美意識を保つ6つの方法!いつまでも綺麗って言われたい


%e7%be%8e%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%82%92%e4%bf%9d%e3%81%a4%ef%bc%96%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95%ef%bc%81%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%a7%e3%82%82%e7%b6%ba%e9%ba%97%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a8%80

 

痩せたい、可愛くなりたい、異性からモテたい!

女性なら誰だって女として美しくなりたいですね。

そのためには高めた美意識を常に保つことが大切です。

 

前回は、美意識が高い女性の持つ年齢より若く見られる7つの特徴にて、

本当に美意識が高い女性には美しさに対する芯や一貫した何かがあり、

年齢を重ねても女性として若く見られる特徴についてお伝えしました。

今回は、美意識を保つ方法についてです。

 

あなたはどんな理想を持ってますか?

なぜ女性は美意識を高めたいと思うのでしょう。

 

それは誰かと比較するからです。

 

自分と誰かを比較しなければ、

もっと綺麗になりたいなんて思うことはありません。

 

そして人間は比較することで現実を把握する機能があります。

なので比較することそのものは実は大切なことでもあるのです。

誰かと比較することが悪いことのように思われがちですが、

人間本来の機能を止めることなど誰もできません。

また美意識とは高めることよりも、

 

それを保つことの方が遥かに難しいのです。

 

せっかく自分を高めても、

それが一時のもので終わってしまうなんて嫌ですよね。

年齢とともに枯れてしまうなんて想像もしたうないですよね。

いつまでも女性として綺麗って言われ続けたいものですね。

では美意識を保つにはどんな方法があるのでしょう。

スポンサーリンク

 

【1】自分の憧れる女性を明確にすること

 

まず美意識を保つ方法として重要なのは、

自分の憧れる理想の女性像を明確にすることです。

最初に冒頭にてお伝えしたように、

 

人は比較して現実を把握する機能があります。

 

たとえば目の前に箸があるとしましょう。

それを見て、なぜ箸だと認識できるのかというと、

過去に箸というものの存在を認識して記憶しているからです。

つまり過去の記憶と比較して目の前の箸を認識しています。

 

あなたの憧れる理想の女性は誰でしょうか?

テレビや雑誌、あるいは身近な人でも何でも構いません。

大切なのはあなたの心にずっと残るほどの人物です。

心に残るということはそれだけ記憶に残るからです。

 

そんな理想の女性を記憶に留めておくことで、

潜在意識がその女性に近づこうと働き掛けてくれるのです。

そして1日1回は、理想の女性を意識する時間を作りましょう。

ちょっと雑誌やネットなんかで見るだけでも構いません。

何度も繰り返し脳に擦り込んでいくのです。

 

 

【2】現状の自分から目を背けないこと

 

あなたは車を所有していてカーナビが付いてますか?

あるいはスマホの地図機能でも構いませんが、

知らない場所に行くときに分からなければ地図を見ますね?

そのときに自分の現在地が分からなければどうなるでしょう。

 

当然、目的地に辿り着くことなんて不可能ですね。

 

あなたが美意識をずっと保っていたいとしても、

マイナス部分も含めて今の自分をしっかりと把握することです。

でなければ地図の話と同じように理想に近づけないからです。

 

僕の友人で、毎日お酒を飲んでいて、

最近会うと見事なメタボに変身していました。

 

以前から肥満気味だったのですが、

今はそれより遥かにかなり深刻な状態になってるのです。

それでも友人は自分は以前と同じように彼女ができる・・・

不思議なことに今だ自信を持っていました。

 

それは今の自分から目を背けているからです。

 

自分はいけると思い込んでいるのです。

その証拠に友人は何度も女性にフラれ続けています。

現状の自分から目を背けては理想には近づけないのです。

 

 

【3】美意識が高まるものばかりを見る

 

僕は今現在、会社を辞めて独立しています。

最初は副業からはじめ、毎日3~4時間睡眠でした。

だけどフェイスブックで発信している成功者の言葉や、

同じ分野で成功している人のブログを読み続けてました。

 

美意識を保つためにはモチベーションも重要です。

しかし「やるぞ!」という燃えるようなモチベーションではなく、

 

ずっと行動し続けるろうそくのような小さな炎が重要なのです。

 

焚火よりろうそくの方が長く燃えていると思いませんか?

焚火は薪を入れないとすぐに火が消えてしまいます。

ではろうそくに相当する何だと思いますか?

 

あなたの憧れとする女性そのものなのです。

 

その人が発信している情報だったり、

美意識について共感する情報であったり、

自分の考え方を常に良い方向へと導いてくれるものです。

人は1人では成長することも生きることもできません。

 

幸い今の時代では直接に会わなくても、

SNSやブログやユーチューブ動画など、

雑誌やテレビよりももっと身近に触れる媒体があります。

美意識を高められるものを見て保つという方法もあります。

 

 

【4】面倒臭いときは最も簡単なアクションから

 

実際に美意識を保つためには、

スキンケアやダイエットなどのアクションを起こしますね?

何もしなければどんどん美意識は失われていき、

やがて茶の間で横になってお菓子を頬張る姿になってしまいます。

 

だけどどんなに計画的でしっかりした人でも、

ときには面倒臭いときもあればだらけることもあります。

そんなときでも美意識を保つにはどうすればいいのでしょう。

 

そんなときは最も簡単なアクションから行動するのです。

 

たとえば夜遅く帰ってメイクを落とすのは面倒だったりしますね。

では行動のきっかけとしてコットンで拭いてみるのはいかがでしょう。

他にはシャワーの蛇口をひねっておくという方法もあります。

 

僕は毎日ブログを書き続けてますが、

面倒なときは部屋にコロコロを掛けることからはじめました。

最初に何も考える必要のないアクションを起こすことで、

 

次の行動が意外と取りやすくなるからです。

 

つまり初期の動作でエンジンを点火させていたのです。

美意識を保つには日常で工夫していくことが大切です。

 

 

【5】1日に1つスイッチを入れる習慣を作る

 

メイクやスキンケア、それに洗顔など、

女性が綺麗になるために色々とやることがあると思います。

こうした毎日の習慣が美意識を高めることそのものですが、

項目4と同じように面倒になることがありますよね。

 

そこで自分にスイッチを入れる習慣を生活に組み込むのです。

 

僕の場合は、仕事のスイッチを入れるために、

取りあえずパソコンの電源を入れて作業する状態にしています。

そうすることですぐさま作業に取り掛かることができますし、

作業を終わらせない限りは、そのパソコンで他のこともできません。

 

美意識を保つには毎日行っている習慣が大切です。

そのためには自分にスイッチを入れる工夫があると良いでしょう。

そうすることでやりたいと思ったことを完了させられるからです。

 

ましてやいつまでも綺麗って言われたいのであれば、

それこそ長い年月を掛けて習慣に落とし込む必要があります。

あなたの生活にスイッチを入れる工夫をしていきましょう。

 

 

【6】見えないところにこそ美意識を保つ秘訣がある

 

あなたは友達が部屋に遊びに来ると分かったら、

急いで部屋の片付けをして何とか綺麗にしようとしますか?

だけどそれでは今片付けたんだとバレてしまいます。

 

本物とは見えないところにこそ力を注ぎ込むことです。

 

普段から部屋を綺麗に片付けているからこそ、

綺麗な状態が自然に感じられて感動を与えるのです。

 

これを美意識にしてみるとどうなるでしょう。

面倒だからと手を抜いていたりしませんか?

人前に出るときだけ綺麗になることを意識してませんか?

 

普段どんな格好でどんな生活を送っているのでしょうか。

何も完ぺきにしろと言っているわけではありません。

できる限りのところでギャップを埋める努力をするのです。

 

ONとOFFを使い分けることも大事かもしれませんが、

美意識を保つには日常で習慣化されていなければいけないのです。

そうなると人前だけONにしていてはいかがでしょうか。

先ほどの片付けの話と同じようになってしまいます。

見えないところにも気を配るようにしましょう。

 

 

美意識を保つには夢に出てくるまで意識すること

 

あなたは仕事の夢を一度でも見たことがあるでしょうか。

仕事とは毎日毎日来る日も来る日もやってることですね。

なので夢に出てくることがあるのです。

仕事が嫌なら悪夢を見ることもあるでしょう。

 

人間の脳は繰り返しの行動を優先する機能があります。

そうなると自然と情報も向こうから跳びこんできますし、

チャンスや問題も乗り越えやすくなります。

 

だからこそ習慣に落とし込むことは大切なんですね。

 

あなたの美意識に対する思いが強ければ、

自ずと夢に出てくるまでになってくるでしょう。

そうなってはじめて本物と言えるのかもしれません。

いつまでも綺麗って言われる自分でいたいなら、

美しさを保つことが夢に出てくるまでになりましょう。

 

女性として輝き続けられることを祈っています。

スポンサーリンク


 

関連するお勧めの記事です。

スポンサーリンク


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ