元カレとよりを戻すときのきっかけとは?成功の5つのコツ


元彼 よりを戻す きっかけ

 

元カレのことが忘れられなくてよりを戻したい・・・

別れて1人で過ごす日々は辛いものですよね。

どこかで復縁のきっかけがほしいものですね。

 

そのためにはきっかけを作る知識が必要です。

 

宿命とは持って生まれたもので変えられませんが、

運命とは自分の力で変えていくことができます。

運命の人とはまさしく自分が望んで行動した結果です。

そんな元カレとのよりを戻すきっかけを紹介します。

スポンサーリンク

【1】彼の誕生日などの口実にメール&LINEを送る

 

元カレと別れた後にすぐ連絡をすると、

復縁を望んでいることが明らかに相手にも伝わります。

全く未練がなくてよりを戻す気もないのであれば、

別れてからすぐに連絡をする必要もないですよね?

 

相手によりを戻したいことを勘付かれてしまっては、

今よりももっと距離を取られてしまう可能性がありますし、

そうなっては再び距離を縮めるのも難しくなってしまいます。

 

とは言え、何もしないとよりを戻すことなんてできません。

では、どうすれば距離を縮めることができるかですが、

それは元カレの誕生日や年明けなどのイベントを利用して、

きっかけを作って連絡を取るという方法がベストです。

 

「誕生日おめでとう」や「明けましておめでとう」など、

挨拶であれば特別視している相手以外でも行いますし、

きわめて自然な流れでメールを送ることができますよね。

このようなきっかけを利用することでメールが続き、

会う約束を取り付けることもできるかもしれません。

 

別れてからすぐは相手をシャットダウンして、

頭を冷やす冷却期間を設けたいという人もいます。

そんな気持ちのときによりを戻したいと言われても、

受け入れられないというのも仕方がありません。

 

彼の気持ちを考えて少し時間を置き、

気持ちの整理がついた頃合いを狙うと、

たとえ突然に送られてきたメールに対して、

戸惑いを抱いたとしてもどこか懐かしさを感じて、

抵抗なくメールの対応をしてくれるでしょう。

 

つまりタイミングが違うだけで結果が変わります。

焦ることなく時期を見極めることで成功率が上がります。

まずは2人の距離が今以上にあかないように、

自然な流れで連絡をとるようにしましょう。

 

 

【2】共通の友達などの第三者を上手く活用する

 

もし他に好きな人ができてしまったから・・・

という理由で別れてしまったとしたら、

元カレの気持ちはすでに他の人に向いているので、

よりを戻したくても関係を修復することは難しいです。

 

また喧嘩をしてお互い頭に血が上った状態で別れたのなら、

頭を冷やす時間を設けなければ冷静な判断もできません。

どんな理由にせよ、別れるかどうかを決めるのは当人同士で、

どちらか一方が歩み寄ろうとしたとしても、

それを素直に聞くことができる人ばかりではありません。

 

そこで力強い味方になってくれるのが第三者の存在です。

元カレの友人や共通の友人など、

2人と関わりのあった人の協力してもらう方法が有効です。

別れた元カノの言葉を聞く気になれない男性も多いでしょう。

元カノに対して腹を立てて別れたなら尚更のことです。

 

しかし第三者の意見であれば、

素直に聞くことができる可能性はグッと上がります。

感情的になっていた気持ちがおさまって冷静な判断ができ、

元カノと別れて本当に良かったんだろうか・・・

ということを考えてくれるようになります。

 

当事者になると盲目になってしまいがちなことでも、

第三者の目線になって見れば、

きちんとした判断ができるという人はたくさんいるでしょう。

誰だって自分のことになると、

冷静さを欠いてしまうことはよくあります。

 

だからこそ間違ったことは間違っていると、

道を正してくれる第三者の存在が大切なのです。

よりを戻すことでやり直すきっかけを与えても良いのではないかなど、

人の意見に耳を傾けてみると次第に元カレも、

あなたの意見に耳を傾ける気になるかもしれません。

 

 

【3】相談したいからと連絡してみる

 

異性の友人の恋愛相談にのっている内に、

いつの間にか相手のことを好きになっていた・・・

というような事例はよくあります。

 

相談をするということは、

自分が悩んでいるという弱い部分をさらけ出すことになりますし、

相談相手に意見を求めて頼ることになります。

これが男性にとってはとても嬉しいことなので、

それをきっかけにまた恋心が再熱する可能性があります。

 

どんなに深く愛し合っていたとしても、

別れてしまえばもう2人は恋人同士ではありませんし、

ただの知人という関係になります。

別れた後の付き合い方というのは人それぞれ異なりますが、

今後一切関わりたくないと思っているのであれば、

どんなにメールを送っても返事はしないし電話も出ません。

 

しかしメールや電話に対して反応してくれるということは、

関係をたつつもりはないということがうかがえます。

その関係に安心感を抱いてしまうのは非常に危険で、

度が過ぎれば簡単に距離をあけられてしまいます。

 

よりを戻すために必死にアプローチをしようとするのは、

決して悪いことではないのですが、

それがバレてしまうと連絡が返ってこなくなったり、

関係をたたれてしまう恐れがあります。

 

それを避けることができる上に、

やり取りも頻繁にできるチャンスが作られるのが、

相談をするという方法です。

 

別れてしまって今はただの知人だとは言え、

一度は愛し合った関係なので、

邪険に扱うことができないと思っている男性もたくさんいます。

元カレだから気軽に相談することができる・・・

という風に気を許している所を見せれば、

再びやり直すチャンスが巡ってくる可能性も高くなります。

 

 

【4】アドレスが変わったなどの変更の連絡をする

 

着信拒否の設定をしたり、

アドレスを変えてそれを知らせないようにすれば、

簡単に人との関係を絶つことができますよね。

しかしアドレスの変更を知らせるということは、

元カノとの関係を絶つつもりはないということを示します。

別れてすぐではなく少し冷却期間を設けてから、

変更のメールを送ることで相手も受け入れやすくなるでしょう。

 

よりを戻すためには相手からのアクションを待つだけではいけません。

自分からアプローチをかけたり、

やり直したいと思っていますというような雰囲気を伝えることで、

元カレも歩み寄りやすい環境を整えてあげることが成功率を上げます。

言葉にすれば簡単ですがこれを実行なかなか難しいものです。

 

人によっては一度別れてしまえば、

その人のことを恋愛対象として見られなくなってしまうという人もいますし、

引きずりたくないという理由から関係をきっぱりとたとうとする人もいます。

 

拒否されてしまえばどんなに頑張っても近寄ることはできませんし、

押しが強すぎてストーカーだと思われてしまう可能性もあります。

よりを戻すというのは距離感が非常に難しいものなのです。

自然なアプローチをかけるためには自然なきっかけ作りが必要不可欠です。

 

手段はいくつかありますが、

誕生日などのきっかけを狙うには時間がかかってしまいます。

それまで待つことができないという場合には、

アドレス変更の連絡が最も手っ取り早いでしょう。

 

不自然ではない連絡であれば、

相手も気を許してメールをしてくれるかもしれませんし、

それによってお互いの気持ちを打ち明ける機会となる可能性があります。

 

 

【5】何となく気になったからと連絡してみる

 

別れた後は友達として関係を続けていくのであれば、

連絡したいときに連絡をすることもできるでしょう。

しかしよりを戻したいと思うのであれば、

それをアピールすることができるようなきっかけが欲しいですよね。

 

アドレスを変更するわけでもないし相談事もない、

元カレの誕生日が近いということもないのであれば、

自然な流れでメールを送るきっかけもなくなってしまいます。

そんな時には用事があるわけではないけれど、

何気なく連絡をしてみるという気軽さがあっても良いでしょう。

 

よりを戻すきっかけが欲しいと思っているのは、

女性側だけではない可能性もあります。

積極的に行動に移してみることでそこに救われる男性もいるでしょう。

 

女性の気持ちとしては、

男性の方から積極的に行動してほしいと思ってしまうものですが、

復縁は願った方が行動に移さなければ決して前に進むことはありません。

だからこそ元カレとの距離を今以上にあけないために、

何気なく連絡をしてみるというのも有効なのです。

 

なんとなく連絡をしてみたと言われても話題もなく、

なんて返したらいいのか分かりませんよね。

それではメールをするのも苦痛になってしまうので、

連絡をし始めた方から話題を振ってあげる気遣いが必要です。

 

その際に注意したいのが「昔の話を蒸し返さない」ということです。

楽しかったことや思い出話が時には、

恋心を再燃させるスパイスとなる可能性がありますが、

もしいい別れ方をしていないのであれば、

嫌な記憶を呼び覚ましてしまう可能性があります。

昔の話をするのであれば内容を慎重に選ぶように気を付けましょう。

 

 

きっかけを自分で作って運命を変える

本日のまとめ:

  1. 彼の誕生日などの口実にメール&LINEを送る
  2. 共通の友達などの第三者を上手く活用する
  3. 相談したいからと連絡してみる
  4. アドレスが変わったなどの変更の連絡をする
  5. 何となく気になったからと連絡してみる

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

運命とは生まれもって決まったものではありません。

自分の運命を自分で変えることは可能なのです。

運命とは言い換えると潜在意識です。

 

僕達は潜在意識のプログラムの元生きてます。

たとえば気になる異性に話し掛けることって怖いですね。

嫌われたらどうしようって気持ちになってしまい、

どうしても仲良くなることができなかったりします。

 

そのときの怖いという気持ちが、

潜在意識から指令を送られて出てきているのです。

これを克服するには怖さを乗り越えなければいけません。

つまり運命を変えるということは、

 

自分を乗り越えることを意味しているのです。

 

実際に恋愛が成就するのもそういうことです。

けど乗り越える人生だからこそ楽しいわけですし、

乗り越えていくからこそ幸せを実感できるのです。

ぜひきっかけを自分で作って運命を変えていきましょう。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ