元カレとよりを戻すベストな期間は?冷却期間のタイミング


元彼 より戻す タイミング

 

別れたけど元カレのことが忘れられない・・・

失恋したけど次の恋なんて考えられない・・・

元カレとよりを戻すにはどうしたらいいのでしょう。

よく復縁には冷却期間が重要と言われます。

 

ではどのくらいの期間でどのタイミングがベストなのか?

 

タイミング次第ではよりを戻せなくなりますし、

その逆に以前よりも絆が生まれる可能性もあります。

そこで元カレとよりを戻す期間やタイミング以外にも、

冷却期間にやっておくことややってはいけないことなど、

よりを戻すポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ冷却期間が必要なのか?

 

彼氏と別れてよりを戻したいと思っている時には、

別れた後に冷却期間をおくことが必要不可欠です。

付き合っていた2人が別れるということは、

それなりの気持ちの変化があったはずです。

 

別れてからしばらくは気持ちを引きずっているので、

無理に復縁を迫ると大きなトラブルになってしまい、

よりを戻すことが難しくなってしまいます。

 

別れた元カレと復縁をするには、

それは別れている時間にもよりますが、

だいたい5か月以内に復縁をしています。

なぜなら、その間に気持ちの整理がつき、

もう一度付き合おうという気持ちに変化するからです。

 

最低でも1か月程度は冷却期間をおいてから、

元カレに連絡をとるようにすると良いでしょう。

この時期は自分の気持ちを見つめ直す大切な時間です。

 

そして冷却期間をもつことで、

離れている状態で徐々に寂しさを感じるようになります。

ここが重要で復縁を成功させるためには、

もう一度あなたを必要だと思ってもらう必要があります。

 

そのためには、お互いに離れている時間を持つことで、

相手が自分の必要性を感じてくれる可能性が高まります。

もしこの時期に元カレがもう一度付き合いたいと感じなければ、

残念ですが復縁をすることが非常に難しくなります。

 

よりを戻すためには、

相手に対して自分の存在を考え直してもらう必要があるために、

物理的な距離を作って離れていることが大切です。

連絡はとれるようにしておかなくてはいけませんが、

会ったり話したりするのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

冷却期間中にあなたがやっておきたいこと

 

冷却期間中は早くよりを戻したいものです。

そう考えている人にとっては辛く長く感じる時期です。

だけど、この時期にやっておきたいことがあります。

 

まず別れた理由があなたの浮気である場合には、

浮気相手との関係をしっかりと解消しておきます。

その場だけの付き合いでの浮気の場合には、

後腐れなく浮気相手との関係を終わらせられると思いますが、

浮気相手があなたとの関係を続けたいと思っている時には、

しっかりと関係を絶っておかなくてはいけません。

 

浮気相手との関係が続いている限りよりを戻すことが難しいので、

相手にもしっかりと話をして関係を終わらせておきましょう。

そこで一方的に強引に関係を終わらせようとすると、

あなたがいくら関係を終わらせたいと思っていても、

相手からすれば、まだ未練が残っていることがあるので、

元カレとよりを戻した後に邪魔をする可能性があります。

しっかりと話をして納得をしてもらう必要があります。

 

また元カレと会わない時期に自分磨きをしておくことも重要です。

別れてからしばらくはショックな気持ちも続くでしょう。

そうなると何もやりたくない気持ちになるかもしれませんが、

そのまま落ち込んでいても魅力的な女性にはなれません。

外見も内面も魅力的な女性になるために自分磨きに時間を使いましょう。

 

重要なのは、この時期にどう過ごしているかで、

次に元カレに会ったときの印象が決まるのです。

なので元カレにあなたともう一度付き合いたい!

と思わせるような魅力的な女性になれるように、

冷却期間中に自分磨きをしておきましょう。

 

 

冷却期間はどのくらいの期間がベストなのか?

 

一度別れたカップルがよりを戻すためには、

一定の冷却期間から復縁するカップルがほとんどですが、

半年以上の長い時間を離れて過ごしていると、

あまりにもお互いの気持ちが離れてしまうことで、

復縁をする可能性が極端に低くなるようです。

 

長い時間付き合っている人がいないと、

寂しく感じる時間が長くなり、

復縁よりも新しい彼氏や彼女が欲しいと思うからでしょう。

 

復縁をしたカップルは気持ちの距離感がカギを握ります。

冷却期間は1か月、3カ月、5か月、半年以上などですが、

平均すると5か月以内に復縁をしているカップルが多いです。

やはりある一定の時間を離れて過ごすことで、

お互いが相手のことを冷静に考えることができるようになり、

自分自身の気持ちの整理もつけられるからだと思われます。

 

この冷却期間が短すぎてしまうと、

気持ちの整理がつかないままに相手と話し合うことになり、

感情の整理がついていないことで再び喧嘩をしてしまい、

復縁の可能性が低くなってしまいます。

 

なので一度別れてからさらに大きな喧嘩をすると、

そこから復縁をすることは相当に難しくなってしまい、

それどころか気持ちが離れていってしまうでしょう。

 

反対に冷却期間が長すぎると相手への気持ちが薄れてしまい、

他の人への気持ちが芽生えてきやすくなります。

人間はあまりに長い時間離れていると、

身体だけでなく心も離れてしまう傾向があるため、

長時間、離れ過ぎてしまうと復縁するときの大きな壁になります。

そういった面からも元カレとよりを戻すのは、

5か月以内がベストだと考えられます。

 

 

タイミングがきたらどんな行動をするべきか

 

別れた後にお互いが一人で過ごす時期を過ごし、

そろそろ気持ちの整理がついたと思ったときには、

元カレと連絡をとって相手がどのような気持ちでいるか、

気持ちを知る目的で聞いてみてもよいでしょう。

 

しかし、別れた理由が自分の浮気だった場合は、

基本的にはこちらから連絡はしない方が良いです。

元カレからの連絡を待っていたほうが安全なのです。

男性は浮気をされたら大きなショックを受けてしまいます。

男性は傷付きやすいので自分の気持ちを整理するにも、

自分が浮気をした場合より長い時間を必要とします。

 

そのため相手からの連絡があるまでは、

じっと我慢をして連絡をしないことが大切です。

それに相手を再び怒らせてしまう危険を回避できます。

もしも、そういった落ち度が自分にはない場合には、

一定期間が過ぎた後にあなたから連絡をしても大丈夫でしょう。

 

しかし、まずは距離をおきながら相手がどのような気持ちでいるか、

確認するような雰囲気で話を進めていったほうが良いでしょう。

自分は気持ちの整理がついていても相手も同じだとは限りませんし、

まだショックを引きずっている時によりを戻す話をされると、

さらに気持ちが離れていってしまう恐れがあります。

話をする時には慎重に進めるようにしましょう。

 

そして相手に新しい彼女がいないかどうかなど、

確認してからよりを戻す話を切り出すようにしましょう。

もし、元カレに新しい彼女ができている場合、

よりを戻すことは難しいのであきらめた方が良いこともあります。

自分中心に話を進めずに相手の出方を見ながら、

思い込みで先走らないよう進めていくことが大切です。

 

 

冷却期間中にやってはいけないこと

 

元カレとよりを戻す時には、

冷却期間中の過ごし方がとても重要です。

この時期はお互いに自分の気持ちを整理する時期です。

いくらあなたが元カレのことを忘れられないからといって、

頻繁に連絡をしてしまったり、無理やり会いに行ってしまうと、

相手の気持ちはどんどん離れていってしまいます。

 

一度別れるという決断をした時には、

すでに相手の気持ちが自分に向いていないということなので、

相手にもう一度付き合いたいと思ってもらえるまでは、

気持ちが戻るまで距離を置いた方が良いでしょう。

 

別れてすぐの時期にしつこく連絡をしてしまうと、

しつこい女だというイメージがついてしまい、

復縁できる可能性が一気に低くなってしまいます。

どんな男性でもしつこすぎる女性は苦手なのは事実です。

また別れた後も肉体関係を続けている場合にも、

そうした中途半端な関係は止めたほうが良いでしょう。

なぜなら肉体関係だけの関係になる可能性が高いからです。

 

別れ話をした後でもどうしても未練があって、

離れたくないという気持ちはわかりますが、

だけど肉体関係だけの関係が定着してしまえば、

今後の2人の関係が良い方向へ進むことが難しくなり、

元カレに新しい彼女ができた場合は、

必要なくなった人は捨てられてしまうか、

都合の良い相手として扱われてしまうかです。

 

離れている時間をつくり、

彼に自分がいないと寂しいという気持ちを持ってもらうためにも、

肉体関係はすぐに止めたほうが良いでしょう。

冷却期間中は今後の2人の未来を決める大切な時間なので、

頑張って離れている時間を持つようにしましょう。

 

 

恋愛は2人で気持ちを暖めていくもの

本日のまとめ:

  • なぜ冷却期間が必要なのか?
  • 冷却期間中にあなたがやっておきたいこと
  • 冷却期間はどのくらいの期間がベストなのか?
  • タイミングがきたらどんな行動をするべきか
  • 冷却期間中にやってはいけないこと

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか。

恋愛は必ず相手がいないとすることができません。

けど恋愛は感情でするものだけに振り回されやすく、

 

自分の感情と向き合っていくことは重要なのです。

 

自分の気持ちを押し付けたり、

自分の気持ちだけで突っ走ってしまうことは、

恋愛なら誰にだって経験のあることだと思います。

けど恋愛は2人で暖めていくものだと意識し、

相手の視点で考えることを大切にしていきましょう。

そうすれば元カレとよりを戻す可能性も上がります。

スポンサーリンク


 


 
サブコンテンツ

このページの先頭へ