元カレとよりを戻したい時のLINEを使った5つのポイント


よりを戻したい line

 

別れた元カレとよりを戻したい場合、

できてしまった距離感をどう埋めていくのか?

というところがポイントになってきます。

 

そこでLINEを使うと距離を上手く縮められます。

 

というのもLINEは直接会うわけではないので、

既にある程度の距離感が保たれているからです。

そのLINEを使ってよりを戻すまでに至るのか。

今回はLINEを使うときのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

【1】信頼関係と駆け引きで誘っていく

 

別れたあとに後悔することってありますよね。

たとえば喧嘩をした勢いで別れてしまった・・・

という人の多くは別れたあとに後悔します。

そんなときに元カレの存在の大きさを実感して、

よりを戻したいと思うようになる人もいるでしょう。

 

しかし元カレも同じようによりを戻したい・・・

と思っているかは分からないものですね。

もう顔も見たくないと思ってるかもしれません。

あなたに腹を立てている可能性もあるのです。

そんな可能性を残しつつ復縁を狙うのであれば、

焦らず計画的に距離を縮めていくことが大切です。

 

まずは信頼関係を築いていくことが大切です。

復縁する上での信頼関係というのは、

復縁を狙っているという警戒心を払拭することです。

そして元カレに友達と捉えられてもいいので、

メールやLINEを送ることに関して、

不自然に思われないような関係にまで、

構築していくことができるのが望ましいでしょう。

そうすれば会うチャンスを作ることもできますし、

困ったことがあれば相談事をするなどもできます。

 

連絡の内容で大切にしたいことは、

元カレがメリットを感じるようなものが良いでしょう。

そうすると相手も返事をしやすいですし、

無理矢理連絡をとろうとしていると思われません。

返事が来るか不安なときの返信率を上げるコツは、

緊急性を感じさせるような内容で送ることです。

とは言え自分のペースに合わせさせるのではなく、

自分が彼に合わせるようにすることが、

まず前提だということを忘れてはなりません。

 

 

【2】LINEはあくまで会うことが前提

 

LINEを送っても返事をしてもらえない・・・

そんなことを考えると不安になりますよね。

そんな不安に思っているところに彼から返事が来たら、

それだけでも嬉しくなってしまうものだと思います。

関係を断つことなく、たとえ友達としてでも、

繋がっていられるというだけで喜ばしいことなのですが、

返事がくる度に復縁ができるのではないかという期待で、

胸が膨らんでつい焦って行動をしてしまう女性が多いです。

 

元カレは復縁を考えていないかもしれません。

ただ返事をしているだけなのかもしれません。

よりを戻したいという気持ちがバレてしまえば、

そこから連絡を断たれてしまうかもしれません。

そうならないために信頼関係を構築していくのですが、

注意しなければいけないのがメル友のような関係で、

全てを解決させようとしないということです。

 

LINEはあくまできっかけ作りでしかなく、

自分の気持ちを伝えたり大切な話をする場合は、

実際に会って話すことが断前提であり重要です。

なので全てにおいて連絡をとるという行動は、

会うことが前提だと考えておくようにしましょう。

 

気軽に連絡をとれるのがLINEの最大の魅力です。

メールよりもスムーズにやり取りができますし、

チャットのようにリアルタイムで進行して、

2人の距離を近く感じることもできます。

 

しかし、表情を見ることができない・・・

という点は大きなデメリットとなります。

便利なコミュニケーションツールではありますが、

頼りすぎは関係性を悪くさせる原因になります。

 

 

【3】会う前に電話をして距離を近づけておく

 

LINEは便利なコミュニケーションツールですが、

よりを戻すことに限らず恋愛においては、

会うことが前提の連絡手段ということになります。

だからと言っていきなり会うという約束を

LINEで取り付けていては相手も構えてしまいますよね。

 

付き合っていた時は当たり前に会うことができても、

別れたあとはただの顔見知りなのを忘れていけません。

以前の恋人同士のように接することはできませんし、

何か狙いがあるんじゃないかと警戒される可能性もあります。

そんな状態ではせっかく会っても気まずくなってしまいます。

なので会う前にお互いの距離を縮めておくことが大切です。

 

ではどうすればお互いの距離を縮めることができるのか。

それは会う前に一度電話で話をしておくのです。

LINEでどんなに楽しい雰囲気でやり取りをしても、

直接会って話す場合とでは勝手が違ってくるのです。

電話でお互いに実際の声で会話をすることで、

緊張した空気を和らげることもできるでしょう。

 

気軽にやり取りをしていたとは言え、

声を聞くと元カレも緊張するかもしれません。

けど実際の声を聞いて会話をすることで、

付き合っていた頃のことを思い出して、

懐かしさから気持ちが再燃する可能性もあります。

そういった意味でも電話をしておくというのは、

よりを戻すために重要な恋の戦略なのです。

 

実際に知り合いの女性から聞いた話ですが、

3年間付き合ってた彼と別れてしまったとき、

その後、たった2か月後によりを戻したそうです。

そのときはLINEで時々やり取りをしていたのですが、

元カレが暇と言って頻繁に返事をくれていた時期があり、

そのタイミングに合わせて電話を掛けたそうなのです。

 

久しぶりに聞く声に安心感を覚えた・・・

というのはその女性だけではなかったようで、

その電話をきっかけに会う約束をしたそうです。

よりを戻したいと思ってから勇気を出してみれば、

意外とスムーズにいく場合もあるので、

会う前に電話してワンクッション入れておけば、

よりを戻すための可能性がグッと高まります。

 

 

【4】すぐに返信せず既読もすぐにはつけない

 

LINEはとても気軽にできる連絡手段ですが、

メールとは違う大きな特徴が既読機能です。

自分が送ったメッセージを相手が見たかどうか、

というのが送った側にも分かる便利な機能ですが、

これは相手に不快感を与えてしまう要因にもなります。

 

たとえばよりを戻すつもりがない元カレから連絡がきて、

そこでLINEの画面に既読という表示がついてしまえば、

元カレはチェックしているんだろうと考えてしまいます。

 

あなたからすればたまたま携帯を見ていた・・・

というタイミングだっただけなのに勘違いされてしまい、

よりを戻せると思われるとなんだか怖いですよね。

よりを戻したいと思っている元カレからすれば、

連絡が来ていないか常に気になってしまうものです。

 

すぐに返信をせず既読もつけないようにする理由は、

お互いの気持ちに少なからず温度差があるからです。

少しでも早く返事をして次のやり取りに繋げたい・・・

と思ってしまうので人間なので仕方がないのですが、

その気持ちが逆に相手に負担をかけてしまうのです。

 

そこでどうすれば相手に不信感を抱かせることなく、

上手くやり取りをすることができるのかですが、

それがすぐに既読をつけたり返信をしないことなのです。

早くやり取りをしたいという気持ちも分かるのですが、

温度差があるので程よい距離感を保つことも大切です。

 

連絡が来たら少し時間をあけてみたり、

また逆に流れが良いときはスムーズに返信をしたり、

こうした調整をすると元カレも気楽にやり取りできます。

適度な距離感を常に意識しながらやり取りをすることで、

2人の関係もより良好なものにすることができるでしょう。

 

 

【5】心理を読み取った先回りした内容を送る

 

よりを戻したいと思っているのであれば、

少しでも早く関係を修復させたいですよね。

焦ってはいけないというのは分かっているのですが、

元カレに新しい彼女ができてしまう可能性もあります。

そうなってはよりを戻すことができなくなります。

そんな不安から適度な距離を保つことができなくなり、

頭を悩ませている女性もたくさんいるでしょう。

 

付き合っていたことがあるとは言え、

一度別れてしまえば特別な関係ではありません。

愛し合っていたという理由は復縁は成功しないのです。

どうしてもよりを戻したいと言うのであれば、

元カレの気持ちを最優先にした振る舞いをする必要があります。

 

LINEでの元カレの態度はどんなものなのでしょうか?

以前より少しよそよそしい感じなのであれば、

まだ元カレは複雑な心境なのかもしれません。

気持ちの整理ができていないけど無視はできないからと、

とりあえず返事をしているという可能性があります。

 

逆に付き合っていた頃と変わらない雰囲気なら、

友達として付き合っていくということに納得し、

あなたへの気持ちは吹っ切れているのかもしれません。

彼がどんな心理状態なのかを読み取りながら、

やり取りを続けることがよりを戻すコツです。

 

元カレの立場で考えてみて、

元カレははどんな言葉をかけてほしいと思っているのか、

元カノであるあなたに対して何を望んでいるのかなど、

相手の立場を考えた内容を送ってあげることで

よりを戻せる可能性はグッと高まっていきます。

 

 

踏み込んでいくことに勇気を持とう!

本日のまとめ:

  • 信頼関係と駆け引きで誘っていく
  • LINEはあくまで会うことが前提
  • 会う前に電話で距離を近づけておく
  • すぐに返信せず既読もすぐにはつけない
  • 心理を読み取った先回りした内容を送る

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

LINEはあくまでもコミュニケーションツールです。

実際に距離を縮めるための手段に過ぎません。

 

そんなLINEでのやり取りの中でも、

距離を一段縮めていくためのタイミングが訪れます。

そこで今まで状態に執着してしまうのではなく、

 

思い切って踏み込んでいく勇気が大切なのです。

 

結局は距離を縮めることは勇気がいるんですね。

今までの距離感は安全なので保っていたくなりますが、

それではいつまで経っても進展することはないので、

関係性が変わること怖れないで前に進みましょう。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ