできないからです。

そして出てくる感情が全て自分の思いだと思い込んでしまっているからです。

 

どちらも同じ自分なのでネガティブな気持ちも受け入れつつ、

自分は本当はどちらを選びたいのかを見失わないことが重要なのです。

 

あなたの想いは痩せて理想的な身体を手に入れることのはずです。

もっと言えば理想の身体を手に入れて好きな人と過ごしたり、

ファッションを楽しんだり軽快な気分で街を歩いたり、

このような思いが本当の思いのはずです。

 

自分の中には天使と悪魔の両方の声が出てくることを知っておく必要があります。

そして悪魔の声が出てきたら、それを「自分の思いじゃない」と分けるのです。

ネガティブな感情が出てきても、それを分かっていれば問題ありません。

感情をかき消そうと特別なことは何もする必要はないのです。

これはダイエットに限らず物事全てにおいて重要な考え方です。

 

このことを大切にして、

自分を優しくいたわりながら長期目線で考えるときっと成功すると思います。

 

理想の自分が手に入ることを祈っています。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ